TOP

 sumithai

ナイトライフ

night life

アジア ヨーロッパ アメリカ


アジア

アジアのナイトライフは実にバラエティーに富んでいる。 バー、パブ、クラブ、ディスコ、ライブハウス、ゴーゴー・バー、カラオケバー、カラオケクラブ、マッサージパーラー、カフェ、エスコートクラブ、タイマッサージ、オイルマッサージ、サウナ etc... 性風俗店の紹介はしませんので、悪しからず。 Google,Yahooなどの検索サイトをご利用下さい。
※重要:当コンテンツは社会風俗についての紹介であって、買春を奨励するものではありません。

⇒サイズアップ・ペニス増大商品の詳細・購入はこちら!

□タイ王国□

◇バンコク◇

バンコクは世界的にも有名な歓楽街。 主なスポットはパッポン、タニヤ、ソイ・カウボーイ、ナナ・プラザ。 タイ人のプレイ・スポットではスチサン通り、中華街(ヤワラー)、新ペップリー通りなど。 他の地方都市でも規模は違うが歓楽街がある。 チェンマイ、ハジャイなどは充実してる。 パタヤー、プーケット、コサムイなどのビーチリゾートも観光客が多いので楽しめる。 地方の小都市はどうなのか?やはりある(笑)。 ただし、タイ人向きなので、タイ語ができないときついかもしれない。 個人的には、カフェ(タイ人向き)、バービア(オープンバー)がリラックスできて好きです。

□関連コンテンツ□

バンコク ハジャイ チェンマイ プーケット コ・サムイ パタヤー


◇ヨーロッパ◇
□オランダ□
◇アムステルダム◇

1995年6月アムスの「飾り窓」探訪!
1995 .06 in Amsteldam

アムステルダムといえば、「飾り窓」が有名だ。 中央駅から旧教会に向かう界隈にある。ここには色々な人種の娼婦が居る。 白人、黒人、東洋人、ヒスパニックなど様々。 もちろんタイ人も例外ではない。 世界的に有名なだけあって、男だけでなく女性も、「飾り窓」の観光をする。 同性としてはどんな思いをするのだろう。 ここに居る娼婦はビジネスとして割り切っているように見える。 かつての日本の赤線のように、身売りされる娼婦は居ないと思う。 娼婦と話をしてみたいが、突入する勇気はない。 ここがタイなら平気なんだけどね(笑)黒人の娼婦が盛んに呼びこむけど、やはりだめだ。意気地なし。 観光者が多いので娼婦の部屋に入るにはかなり勇気が要る。 まさか、こんなとこに知り合いなど居るわけはないが、躊躇してしまう。


1995年6月某日
◆世界一自由な都市アムステルダム◆
1995.06 Amsteldam

ベルギーのオステンドから陸路でアムステルダムに到着する。 バスターミナルは繁華街からは離れている。電車に乗り中央駅へ向かう。 この駅は、東京駅のモデルになった駅だ。 なるほど似ている。 ロンプラ(ロンリープラネット)で宿を探す。 場所は旧教会にある。 旧教会は、「赤線街」にありあまり治安は良くない。 少し不安だが昼間なので大丈夫だろう。 駅から10分くらい歩き宿を見つけた。Nelly's innというアイリッシュ人父娘が経営している宿。 1階はアイリッシュパブで、上階がゲストハウスになっている。 ドミトリーが中心だ。 部屋はきれいだ。 1部屋に10ベッドくらいはいっている。 ここにも東洋人の姿はない。 ここは、ソフトドラッグはフリー、売春は容認、安楽死も可、同性愛のカップルも公認する自由な都市。 銀行員はジーパンをはいている。 ここまで開放的にしても平気なのだろうか。 是非はともかく一度は訪問して欲しいところだ。 ヨーロッパは、基本的に個人主義の国が多い。 アジアみたいな人なつこさはない。 個人の自由を最大限に認める都市。 麻薬中毒になる自由。 売春、麻薬でエイズになる自由。 すべて国や自治体が制限するのではなく、個人の判断に委ねる。 自由とは何かを考えさせる都市アムス!


◇アメリカ◇
◇ハワイ◇
◇1992年3月ハワイで迷子◇
1992.03 in Hawai

アメリカ西海岸の帰りにハワイに寄った。 あいにく、ハワイは雨が降る悪天気。 夕食後、ショッピングセンターに買い物に出かけた。 リピーターが居たので同行した。 同行者とはそこで別行動を取ることにした。 2時間くらい買い物をしてホテルに帰ることにした。 ところが、ホテルの名前が思い出せない。 困った。しょうがない。あてずっぽうに探した。 やはり分からない。 仕方なく警官に聞く。 ホテルの名前を適当にいい尋ねる。 似たような名前のホテルが多い。 警官は親切に教えてくれる。 しかし、たどり着かない。 当たり前だ。 ハワイには、ストリートガールが多い。 金髪のおねえちゃんが日本語で誘ってくる。 いっそ、おねえちゃんと遊ぼうとも思ったが思い止まった。 1、2時間探し歩いてやっと見つけた。 やはり、初めての土地での夜の一人歩きは止めよう。

世界の裏通り’77全情報増補版□

山口浩 自由国民社


前書きによると本書の第一版は、昭和50年に発刊。第一版の収載都市36都市。 本書は74都市。 たべもの、買いもの、おんな、夜のショウ、ギャンブルなどを取り上げている。


□関連サイト□

Joeの旅日記 旅の写真館

戻る