Joeのタイ王国にスミタイ!

sumithai

ぺナン島 Penang


ジョージタウンの町並み

ぺナンはタイ長期滞在者には、ビザを更新する際に利用するもってこいの場所。ジョージ・タウンのチュリア・ストリートでは業者がビザのアレンジをしている。ツーリスト・ビザはシングルとダブルが取れる。午前中に依頼すれば、翌日の午後には出来る。但し、ビザの発給条件は変更することがあるので、保証はできません。そして、タイ、マレーシアの休日は申請出来ないので要注意!確実な情報が必要な人は、タイ王国ペナン領事館へ問い合わせして下さい。



ホテル・安宿■

コムタ前、道路が冠水している

安宿はチュリア・ストリートに集中している。華人系とインド人系がある。 主な安宿はスイス・ホテル、エン・アンホテル、スカイ・ホテル、プラザ・ホステル、ブロードウエイ・ホステル。 エコノミークラスでは、キャセイホテル。中級ではオリエンタルホテル。 高級ホテルでは、シャングリラホテル、E&Oホテル。E&Oホテルは文豪サマセット・モームが泊まった1885年に建てられた由緒あるホテル。シャングリラは、コムタの隣でショッピングに便利。



◇ペナンプラザホステル◇

マレーシアのペナン島のジョージタウンにある安宿。3、4年前に経営者は変わった。タミール系マレーシア人という点では同じだが。経営者が変わり、隣接していたインド料理(タミール)が無くなったのは何とも惜しまれる。 個人的には前のマネージャーの方が良かった。顔を覚えてくれるので居心地が良かったのだ。 しかし、最初は、「君は何処の国だ」と質問されたものだ。中国人とでも思ったのであろう。 それでも4階にあるテラスは健在だ。ここの広いテラスがいい。椅子に座り雑談する、本を読む、洗濯するなど様々。風通しがよいので気持ちがいい。ここのドミはなんと30ベッドもある大部屋。世界各国の若者が集うたまり場ともいえる。



■食事

ジョージ・タウンでは様々な料理が食べられる。中華、マレー、インド、日本西洋等。ペナン名物の福健麺(ホッケン・ミー)・ワンタン・ミーはお勧め。 インド料理店のタンドリー・チキンもおすすめ。バナナの葉で出されるナンやチャパティーにカリーをつけて食べるのもいける。ペナン通りのオリエンタルホテル並びに日本料理店がある。 レイス通りの,日本料理店、Kong Lung は在住の日本人にも人気があるそうです。



■ショッピング■

ジョージタウンの中心のコムタには、たくさんのテナントが入店している。専門店、スーパーマーケット、映画館、オフィス、レストラン、ファーストフードなど。ペナン通りは、地元の繁華街。 コムタ向かいのガマ・スーパーマーケットも品ぞろいがいい。



■見所

 

ペナンヒルからの町並/コーンウォ−リス近辺の海岸

コムタの展望ラウンジ、ペナン・ヒル、コーンウォリスなど。 ペナンにはビーチもあるが、海が汚れていてお勧めできない。 どうしても行きたい人はどうぞ。主なビーチは、バツー・フェリンギ、テロク・バハン、タンジョン・ブンガ。 ペナンヒルには、是非登りたい。麓からケーブルカーを利用する。ここからはマレー半島が見渡せる。 ケーブルカーは、6:30〜21:30まで運行。20〜30分毎に出る。



■交通

ジョージ・タウンなら歩いて廻れる。郊外に行くなら、バスかタクシー。 観光用にトライショー(自転車)も乗れる。近距離で2〜5RM。1時間で、10〜15RM。

ハジャイ

サイトマップ 初めての方に 広告掲載について English ブログ TICグループ TOP


Copyright (C)2000 - 2009 joe@sumithai All Rights Reserved.