Joeのタイ王国にスミタイ!

sumithai

タイに住む・情報ソース Living Source


あなたの住まいの情報を教えて下さい!

タイに住む アパート 在留届 タビアン・バーン ペット事情 個人輸入

バンコク日本人学校 インターナショナルスクール

海外子女の教育 田舎暮らし ヒッピーライフ シニアのロングステイ

情報ソース 新聞・情報誌 テレビ・ラジオ 日本の税金、年金、健保 荷物はどうする

タイ―長期滞在者のための最新情報55 (ホリデイワールド) (初版)
三修社 久保木裕一郎、高橋行雄 改訂版あり

1、住む Living

タイに住む事じたいは問題ないでしょう。 なぜなら、タイに住みたいのだから。 本人の意思に反しての赴任の場合を除き。 もし意思に反しての赴任にしても心配ない。 日本と同じレベルの生活が可能です。 本人の希望で行く場合、まずは宿探し。 ホテルでも長期なら割り引きになる。 あとは外人向きのサービス・アパートメントなら快適に過ごせる。 料金はピンからきりまで。 カオサンなどの安宿に泊まるのも手。 長期で契約すれば割引になる。 各人の予算に応じて検討されたい。 日本人の経営する不動産会社もあるので利用しよう。 ただし、安いアパートは紹介してくれない。 駐在者向きのサービス・アパートメントが主力だ。 「タイで働く」に、主なアパートが掲載しているので参照するとよい。



バンコクのアパート

◇主なアパート◇プラトゥーナム周辺

  1. ラチャプラロップ・タワーマンション: 家賃4900バーツから エアコン、温水シャワー、ケーブルTV,日本人が多い。保証金3ヶ月。住所:ラチャプラロップ通り ソイブンプラロップ。
  2. KP マンション:家賃3700バーツから、エアコン、温水シャワー、テレビはレンタル。保証金2ヶ月。住所:ラチャプラロップ通り ソイラチャタラン。


□バンコクでの生活費□

◇タイ語の語学留学生Aのケース◇1ヶ月の経費。ワンルーム、エアコン、ホットシャワー、家具つき

家賃:5000バーツ、電気・水道代 1000バーツ、食費(外食)・交際費9000バーツ、交通費(主にバス)1000バーツ、授業料5000バーツ、雑費3000バーツ 合計24000バーツ。 この他には、3ヶ月に1回の観光ビザ取得費とビザの更新費500バーツ。



在留届

ノンイミグラントビザを取得してタイに3ヶ月以上滞在する場合に、大使館領事部に提出する届け出。 パスポートの切り替えや各種書類の申請の際に必要になります。 また、事故や自然災害、戦争などの時に安否の確認や救援活動のための情報になります。 ツーリストビザの長期滞在者はどうなのか?ツーリストビザは、名前のごとく「旅行者」扱いなので必要ありません。 というより受け付けません。

◇届け出法◇

大使館領事部で用紙をもらい必要事項を記入する。 1家族で1枚提出すれば可。 大使館窓口に持参するか郵送する。 住所変更や帰国の際にも連絡しましょう。

◇必要なケース◇

タイ国内の不動産の売買、自動車・バイクの売買、年金、恩給の受領、タイ国の運転免許証の取得、更新。

  • 在タイ日本国大使館 各種届け出、パスポート再発行、在留届


  • タビアン・バーン(居住登録証)

    タイでは日本の戸籍に相当する登録証。タイ人の場合、紺色の表紙。外国人の場合、黄色の表紙。 今回、黄色のタビアン・バーンを取得した(2006.8)。登録は住居を管轄する郡の役所。




    ペット事情

    タイで飼うペットといえば先ず犬でしょう。 猫も人気があります。 その他では小鳥、淡水魚、海水魚などが一般的でしょう。 特別な例としては象、虎を飼う寺院などがあります。 我が家ではパグとポメラニアンを飼っています。

    □犬□

    犬の場合、狂犬病の予防接種や混合ワクチンを地元の獣医院で受けます。 タイでは任意のようです。 タイで犬を飼う際の注意や知恵は以下のサイトが参考になります。 日本からタイへの犬の搬入やタイから日本への犬の搬出の記述もあります。

    わんのページ


    □猫□

    タイの猫といえばシャム猫ということになりますが、あまり見かけません。 野良猫はよく見るんですが。 シャム猫はタイが原産の猫ですが、現在ではタイより米国の方が多いそうです。 シャム猫についての詳細は下記サイトをどうぞ。

    http://pet.goo.ne.jp/pet/goo/zukan/catinfo.php?kind=17


    チェンマイの親戚の飼い猫




    個人輸入

    amazonに商品を注文したが、国外発送が出来ない商品のために友人宅に送品し、転送を依頼した。 郵便局のEMSを利用した。 EMSなら荷物の追跡が可能だからだ。 重量は0.69kg。料金は1380円。 3日に発送して7日に到着した。 だが、サインだけで荷物はなし。 郵便局での受け取りだ。 なぜなら関税がかかるためだ。 品物はモジュラーケーブル3点。 金額1780円。 通常のケーブルはタイでも販売しているが、ノイズ対策してあるのはない。 関税は、266、VATが20の合計286バーツだった。 約950円。 つまり総額4110円。 これを高いと思うか安いと思うかは各人の判断。 関税率は10%でした。 ちなみに、海外在住者向けの配送サービスを行う業者はあります。

    ブログより転載2008.6.10

    タイの関税率に関しては以下を参照 http://www.meti.go.jp/policy/trade_policy/epa/data/thailand_hinmoku.pdf
    タイの関税制度の概略は以下を参照 http://www.jetro.go.jp/biz/world/asia/th/trade_03/
    タイ関税局の英語サイト http://www.customs.go.th/Customs-Eng/indexEng.jsp



    タイ国日本人会

    大正八年創立の歴史と伝統のある世界でも有数の日本人会です。 日本人会は、日本人同士の交流と情報収集に役立ちます。 行事、催し、サークルなどに積極的に参加し人脈つくりに活用しましょう。 成人で1万人弱の会員がいます。詳細についてはHPをご覧下さい。

    参考HP
  • タイ国日本人会 日本人同士の交流


  • バンコク日本人学校◇ 泰日協会学校

    タイの私立学校として認可。タイ語の授業も必修科目として週2時間実施。 内容:タイ国内に居住する小学校1年から中学校3年までの義務教育の必要な日本人子女に対し、学校教育を実施。

    所在地:258 Soi Rongrian Yeepun, Rama9 Road. Huaykuwang, Bangkok 10320
    事務局:電話 02-314-7797-8 FAX 02-319-2251
    詳細は直接お問い合わせ下さい。

    □シーラチャに2009年4月日本人学校開校

    タイ東部シーラチャに来年日本人学校が開校する。 newsclipによると、チョンブリ・ラヨーン日本人会(CRJA)と泰日協会学校(バンコク日本人学校)理事会が主体となり、2006年に設立準備委員会を設置。 この2年で日本・タイ両政府への申請、土地の確保、寄付金の呼びかけまで進み、今年初めに校舎建設の着工となった。 運営はバンコク日本人学校同様、泰日協会学校理事会。 シーラチャには自動車関連や製造業の日系企業が進出し駐在員や現地法人で働くタイ在住日本人が急増して、その家族の子弟が通う学校が待ち望まれていた。 2008.3.25

    泰日協会学校ホームページ



    インターナショナルスクール

    バンコク郊外にインターナショナルスクールがあります。 但し、英語力がないとかなり難しいと思います。 英米のネーティブが大半なので、そういう環境に耐えうる適応力が必要でしょう。 入学希望者は入学前によく相談してから決めた方が良いでしょう。 JOESで相談できるようです。

    International School Bangkok
    生徒の1/3はアメリカ人。 1951年創立。
    39/7 Soi Nichida, Thani, Samakee Road., Amphur Pakkret, Nonthaburi 11120
    TEL: (02) 583-5401 FAX: (02)583-3431

    International School of the Regents
    33/3 Moo 1, Pong, Banglamung, Chonburi 20150
    TEL: (02) 661-9888 FAX: (02) 661-9889



    ◇海外子女の教育

    財)海外子女教育振興財団 JOES

    海外赴任をする方で子供を現地の学校に通わせるのなら相談しましょう。 日本人学校とインターナショナルスクールがあります。 必要書類、手続きなどが分かります。

    〒105-0001 東京都港区虎ノ門1-21-17
    TEL 03-3580-2521  FAX 03-3503-7238

    ◇関西分室◇
    〒530-0001 大阪市北区梅田1-3-1
    大阪駅前第1ビル2階
    TEL 06-344-4318  FAX 06-344-4328
    (財)海外子女教育振興財団

    2、田舎暮らし
    Country life

    最近、日本では田舎暮らしに関心が高まっています。 田舎暮らしは、海外でも出来ます。 しかも、アジアなら日本よりかなり格安に、快適に過ごすことが出来ます。 あなたの田舎暮らしをお知らせ下さい!



    □コ・パンガン□

    パンガンという島に1年間、住んだことがある。 今から4年前。日本では、田舎暮らしが見直されている。 都会を離れ、地方で仕事をして暮らす。 私の場合、このコパンガンでの生活が将に田舎暮らしであつた。 電気は、しょっちゅう停電。 水は山からの水を1ヶ月300バーツで買っていた。 停電は、丸1日の時もあれば、3日くらい続くこともあった。 電力会社が政府系ではなく民間で出力が小さい。 今は政府系が供給しているが。 おまけに電気代も高かった。 家は貸家で、土地は約500m2。家は200m2。の庭つき。 庭にはオーキッドの木があった。 昼間はビーチ。 夜はClub。 ここで店をやるつもりだったが、結局、店を開くことはなかった。



    自給自足は可能か

    タイで自給自足の生活は可能かどうか。 結論は難しい。 ただし、それに近い生活は出来ると思う。 タイの平均月給は、6700バーツ、農民は約3000バーツ。 平均の半分にも満たない。 しかも、土地を借りるには賃借料が必要だ。 土地を持たない小作農が離農するのも仕方ない。 米や野采が収穫できれば可能性は高いかもしれない。 むしろ換金性の高い果物、魚などを扱い生活資金に充当する方が現実的かもしれない。



    ◇プー太郎3万人時代◇

    タイには、在留届を出している日本人が3万人強居ます。 それとは別に3万人位の仕事をせずに無為徒食に過ごすプー太郎が居ると言われている。 それだけタイは住みやすい国なのだと思う。 私自身2、3年仕事をせずに過ごしたので、彼らを非難する気はない。 ぶらぶらと遊学するのはいい。 しかし、目標は持ちたい。 「イチロー」じゃないけど、「目標を持つ事」は大事な事だ。 それは何でも良いと思う。 企業で働くもよし。 自分で起業するするもよし。 とにかく目標は持とう。



    ヒッピーライフ

    ヒッピーなんていまどき居るの?なんて思う君。 それが居るんだな、ちゃ〜んと。 場所はコ・パンガン。 ここには数十人のヒッピーが生活している。 ある者はバンガローを借り、ある者は自分で家を建てて。 最近はバンガローが値上げしてるので彼らには住みにくい。 それでも自炊すれば月の食費は1500バーツ。 安いバンガローなら月1500バーツ。 雑費1000バーツ。 1万円くらいで間に合う。 あなたもどうですか、ヒッピー。

    第41回:ヒッピーライフ

    1960年代から70年代にかけてのトレンド。 コパンガンにはこのヒッピーがまだ生息している。 山頂の住人、インディゴのユイ、サンドレストランの女のこ3人とでハードリンにある山に登った。 山頂にはスイス人とタイ人の夫婦が住んでいる。 家は自分で建てた家だ。 なかなか立派な家。 山の途中には掘建て小屋があり、白人が住んでいた。 日本人は居ない(笑)。 電気もなければ、水道もない。 火はプロパンガスを使っていた。 キャンプ状態なのだ。 キャンプの好きな人には苦にならないかもしれない。 しかし、さすがにそこまで真似をする勇気はない。



    シニアのロングステイ

    シニア(中高年)の海外ロングステイが最近人気がある。 5月5日の朝日によると、鎌倉や横浜ではシニアの会が出来つつある。 定年を機にする者、定年前にする者など様々。 50代、60代が多いそうだ。 タイなら、そういうニーズにも応えられると思う。 物価、治安、気候、医療、国民気質など各人の希望にそう場所を選択する方が良い。 物価が安くても、治安が悪い、医療設備が貧困ではリスキーなことがある。



    第104回:第二の人生をタイで4/5 Joe's Bar

    経団連の視察団がタクシン首相を表敬訪問。 首相は定年退職者の技術指導を熱望してる旨を述べた。 中高年の移住は少しずつ増えてはいる。 タイで第二の人生を過ごす。 充分検討に値します。 物価は1/5から1/3。 厚生年金で充分暮らせます。 やはり、技術が必要です。



    ◇「一石ニ鳥」政策8/12

    タイ政府はリタイアメントビザの発行で企業退職者の長期滞在を優遇してきたが、更にそのシステムを充実させる気構えだ。 タイで第二の人生を考える人々には朗報です。 毎日新聞8月11日の記事によると、タイ政府は、外国の企業退職者を長期滞在の観光客として誘致する計画を進めている。 観光と並んでタイ経済をけん引するタイの輸出産業は日本の不況で打撃を受けている。 退職者を積極的に受け入れ、技術指導などに従事してもらい、タイの観光産業だけでなく経済、社会の発展の「一石二鳥」を狙うプロジェクトだという。 タイ政府は将来的に、入国管理局、政府観光公社、観光警察などを統合して観光省を新設し、ビザ取得や、滞在の手続きを大幅に緩和、観光客誘致のために必要な便宜を一元化する方針だ。 タイを訪れる外国人観光客は97年の経済危機前後を除き、ほぼ毎年10%台で伸び続けた。 しかし、01年は8・3%増の1030万人と推計され、今後も2ケタ成長に戻る見通しは立っていない。 タイ政府が観光客誘致策として期待しているのは、国別で最も多い日本人観光客。 バンコク空港の入国管理統計では、今年1〜6月の日本人観光客は全体の14・4%、51万8000人に上る。 ソムサク首相府相(観光担当)は「第2の人生をタイで過ごしたい日本人を主な対象に、観光客同様に手続きを簡素化し、技能を持つ人には就労資格を与えたい」と話している。



    • 参考になる資料 Reference materials
    • 「タイで働く」 めこん 佐倉弥生・吉田 隆 タイで働く・暮らすをテーマにした本。
    • 「長期滞在者のための最新情報55」三修社 久保木裕一郎、高橋行雄
    • 「海外で働く96」 アルク編
    • 「国際派就職事典96」 アルク編


    • 参考になるHP お役立ちリンクにあります。
    • バンコク週報 HPのコンテンツ、起業家物語。
    • タイ投資委員会 BOI タイへの投資を奨励するオフィシャルサイト。
    • 小林(株) 不動産・タイ語・ビジネス
    3:情報ソース

    日本

    ■大使館・領事館

    タイ王国大使館: 東京都品川区上大崎3-14-6 TEL 03-3441-1386 ビザ・セクション

    ■タイ王国名誉総領事館

    • 横浜市西区南幸2-12-6 ストークみきビル403 TEL 045-312-4128
    • 大阪市中央区北久宝寺3-6-9 鴻池ビル東館3階 TEL 06-6243-5563
    • 名古屋市中区錦3-6-29 興和内 TEL 052-963-3001

    ■タイ政府観光庁 (TAT)

    • 東京都千代田区有楽町1-7-1 有楽町電気ビル南館2階 TEL03-3218-0355
    • 大阪事務所:大阪市西区北掘江1-6-8 テクノーブル四つ橋ビル3階 TEL06-6543-6654
    • 福岡事務所:福岡市中央区天神1-4-2 エルガーラ6階 TEL092-725-8808

    ■(社)日・タイ経済協力協会(JTECS)

    東京都文京区本駒込2-12-13アジア文化会館内 TEL03-3946-4974

    ■アジア図書館・アジア文化センター

    大阪市東淀川区東中島5-18-20TOAビル TEL06-6321-1839

    JETRO日本貿易振興会

    日本と外国との貿易促進、投資、技術振興を図る政府系組織。 バンコクにも支部があり、政治、経済の基礎情報から投資情報を提供している。 中小企業向けにも通訳、弁護士の紹介や専門知識の提供をしている。 バンコクで起業を考えている人は一度訪問すると良いでしょう。

    JETROのHP:JETRO 日本貿易振興会



    タイ王国

    大使館

    • 在タイ日本国大使館 1674New Pwtchburi Rd. Bangkok TEL02-252-6151 一般の人は入場不可
    • 在タイ日本国大使館領事部 9F Sermit tower, 159Soi Asoke Sukhumvit 21 Rd. Bangkok旅券関係 TEL02-261-1618
    • 在チェンマイ出張駐在官事務所 Unit104-107 Airport Business Park, 90 Mahidol T Haiya A Muang Chiang Mai

    タイ国日本人会

    大正八年創立の歴史と伝統のある世界でも有数の日本人会です。 日本人会は、日本人同士の交流と情報収集に役立ちます。 行事、催し、サークルなどに積極的に参加し人脈つくりに活用しましょう。 成人で1万人弱の会員がいます。詳細についてはHPをご覧下さい。

    参考HP
  • タイ国日本人会 日本人同士の交流
  • 4:新聞・情報誌


    日本語新聞:バンコクなら、読売新聞、朝日新聞、日本経済新聞を購読できる。 定期購読可。 現地発行の日刊の日本語紙はない。 週間新聞に、バンコク週報がある。 英字紙には、Bangkok Post,Nation。 英字紙「Nation」発行元の新聞大手ネーション・マルチメディア・グループ(NMG)は日刊の無料英字紙「Xpress」を2008年3月5日に創刊。 タイ語日刊紙には、タイ・ラット、デイリー・ニューズ、サヤーム・ラット、マティチョン、サヤーム・キラーなど。 華字新聞では、中華日報,亞州日報など。 フリーペーパーでは、ウェブ、ダコ、ボイスメール、マンゴスチン倶楽部(休刊)、タイ自由ランド、Koko。 フリーペーパーは、日本人経営のレストランや店に置いてある。

    5:テレビ・ラジオ

    □テレビ

    タイには、3、5、7、9、11、TPBSの地上局6局とTrue Visionsという衛星放送がある。 チャンネル5、7は、陸軍所有で、チャンネル11は国営、3と9は、タイ通信公団が所有。3と7は、放映権を民間に貸している。 iTVは、唯一の民間テレビ局。 iTVのiは、independent、独立のi。 2007年iTVは事業権料などの滞納を理由に国営になりTiTVに。 2008年1月、TitvはCMのない公共放送TPBSに衣替え。 衛星放送True Visions(UBC)は契約が必要です。 True Visionsには、CNN,NHK,BBCなどのニュースやHBOなどの映画チャンネルやStar Sport ,ESPNなどのスポーツ番組などが楽しめる。 中級以上のホテルやサービスアパートメントに装備されているので、部屋を借りる際の目安になるだろう。 ラジオには、AMとFM局がある。FMは、高周波数帯域を使っている為、日本のラジオは使えない。 各地にはFM局がありタイの音楽、洋楽を楽しめる。 また、各地域にはケーブルテレビがあり月額300-500バーツ程度で50チャンネル前後の放送を楽しめる。

    True VIsions
    テレビの人気番組のチェックは、エンターテインメント

    ☆タイで日本のテレビを見る方法

    UBCでNHKを契約すればNHKを見れます。 ケーブルTVでも見れるケースがあります。 ただし、見られるのはニュースが主でドラマなどは見られません。 スポーツ中継も著作権の関係か見れません。 インターネットで日本のテレビを見る方法があります。 日本のサーバーを経由して有料で見る方法です。月3000〜5000円程度かかります。 ブロードバンド環境が必要です。 ブロードバンド環境さえあれば、無料で見る方法があります。
    詳細は2007年11月22日のブログにあります。

    □ラジオ

    AMとFM放送があります。インターネット配信で聞けるのも多いです。 ニュース・音楽(洋楽・タイポップス・ルークトゥン)などを聞きながらタイ語の勉強もできます。 以下のサイトで詳しく説明しています。
    http://thai.cside.tv/live/

    6:日本の税金、年金、健保


    海外に長期滞在した場合、税金、年金、健康保険をどうするかの問題があります。 滞在する期間により柔軟に対応した方が良いでしょう。 例えば2、3ヶ月ならわざわざ住民票を抜く必要はないですし、役所も認めないでしょう。 目安は1年以上滞在するかどうかでしょう。 私の場合、5年間住民票を抜いていました。 しかし、現在はタイと日本往復しているので日本に住民票を入れています。

    ◇所得税◇

    会社を中途退社した場合は、確定申告すれば所得税が還付されることがあります。 年末調整した場合は必要ないでしょう。

    ◇住民税◇

    A:住民税は前年の収入にたいして課税されます。 ですから退職しても税を払う義務があります。 1年以上滞在すれば、その年の収入はないので払う必要はありません。 所轄の役所で確認しよう。

    ◇年金◇

    所轄の役所で手続きすれば払う必要はありません。 つまり、住民登録を抜く訳です。 目安としては1年でしょう。 また、旅行後、役所に行き手続きすればその間は払わなくてもよくなります。 長期滞在する方は一度役所で相談したほうが良いでしょう。

    年金受給資格

    いよいよ来月からタイに移住します。 そこで、年金のチェック。区役所に行って確認。が、ここでは確認できず。 最寄の社会保険事務所を紹介される。翌日、社保事務所へ。 ここで厚生年金と国民年金のデータがでてきた。私の場合、厚生年金が13年。 国民年金が5年。合計18年。216ヶ月。これだけでは資格の300ヶ月には足りない。 そこで、海外に居た「カラ期間」。私はタイに通算7年居た。 ただし、これは「戸籍の附票」で海外に居たことを証明する必要がある。 翌日区役所に行き「戸籍の附票」の申請。これを「年金課」に持参して相談。 これで合計25年。300ヶ月をクリア。当然、「カラ期間」分は減額される。 あとは、60歳になるのを待つだけ。 ひとまず安心。やれやれ。
    2006年5月21日のブログから転載。



    ◇病気、けがは健保で請求◇

    海外旅行中、病気、けがをした場合、帰国後、必要書類(診断書、領収書など)を持参し、所轄の役所で請求出来ます(6月5日現在)。 区役所に確認しました。 書類が外国語の場合、翻訳が必要との事です。 たしか、以前は請求できないと思ったけど、法律改正したのでしょうか。 掲示板などで可能だと言う事は知っていましたが。 これですっきりしました。 当然、無保険(住民票を抜く)者は対象外です。

    ◇追加情報◇

    □国保の海外使用可能に□

    読者から健保の件で情報提供して頂きました。提供者:柴木さん タイ自由ランドの紙面で、日本の国民健康保険が海外で使用可能に(海外療養費支給申請について。 国民健康保険の改正により、仕事や観光で海外に滞在している間に怪我や病気で治療を受けた場合でも、平成13年1月から国民健康保険の給付「国内での給付相当分」が受けられるようになりました。 日本の医療機関にかかった場合の保険診療料金を標準とした金額(実際の金額が低い時は実費額)から、一部負担金を差し引いた額が、健康保険世帯主名義の口座へ払い戻されます。 申請は2年間以内との事。 上記の件は、来月帰国時に役所で確認する予定です。

    7:荷物はどうする

    アパートなどに住んでいる場合、アパートを引き払うと日本に戻る際に困ります。 かといい、から家賃を払うのも馬鹿馬鹿しい。 長期滞在者の「悩みの種」です。 実家に引越せればこれに優るものなし。 費用もただ。 不用な物はびしびし処分する。 帰国の時必要な物だけ保管する。 思い切って処分すると、荷物は相当少なくなります。 「捨てる技術」なる本がベストセラーになりましたね。 中国人は、金(きん)が好きです。 なぜなら、いつでも現金にできるからです。 そして、身に付けます。 中国4000年の叡智でしょうか。 トランクルームや親友宅に荷物を預けるのも有効でしょう。 その為には日頃から親友には親身に接しましょう。 「親友」なら、あなたの荷物を快く預かるでしょう。 常識的な使用料は払いましょう。


    リンク Link

    サイトマップ 初めての方に 広告掲載について English ブログ TICグループ TOP


    Copyright (C)2000 - 2009 joe@sumithai All Rights Reserved.