Joeのタイ王国にスミタイ!

sumithai

カンボディア Cambodia


アラン−ポイペットボーダー

アンコールワットをはじめとする数多くの遺跡を残すカンボディア。長い内戦のために国内は荒廃したが、政情の安定に伴い観光、産業の成長が見込まれます。アランヤプラテート国境のポイペットのカジノは必見です。



◇ポイペット◇

1998年に陸路国境が外国人にも開放された。タイのアランヤプラテートに通じるポイペットはそのひとつ。 アランヤプラテートの街の中心から国境まで約6キロ。トゥクトゥク・モーターサイで30〜50バーツ。 ボーダーには巨大なマーケットがある。ここのマーッケトのオーナーの95%はカンボディア人とのこと。 数年前まではかなり賑わっていたが、今は人出も今ひとつ。ボーダーを越えると新築のホテルが6軒ほどある。 すべてカジノを併設している。タイ人が主要な客。建築中のホテルもありカジノは賑わっている。

◇交通◇

市内の移動やボーダーへの移動は、トゥクトゥクやモーターサイを利用。 地方都市、バンコクへは、バスターミナルから。 バンコクからは、新北バスターミナル(モーチット・マイ)から乗る。30分間隔。 列車:バンコクからアランヤプラテート行きが毎日2本出ている。

バンコク → アラン :5:55〜11:30、13:10〜18:20
アラン → バンコク :6:40〜11:50、13:45〜19:15

コラートやパタヤ−へは、カビンブリ−のバスターミナルで乗り換えて行く事が出来る。

□ボーダー□

市内からボーダーまでは、トゥクトゥクで20、30分くらい。ボーダーには巨大なマーケットがある。 ボーダーを越えたカンボジア側には、カジノがある。タイ人がここの主な客だ。 以前は、国境ではビザは取れなかったが、2001年2月現在国境でも取得可能。 ビザ条件は、治安により状況が変わるので、事前に各自で確認されたい。 ビザは1000バーツ、またはUS20ドルで取得できる。が、US20ドルは嫌がる。なぜならタイバーツとUSドルの為替差を入管職員で懐に入れているからだろう。



◇カジノホテル◇

スターベガス、ゴールデン・クラウン、ポイペットリゾート、ホリデープラザ、ホリデーパレス、グランド・ダイアモンドシティー、ゲンティン、プリンセス、トロピカーナなど9軒のカジノホテルがある(2004年7月現在)。 宿泊料は500バーツ〜3000。2〜3万バーツをチップに両替すればフリーで宿泊できるホテルが多い。 ゴールデン・クラウンは2000バーツの両替で飲食可。 グランドダイアモンドの競馬シュミレーションゲームは超大画面の大迫力で必見。メーカーは韓国製のようだ。 1ベット10バーツ。

※タイからポイペットの出国、タイへの再入国、カジノホテルの位置などは上記サイト「リゾカジ」内の投稿記事「一人でも行けるカンボジア・ポイペット」Written by イチローが参考になります。

◇カジノ◇

室内は豪華で清潔。生演奏もある。ゲームは、スロットマシーン、バカラ、ブラックジャック、ルーレット、 ビッグ&スモールなど。人気ゲームはバカラのようだ。ラスベガスには劣る。 ギャンブル好きな人には充分楽しめる規模。レートも台により各種ある。最小25か50バーツ。 遊ぶだけなら1000バーツもあれば足りる。室内は撮影禁止。各ホテルには送迎バス、カートを利用できる。

※注意点:ドレスコード:服装は厳しくないが男性は長ズボン、袖付シャツが望ましい。 半ズボン、Tシャツでも入場はできる。が、袖なしシャツは入場拒否されます。

子供は原則的には入場禁止(プレイしなければ黙認) カメラ、ビデオ撮影厳禁!、カメラ付携帯も原則持込不可(撮影しなければ黙認)。

◇カジノツアー◇

ポイペットのカジノへは各旅行代理店がカジノツアーを実施しています。 バンコクの北バスターミナルからバスで約4〜5時間、コラートから約3〜4時間で到着します。

□関連サイト□

カジノ


アランヤプラテート



サイトマップ 初めての方に 広告掲載について English ブログ TICグループ TOP


Copyright (C)2000 - 2009 joe@sumithai All Rights Reserved.