Joeのタイ王国にスミタイ!

sumithai

アジアの安宿, Budget Hotel, Guesthouse


アジアの安宿 カオサーン



カオサーンは世界的にも有名なバックパッカーの溜まり場。他にはサイゴンのファングー・ラオやカトマンドゥのタメル地区、カルカッタのサダル・ストリート、香港の重慶大厦、ニューデリーのメイン・バザール、ペナン島のチユリア・ストリート、シンガポールのベンクーレン・ストリート、ジャカルタのジャラン・ジャクサ、ジョグジャカルタのソスロ地区、クアラ・ルンプルのチャイナタウン等が有名。



Budget Hotel, Guesthouse

Bangkok : Khaosan Rd, this is most famous Backpackers place. Another one is Fang Ngu Lao in Ho Chi Min . And Sadal St, in Callukatta, Chunking Mansions in Hong Kong, Main Bazzarin New Delhi, Chulia St in Penang, Bencoolen St in Singapore, Jalan Jakusa in Jakarta, Sosro in Yogyakarta,Chiana town in Kuala Lumpur. These places are very famous for Backpackers.

参考文献:LonlyPlanet South-East Asia ゴーゴーアジア 凱風社 蔵前仁一


カオサーン Khosan Rd.

バンコクにある安宿街。世界中の若者が集う。50バーツのドミトリーからエアコン付きの部屋まで各種ある。 ゲストハウス、旅行代理店、レストラン、インターネット・カフェ、タイ・マッサージ、みやげ品、コンビ二等旅行者の必要なものはすべて揃う便利な街。 航空、バスのチケットが安いのも魅力である。


Friendly GH

ゲストハウスではNat2,CH2エコノミーホテルではカオサンパレス、サワディーバンコクイン。 中級ホテルではビエンタイ・ホテル。 カオサーン唯一の日本人経営のM P TOUR。 ナナプラザインに日本料理の「竹亭」が出来た。定食で100〜130バーツ。


Khosan Rd.

Khaosan Rd. it is very famous place for budget tourist. There are a lot of Guesthouse ,cheap hotel , travel agent , restaurant, bar, cafe, souvenir, thai massage, mini market.
I recommend tha guesthouse '' Nat 2'', '' Khaosan Palace hotel'' , ''Sawadee Bangkok inn'' ''Vien Thai Hotel''.
MP tour is operating Japanese management. ''Taketei'' is Japanese restraunt in Nana plaza in.


カオサーンでソンクラーン

カオサーンのフレンドリーに泊まっていた。フレンドリーは日本人宿だ。8割は日本人。西洋人も少し居る。 今日はソンクラーンの初日、ソンクラーンはタイの正月。出稼ぎの人も田舎に帰る。 サクチャン(日本女性)が遊びに来た。彼女はホテルで働いている。 カオサーンに人探しに来たのだ。暇なので一緒に捜し歩いた。バンコクで働いている者はカオサンには来ない。 ここは旅行者の町だ。グリーンハウス、タイゲストハウス、Nat1,2,CH1,2色々探しまわった。 しかし、見つけることは出来なかった。さすがに疲れたので「お茶」をごちそうになった。 サクチャンとは、日本で一度会ったことがある。派遣の仕事をしていた。彼女のアパートに行き、色々だべった。 夜は無国籍料理の店に入った。日本で食べるトムヤムクンは、あまり辛くなかった。


フレンドリーゲストハウス

カオサーンにある日本人宿。こことグリーンハウスは日本人が多い。 現在沖縄に住んでいる「なべさん」とは、フレンドリーで出会った。ぼくは、部屋のシェア、なべさんは1階のドミ。 なべさんは、中近東からインド経由で1年をかけて旅行をしていた。ここのテーブルで日がな一日ごろごろする。 ごろごろできる場所があるかどうかが、けっこう重要なのだ。いちいち、レストランに入るのはお金がかかるしね。 1階では、マッサージをやるので8時になると起こされてしまう。 「これじゃかなわん」とのことで、別のゲストハウスをシェアして借りることにした。 しかし、2月は大学生の休みでもあり安宿はどこもフル。10軒以上探しまわり見つけたのがNat2。 郵便局の近くにある。ツインで140バーツ、ひとり70バーツの安宿。フレンドリーは、場所が斜め向かいに移動した。


Nat2ゲストハウス

カオサーンロードから少しはずれた郵便局のあるソイにある。トイレ・シャワーがわりときれい。 最近は泊まらないが、4年前でシングル120バーツ。日本人も多い。隣のCH2も人気がある。 当時は1階のレストランを工事していたが現在は営業しているだろう。ここは24時間利用できる。 カオサーンには門限のあるゲストハウスが多くて、夜遊びの好きな者には困る。 夜もうるさくないので安眠できる。カオサンの表通リ沿いは音楽がうるさくて、とてもじゃないが寝られない。

カオサーン以外の安宿街 Other district

ワット・チャナソンクラム Wat chana songkhram

チャクラポン通りを隔てたワット・チャナソンクラムも最近人気がある。

マレーシア・ホテル界隈 Around Malaysia Hotel

マレーシアホテル、部屋のタイプにより500〜800バーツ。 1階が旅行会社の上階にある「ETC」は、なかなか居心地が良い。日月楼の餃子はお勧め!

ソイ・カセムサーン Soi kasemsan

カオサンよりワンランク上の宿を望むならラマ1世通りから入るソイ・カセムサーンにあるホテル、ゲストハウスが良いだろう。

チャイナタウン Chinatown

クルンカセム・シークルンホテル、シングル、ツイン、550バーツ。 チェックアウトが午後6時なのは便利! 台北旅社、楽宮旅社は有名な安宿だが、女性には向かない。 ジュライホテルが閉鎖したので長期滞在の日本人はカオサンやパタヤ、プノンペンに移動したそうだ。

参考文献:地球の歩き方 タイ編・バンコク編 ダイヤモンド社、バンコクのホント 双葉社、



バンコク楽宮旅社

谷恒生の小説「バンコク楽宮ホテル」の舞台になった伝説のホテル。 最近の「歩き方」には掲載されなくなったが、数年前までは楽宮旅社が掲載されていた。 以前、この旅社を見学しに行ったことがある。1階にある、北京飯店でごはんを食べに行った時だった。 部屋はカオサンの安宿よりは広いが、部屋のなかはうす汚く泊まる気はおきなかった。 値段は150バーツだった。この旅社とジュライホテル(現在閉鎖)は日本人のたまり場であった。 この旅社があるチャイナタウンの安宿には西洋人は泊まらない。 なぜなら、ガイドブックの「ロンリープラネット」に掲載していないからだ。 彼らは、カオサンやマレーシアホテル界隈に泊まる。 西洋人の嗜好には合わなかったのであろう。 しかし、最近では、ジュライの閉鎖で日本人はほとんど姿を消してしまった。


キャセイゲストハウス Cathay guesyhouse haat yai

タイ南部の商業都市ハジャイのゲストハウス。 最近はキングスホテルに泊まるが、キャセイもなかなか居心地のいいゲストハウスだ。 部屋はお世辞にもきれいとは言えない。いわゆる安い旅社タイプと思えばいい。 シングルで180バーツ、97年。 部屋は旅社だけあって広い。ここの朝食が安くて旨い。30〜50バーツ。洋食だ。 ロンプラに紹介されているので西洋人バックパッカーが多い。 ここに住みついているオーストラリア人が居る。50代後半というところか。 ここの食堂兼ロビーがいい。注文をしなくても文句を言われることはない。 ここで日がなごろごろしていた。といってもペナンでのビザ取りの行き帰りに使うのがほとんどだった。 夜9時からビデオを映す。部屋にはテレビはないのでけっこう人気だ。


KLバックパッカーズトラベラーズ・イン Backpackers inn KL

マレーシアの首都クアラルンプール。 KLのこの安宿はなかなか居心地がいい。チャイナタウンにあるフラマホテルの向かいにある。 ロンプラに掲載されているので西洋人バックパッカーが多い。 この宿を紹介してくれたのはマラッカの宿、イースタンヘリテージだった。 イースタンもこの宿も中華系マレーシア人が経営している。 華人のコネクションは強い。宿のフロントは3階にある。4階にも部屋がある。 ドミトリー(エアコン、ノーエアー)と個室がある。トイレ、シャワー共同。 夜にビデオ上映がある。ここのロビーに常に旅行者がたまっている。日本人もけっこう泊まる。 ちなみに、歩き方の97〜98年版に紹介したのはこの私だった。 ノンエアコンのドミに泊まれば世界各国のパッカーと情報交換ができる。 最近は泊まっていないが、もう一度泊まりたい安宿のひとつなのだ。


ペナンプラザホステル Plaza hostel in Penang


ジョージタウン

マレーシアのペナン島のジョージタウンにある安宿。3、4年前に経営者は変わった。 タミール系マレーシア人という点では同じだが。 経営者が変わり、隣接していたインド料理(タミール)が無くなったのは何とも惜しまれる。 個人的には前のマネージャーの方が良かった。顔を覚えてくれるので居心地が良かったのだ。 しかし、最初は、「君は何処の国だ」と質問されたものだ。中国人とでも思ったのであろう。 それでも4階にあるテラスは健在だ。ここの広いテラスがいい。 椅子に座り雑談する、本を読む、洗濯するなど様々。 風通しがよいので気持ちがいい。ここのドミはなんと30ベッドもある大部屋。 世界各国の若者が集うたまり場ともいえる。


シンガポールWilly's Willy's in Singapore

Willy's ゲストハウスはビーチロード沿いにある。ショウタワーズという高層ビルの向かいになる。 ラッフルズホテルからビーチロードを北に3分ほど歩くと着く。 このビルにはいくつかゲストハウスがあるが、お気に入りはWilly's。 ただし、ここのオーナーのWillyは中国系シンパポール人だがかなり口うるさい。 私も何回か口喧嘩したが、気はいい男なのでそのつもりで。顔なじみになればフレンドリーな奴だ。 ドミのエアコンとノンエアー、エアコンの部屋がある。トイレ、シャワー共同。 朝食はセルフでトースト、珈琲か紅茶。


コ・サムイ ウイークエンダーバンガローWeekender in Koh Samui


スーパーの後ろがバンガロー

コ・サムイのラマイビーチにある格安バンガロー。残念ながらビーチには接してはいない。 ビーチ沿いは系列のウイークエンダーリゾートが経営。予算が充分ならここもいい。 ビーチからは少し歩くが、環境は良好。各バンガローの中央は庭になっている。 スーパーマーケットとDPEショップも経営している。 バンガローは40〜50棟。値段はシーズンにより変動。ピークの正月なら300くらい。 ローシーズンなら150バーツくらい。長期なら割り引きもできる。 ここには、合計1年くらい住んでいた。貴重品を無料で預けられるのも助かる。


サイトマップ 初めての方に 広告掲載について English ブログ TICグループ TOP


Copyright (C)2000 - 2009 joe@sumithai All Rights Reserved.