Joeのタイ王国にスミタイ!

sumithai

IT・テクノロジー IT Technology in Thai


タイの携帯電話・国際電話・インターネット事情

mobile / telephone / internet

携帯電話 国際電話 国際電話プリペイドカード
インターネット インターネットカフェ ホームページ作成

◇関連HP◇

素材のかんづめ Yahoo!コンピューター

携帯電話
◇タイ◇

タイの携帯電話についての概要は下記サイトにコンパクトに書かれていますのでそちらを参照して下さい。

http://www.studyinthailand.com/life/002675.php

◇AIS Mail Service◇

Nokia 6111 を使いインターネットを利用しています。 利用するには携帯電話、ケーブル、プロバイダーへの登録が必要です。 以下は私が利用してるサービスを紹介します。 プロバイダーはAIS。GPRS Packaage を利用。通常料金1分ー1バーツ。 会員料金:60時間:200バーツ。 4時間:30バーツ、10時間:50バーツ、25時間:100バーツ、60時間:200バーツ、120時間:350バーツ、200時間:500バーツ、400時間:900バーツ。 携帯は、Nokia 6111。価格は1万バーツ。 ケーブルはUSB接続のNokia Connectivity Cable CA-53 420バーツ。ドライバインストールCD。 携帯に梱包されている Nokai PC Suite のCD。Nokia のサイトからもダウンロードできる。

※実は、ネット接続が可能になるまで2週間要しました。

GSMデジタル

タイではヨーロッパのメーカー、ノキア、エリクソン、フィリップスなどが普及しています。 私の場合、フィリップスのGSMを使っています。これは海外にも電話が出来ます。 日本に居る家族と連絡をとる必要があるからです。値段は9900バーツ(2000年)。 海外通話をするには、これに+アルファの費用がかかります。基本料は月500バーツ(会社により違う)。 それと通話料がかかります。

1・2コール

1・2callというのもありますが、海外へは通話出来ないモデルがあります。 購入の際には確認した方がよいと思います。 プリペイドカードなら海外通話も出来ます。毎月の基本料なし。通話料のみ。 2001年10月現在、4.000バーツの普及モデルがあります。

※☆※

携帯電話を買うには、外国人の場合、ワークパーミットが必要です。 私の場合は妻の名義です。 ワークパーミットがない場合は、知り合いのタイ人の名義を利用することになります。 ただし、信用できる人でないとトラブルの元です。
※ワークパーミットがなくても買えるようになりました。

プリペイド式のカードを事前に購入すれば旅行者でも携帯が利用できます。 この場合、ワークパーミットの必要はありません。 通話料は、少し高いようですが利用価値はあります。 レンタルで借りることも出来ます。短期ならレンタルでも良いかもしれません。 タイ人の場合は、「バチャーチョン」と呼ばれるIDカード、「タビアンバーン」と呼ばれる住民登録証が必要です。 電話料金は、色々な支払い方法があります。 定額料金を払えば使い放題の「トールフリー」や通話回数に応じた料金など様々です。 自分の使い方に応じて契約しましょう。

◇通信各社好調◇

通信各社の業績が好調だ。携帯は値下げが進み、今では普及モデルなら4000バーツで買える。 3年前なら2万バーツ前後したので、かなり購入しやすくなったといえる。 土日にショッピングセンターに行くと電話売り場は大盛況。 今後も更に安くなるだろう。 パソコンは本体+モニターで3万バーツ前後するので個人では普及率はまだ少ないようだ。 自宅でのパソコンユーザーはまだ少ないが、低価格が進めばさらに普及するだろう。

NNA8/16の記事によると、通信各社の4−6月期決算が発表された。 インターネット・携帯電話の需要拡大で通信各社は順調に売上げを伸ばした。 タクシン首相が創業したシナワットグループの携帯電話会社AISや通信衛星事業のシン・サテライトの収益は8億2千万バーツで前年同期比14%増加。 首都圏固定電話のテレコムアジアは赤字幅を前年同期の21億8千万から13億7千万に縮小した。 地方固定電話会社タイ・テレフォン・テレコミュニケーションは9億1千万の赤字から11億6千万の黒字に転換した。

◇タイ王国◇

◇タクシン首相「CDMA」に未来はない◇

タクシン首相は、CDMAの携帯電話はタイでは将来性はないという。 CAT(タイ通信局)はこの事業を追いかけてお金を無駄使いしていると述べた。 「私が知る限り、CDMAの技術にまだ固執している国は世界でどこにもない」とタクシン氏は述べた。 CATの幹部がその透明性(明白さ)、有利さを擁護した時に、首相は299億バーツのプロジェクトについてそうコメントした(バンコクポスト7/31)。

◇携帯で2百万バーツの請求書◇

タイのある女性が携帯の使用料で200万バーツの請求がきて大きな問題になっている。 今回のようの多額なケースは珍しいが、他人が使用して多額の請求がくるケースは少なくない。 パニダ・コンソムラジットさんは、2台の携帯の使用料として、CATから国際電話料金を200万バーツ請求された。 ノンタブリの裁判所を通じて訴えは起こされた。彼女は携帯を持っておらず困惑している。 彼女がいうには、ギャングがIDカードをコピーして携帯の登録をしたと考えている。 1998年、ラムカムヘン大学でジョブマーケットの登録する際に、その記録紙を使用した(バンコクポスト7/24)。


日本

新サービス「FOMA」フォーマ

5月末からNTTドコモが開始する新・携帯電話サービス「FOMA」。 FOMAにはIMT-2000規格を使います。 IMT-2000規格は、超高速データ通信や海外でも使えるなどのメリットがあります。 FOMAは、ヨーロッパで多くの会社が採用する方式とほぼ同じ。 そのため、ヨーロッパなら使えるかもしれません。 ただし、海外の電話会社がいつからどのようにサービスを行うかはまだ未定。 通信速度も現在のデジタル携帯電話の9600bps〜64kbpsが、FOMAでは、64kbps〜384kbpsの速度になります。 2002年にはJ-PHONEやau もIMT-2000規格を使うサービスを開始する予定です。

記事引用:日経クリック6月号

□「携帯」をレンタル□

日本の携帯電話はタイでは使えません。規格が違うためです。 そこで「携帯」をレンタルする方法があります。 タイでレンタルするのと日本でレンタルする方法があります。 タイでレンタルする場合、データ通信が出来ない、一緒にデータ通信キットが借りられないという場合もありますので注意。 日本の場合、国内で動作検証できるメリットがあります。 ドイツテレコムの場合、サービスは以下のようになります。タイは利用可能です。 その他の国では利用出来ない、電波が良くない場合あり。要確認。

機材レンタル料:1.800円/1日、27.000円/1ヶ月、45.000円/2ヶ月。
通話料金:390円/分。
※レンタル料は出国日から帰国日まで。
問い合わせ先:ドイツテレコム TEL:03-5213-8611
URL: http://www.telekom.co.jp/

国際電話 International call

国際電話料金を調べてみました。

□家庭電話から□

◇KDDI◇

  最初の1分 1分経過後 1分 3分
昼間:8ー19時 21円 19円   210円 590円
夜間19−23 21 15 210 510
深夜:23−翌8 14 12 140 380

◇NTTコミュニケーションズ◇

  最初の1分 1分経過後 1分 3分
昼間:8ー19時 16 16 160 480
夜間:19−23 13 13 130 390
深夜:23−翌8 11 11 110 330

◇日本テレコム◇

  最初の1分 1分経過後  1分 3分
昼間:8ー19時 20 19 200 580
夜間19−23 15 13 150 410
深夜:23−翌8 14 12 140 380

※課金は各社ともに6秒ごと。休日(土、日、祭日)の8−23時は夜間料金。尚、各社による割引料金は含みません。 また、携帯、プリペイドカード、公衆電話からの料金とは別です。 詳細は各社のホームぺージを参照して下さい。

KDDI
NTTコミュニケーションズ
日本テレコム
International Prepaid Card
◇国際電話プリペイドカード◇ International Prepaid Card


□UNIONカード□

国際電話のプリペイドカードを購入しました。色々種類があります。 今回は、「UNIONカード」を購入しました。 定価は1.000円。タイの場合、バンコク都内 34分、その他の都市(携帯含む)27分。 課金は1分単位。有効期限:使用時から3ヶ月。接続料:初回70円、2回目以降無料。 音声:まずまず。家庭電話よりは落ちる。

※10月1日現在、UNION,Queenのプリペイドカードが通信障害により利用出来なくなっています。
他のカードの利用を勧めます。

☆☆☆

その他には、Pegasus,CMM, Queen, Saver, Love2 ExpressUなどがあります。

□PEGASUSカード□


料金表:1000円のカードで

  固定電話 携帯・公衆電話
タイ固定電話(バンコク) 40分 26分
タイ固定(バンコク以外) 28分 26分
タイ携帯 28分 26分

接続料:固定電話 なし、携帯・公衆電話2分
課金:2分ごと。2分1秒の場合、4分課金。
音声:UNIONより上。

Internet

インターネット事情 Internet

インターネット事情 プロバイダー 高速回線 インターネットカフェ

インターネット電話 コンピューターウイルス




Samart のネット接続の宣伝

XPの環境改善 2008.8.14のブログより転載

最近ホームページの閲覧が遅いのが気になっていた。 ま、仕方がないのかと思っていた。 そんな時にNikkei,netの記事を目にした。 パソコンが遅くなるのはなぜ?――PC環境改善講座(1) これを読んでページファイルの容量を変更してみた。 ちなみに、現在のPCのメモリーは512MBだ。OSはXP。 仮想メモリーを512〜1024に変更。 あとは常駐するプログラムで使わない者を削除した。 これの詳細はPC環境改善講座(2)に掲載。 その他にも色々な方法が記載されているが私が実行したのはこのふたつ。 驚いたことに、これでパフォーマンスはかなり向上した。 ※設定変更にはリスクを伴います。変更は自己責任でお願いします。 また、同じ変更をしても向上するとは限りません。

トゥルーのネット戦略に疑問 ブログより転載 2008.8/05

通信会社『トゥルー』傘下のトゥルー・インターネット社は、ブロードバンドユーザーを増やすため、 まず、ダイヤルアップ接続(ナローバンド)の利用促進に力を入れる方針という。バンコク週報08/04記事 バンコク週報の記事によると、ダイヤルアップが割安であるため、まだ家庭でインターネット接続していない人を取り込みやすく、 これが全体的なインターネットユーザの拡大、ひいてはブロードバンド利用者の増加につながるものと同社ではみている。 しかし、これはちょっとちがうんじゃないのか。ブロードバンドの料金を安くして利用者を増やすのが最善ではないのか。 ちなみに、同社のインターネット接続サービスの契約者数は現在、ダイヤルアップが56万人、ブロードバンドが60万人。 これだけダイアルアップユーザーが居るなら尚更だ。まず、ダイアルアップユーザーを優待してブロードバンドに乗り換えさせる。 日本でブロードバンドが爆発的に普及したのはYahoo BBが格安で提供したのがけっかけだった。 もっとも、タイでは日本ほど固定電話が普及していないので日本と同じようなペースで家庭にADSLを普及させるのは難しいとは思うが

無線LANが出来ない!!2 ブログより転載

現在のインターネット環境はADSL。 プロバイダーのTOTのモデム、SMCの無線ルーターSMC-WBR14G2を使用している。が、最近ルーターが不調で使用不可。 ルーターのIPアドレスを取得できないのだ。ルーターのドライバを再インストールを試みるも途中でエラー。 そこで仕方なくルーターをはずしてモデムを直結して接続。これだと問題なく使用できる。 が、隣の部屋のデスクトップが使えない。 色々対策するが繋がらない。そこで、ドライバー付属の説明書をパソコンで読んでみた。 うん、対策がちゃんと書いてあるではないか。 コマンドでIPアドレスを開放してリニューする。ipconfig/release、ipconfig/renew、 これでIPアドレスを取得できた。 ネットワークに詳しい者なら簡単なことだが、自力で解決するのはなかなか大変なのである。

□回線切れ対策□

ADSL回線を利用していますが、頻繁に切れます。プロバイダーのTOTに来てもらっても対策せず。 仕方がないのでネットで調べて対策を調べました。 色々方法はあるようです。 ADSLを包む「ノイズウォールシールド」、モジュラーケーブルに巻く「ノイズウォール」、 電源やスプリッターのノイズを除去する「ノイズフィルター」、 モジュラーケーブルに装着する「フェライトコア」などがそうです。 今回、簡単で費用が安い点を重視しELECOMの「フェライト内蔵モジュラーケーブル」1mを購入しました。 588円。amazonで購入しました。 これで回線は少し安定しました。速度は若干のアップです。速度アップを期待してる方には不満かもしれません。 その後また、切れるようになりました。対策はまだ不十分でした。


携帯での高速インターネット始まる ブログコラート日記より転載2008.4.11

タイでもいよいよ携帯での高速インターネットが始まる。TOTのADSLが1メガと2メガなので7.2メガは素晴らしい。 が、1メガ契約でも実測は200kbpsなんで、果たしてこのサービスどこまでスピードが出るか。 しかし、それ以前の問題として頻繁に起こる回線落ちはなんとかならんもんか。

newsclip.beの記事

【タイ】タイの携帯電話サービス最大手アドバンスド・インフォ・サービス(AIS)は9日、携帯電話の高速インターネット、ビデオ電話サービスを5月6日に北部チェンマイで、6月15日にバンコクで開始すると発表した。 サービス名は「3GSMアドバンス」。 第3世代(3G)携帯電話方式「W―CDMA」のデータ通信を高速化した規格である「HSPA」を採用し、通信速度は7200Kbps。 年内に契約数7万―8万件を目指す。ネットワーク開発の投資額は160億バーツ。 同サービスを使用できる端末は今のところノキア6121、フォーンワン3GM602、フォーンワン3GE500の3機種のみ。

☆タイで日本のテレビを見る方法

UBCでNHKを契約すればNHKを見れます。 ケーブルTVでも見れるケースがあります。 ただし、見られるのはニュースが主でドラマなどは見られません。 スポーツ中継も著作権の関係か見れません。 インターネットで日本のテレビを見る方法があります。 日本のサーバーを経由して有料で見る方法です。 月3000〜5000円程度かかります。ブロードバンド環境が必要です。 ブロードバンド環境さえあれば、無料で見る方法があります。 詳細は2007年11月22日のブログにあります。

□Windows XP環境でどこでも日本語環境□ 2006年9月2日

Windows XPの普及で、ほとんどのインターネットカフェで日本語で読み書きが可能になった。 が、初期設定で日本語環境の店はまだ少ない。 タイでは英語版のWindowsを使用している。日本語の読み書きができない場合、設定変更で読み書きができる。 [Start] →[Setting] →[Control Panel] →[Regional and Language] →[Language] →[Languages] →[details]→[Installed services]で[Japanese]を追加 [Add]する。 以上で日本語環境になります。

□タイの電話事情□ 2005年11月08日

タイの携帯、固定電話の普及率を知りたくてネットサーフィン。参考になるサイト発見! 経済社会データランキング 管理人は、ストックホルム商科大学の助教授だ。 このデータによると、タイの携帯電話加入者は2004年で人口100人当たり44.1人。日本は71.6。 固定電話は2003年で、人口100人当たり10.4人。日本は47.7人。 このデータによると、タイ人の2人に1人は携帯を持ってる事になる。実際、タイ人の成人はほとんど所有している。 やはり、固定は普及率が低く3世帯に1台程度のようだ。

タイのインターネット事情 2005年11月05日

私の場合、タイでのインターネットはネットカフェ。バンコクで1時間30バーツ前後。 地方都市、たとえばコラートだと1時間20バーツ前後。 プーケット、サムイ島などのリゾート地区で1時間60バーツ前後。 ダイアル・アップが主流。ADSLの店も増えてきた。 携帯電話は急速に普及した。多分1500万台位。価格の低下でかなり浸透した。 一方、通信インフラの進まない固定電話網はやや増加。 なので、家庭でインターネットをする人はまだまだ少数派だ。 回線のリース料が日本の4倍との話が出ていた。 日本のような環境になるにはまだ時間がかかりそうだ。 今後は、携帯からPCに接続するのが主流になる予感がする。実際に携帯からPCに接続した実例のHPがある。 http://www.lookthai.com/jp/かなり、詳細に書いてあるので参考になる。 NokiaとSony Ericsonのサポートが良いらしい。


□タイ国内から携帯でデータ通信□

タイ国内で携帯を経由してPCでメール、インターネットをする。 日本国内なら簡単ですが、タイだとなかなか簡単にはいかないようです。 そこで、実際に利用した人の経験談が掲載されているサイトを見つけました。 ターク県のEGAT(タイ発電公社)のタークタワーには固定電話回線がないため携帯を使用して気象観測データをメール送信をしていたそうです。 現在、東大生産技術研究所で研究員をしている方です。 プリペイドではデータ通信は出来ないようです。

泰国携帯電話情報通信事情

◇UPS(無停電電源装置)◇

電力事情のあまり良くないタイでは停電することが少なくありません。そんな時のためにUPSが有効です。 UPSをコンセントとPCの間につないで使います。停電の時にUPSに蓄電された電気がPCに供給されます。 ノートパソコンならバッテリーがありますが、デスクトップでは防ぎようがありません。 デスクトップユーザーには必需品といえるでしょう。 これで、データーの破損、PCへの負担、ダメージも減ります。 PCショップなどで3.000バーツ前後から買えるようです。 落雷などの過電圧を防止するスタビライザー(定電圧機能)のある製品もあります。

◇国境なきIT機器選び◇

DIMEの8月2日号が、「海外で使うIT機器」の特集を組んだので早速購入した。 海外でパソコンを使用する人には参考になる。 ノートパソコンは世界標準になっているので特に問題ないようだ。 チェックすべきは、モデムと電源。ただほとんどのノートパソコンは100〜240ボルトに対応している。 しかし、ケーブルが200V以上に対応していないケースが多いらしい。 高電圧対応のケーブル(3.000円前後)を用意した方が良いようだ。 モデムは、モデムチェッカー(5.000円位)を購入して、海外対応のモデム(15.000〜30.000円)を購入した方が良い。 プロバイダーは、短期なら海外ローミングを利用し、長期なら海外のプロバイダーに加入するのが良いようだ。

◇タイ◇

タイでは、インターネットがだいぶ普及してきた。 会社では、電話やファックスに変わりE-Mailが主流になりつつある。しかし、個人の普及はまだまだのようだ。 そのせいもあり、インターネット・カフェはかなり普及している。 1時間あたり20〜60バーツで利用できる。日本人が多い地域では日本語環境が利用できる所も多い。 タイの電話事情はあまり良くない。電話回線はアナログが主流で遅い。 携帯が普及したのもそのせいです。 安アパートの場合、回線が少ないので時間制限してるようです。 ある程度長期滞在する人は、専用回線を引くほうが良いようです。 当然工事代を負担することになるので、よく考えてから引こう。工事代は、1万バーツ位らしい。 中級以上のホテルなら、ビジネスセンターでネットを利用できます。 日本のプロバイダーの場合、APは、バンコクが多い。 なので、バンコクに滞在する人は良いかもしれない。 私の場合、地方都市なのでインターネット・カフェを利用している。 ローミング代、APまでの通信料を考えたら、かなり高いので、使いにくい。

◇CATの独占の廃止決定的?◇

国際回線を独占しているCAT(Communications Authorithy of Thailand )の回線独占廃止が求められている。 政府はすぐにでもTOT(Telephone Organization of Thailand) にサービスを認めるべきと主張。 タイ開発調査局も同じ考え。 CATの独占により、プロバイダーは他の国より45%高い料金を支払わなければならず、通信料金の値下げの障害になっている(バンコクポスト7/16)。 CAT側は値下げをこれからもしていくので、ネットの拡大には問題ないと主張している。 そういえば、タイには日本のように無制限接続で月2000円のようなサービスはないんだよね。

◇新ドメイン追加◇

インターネット上のアドレスを構成する「トップレベルドメイン(TLD)」と呼ばれる名前が7月4日から2つ追加される。 「.biz」と「.info」で、米商務省が使用開始を認めた。 しかし、手続きの都合で本格的な使用は9月以降になりそうだ。 TLDは、ウェブサイトを区別するURLの末尾文字列。 「.com」「.net」「.org」などがよく知られている(cnn.com)。

日本との違い

プロバイダーとの契約料金は、日本より割高。 日本はつなぎ放題2000円前後が普及したが、タイの場合、時間制が多い。1ヶ月30時間、900バーツが相場。 ただし、タイの場合、固定電話だと通話料金は1回3バーツで何時間でも使える。 つまり、接続料は高いが、通信料は安く済むということです。 接続料も利用者が増えれば安くなるでしょう。

◇ベトナム◇

◇ベトナム、プロバイダー事業の民間開放か◇

ベトナム政府は、インターネット接続事業への新規参加を民間企業に開放をする事を検討中。 16日関係者が明らかにした。同国の接続業者5社のうち、4社は国営、1社は半官半民。 50社が新規参入を申請しているという(cnn.com7/17)。

プロバイダー

◇タイ◇

タイには、20社ほどプロバイダーがある。主なプロバイダーには、下記を参照。 日系のプロバイダー・代理店もあるので希望者は問い合わせるとよい。 尚、各社ともHPがあるので見ると良いでしょう。 日系の代理店では、さくらインターネットがあります。A-Netの代理店。

さくらインターネット
Loxley Information Service, Samart Cybernet Service,
A-Net Internet, Intenet Thailand, CS Internet

◇AT&Tプロバイダー計画◇

アメリカの通信大手AT&Tは、タイでのプロバイダー事業の立ち上げを計画している。 成長が著しいオンライン業界に投資して、タイでの地位を確立したいようだ(バンコクポスト6/27)。

◇日本◇

◇ローミングサービス◇

メールを送受信したり、インターネットにアクセスするにはプロバイダーが必要です。 海外でプロバイダーを利用するには、いくつか方法があります。 最も手軽な方法が「ローミング」です。 ローミングは、海外のプロバイダーと提携して、そのアクセスポイントを利用してインターネットにアクセスします。 「So-net」は月額基本料金内でローミングを無料でユーザーに提供しています。 So-netはGRICのサービスを使います。利用可能国60カ国以上。タイでも使用可。 設定ソフト名:GRICdial(付属CD-ROMに収録) 普通は、「GRIC」「i-Pass」という国際ネットワークを利用します。 ローミング料は、1分20〜30円が多い。 So-netの「とことんコース」2.000円/月、無制限なら、国内、海外で利用できるのでお徳です。私も検討しています。

So-net

◇参考になるHP◇

海外通信マニュアル 海外で通信する際のもろもろについて
旅先通信研究所 旅先でのインターネットについて

高速回線

◇フレッツ・ADSL◇

フレッツ・ADSLを導入しました。これで24時間常時接続。電話代を気にせず利用出来ます。 ただスピードは案外遅くアナログより少し速いだけ。これじゃ、動画や音楽の取り込みには不安があります。 フレッツ・ADSLを利用するには、○LANケーブル○LANボード(デスクトップ)、LANカード(ラップトップ)が必要です。 ただし、LANインターフェースが搭載してるパソコンは不要。 フレッツ・ADSLを利用できる地域はNTT東・西で確認して下さい。

◇試験接続998k bit/sec◇

「速度が遅い」という私のクレームに、電話関係に勤める読者からメールを頂いた。 それには対処法がいくつか書かれていた。その通りにやってみた。 そして、スピードを測定してみた。998kbit/sec だった。このスピードは十分との事。 NTTの交換ビルから遠い場合、200〜300kbit/sec くらいの所もあるそうだ。 「速い・遅い」という感覚は実にあいまいなもの。「遅い」と思ったのは「期待しすぎ」の為だった。

◇光ファイバー8月提供◇

NTT東日本と西日本は28日、光ファイバーを使った家庭向けのインターネット接続サービスで毎秒100メガビットの提供を8月1日から始めると発表した。 提供地域は東京・大阪の都市部で、11月から名古屋、福岡に、来年1月には主な政令指定都市に広げる。

◇ソフトバンク、東めたに出資◇

ソフトバンクは、DSLの草分けで、経営危機に陥っている東京めたりっく通信に出資することで最終調整に入った。 買収も視野に入れている。 東京めたりっくを法人向け、ヤフーは個人向けとするなど両者を使い分ける方針だ(朝日6/21)。

◇ADSL◇

従来のアナログ回線を使い、1Mbps以上の超高速でのデータ通信を可能にしたのがADSL。 今年になりADSLのサポート地区が爆発的に広がり、ADSLブームを起こしている。 ただ、モデムの不足から順番待ち状態が続いている。

◇ヤフーDSL市場8月参入◇

高速・大容量のブロードバンド通信の主役を担うと期待されているDSLサービスで、検索最大手のヤフーは19日、既存業者の半額で、高速サービスを始めると発表した。 通信料金は使い放題の定額制で、DSL料金990円とプロバイダーへの支払い1290円と合わせ2280円に設定。速度もNTTの5倍の最大毎秒8メガビットを実現するという(朝日6/20)。 孫正義さん、気合が入っていますが、本当に実現できるか。 NTTの再値下げも必至の様相。利用者には有難いニュースだ。

◇東京めたりっく経営危機◇

ADSLの草分けの東京めたりっく通信が資金繰りの悪化から経営危機に陥っていることが分かった。 東條巌社長が28日、明らかにした。月1億5000万円の赤字が出ている。 同社は高速ネットサービスで先行したものの、NTT回線の開放が円滑に進まず、サービス拡大が昨年暮れにずれ込んだ。 さらに、本格参入したNTT東日本に利用者数で追いぬかれた(朝日5/29)。

◇CATV1048万世帯◇

総務省の調べでは、CATV(ケーブルテレビ)が初めて1000万世帯を超えた。 世帯普及率は22.1%。5世帯に1世帯の割合。 放送とサービスに加え、高速インターネット、格安で通話できるサービスが加入を拡大した。 4年間で倍増した計算。ネット接続は78万4.000人と1年で3.6倍(asahi.com6/6)。

Internet cafe
インターネット・カフェ Internet cafe

海外でインターネット・カフェを利用してる旅行者は多い。タイの場合、ほとんどの都市にある。 但し、日本語が読み書き出来る所はまだ少ない。 日本語に対応していない店でも以下の方法でホームページの閲覧、読み書きが可能になる。 電話回線はアナログが主流です。しかもLAN接続なので超遅い事が多い。 なので、重いページは画像を非表示にするなどしたほうがいいかもしれません。 メールの利用は、webメールが良いでしょう。Hotmail,yahoo mailなど。 ローマ字ならそのまま使えます。 ローマ字で送信してもらえばそのまま読めます。 日本語でどうしてもやりとりしたいなら、Global IME をインストール。 日本語を画像で変換するサイトがいくつかありますが、重くて実用には耐えません。 ※アジアのインターネットカフェの情報は、「ゴーアジ」のアドレスブックが使えます。

リンク→ゴーアジ→アドレスブック

あなたが利用したインターネットカフェの情報をお寄せ下さい!

タイ王国Thai 香港Hong Kong 日本Japan

■日本語表示法■

Windowsをupdateすることで日本語を表示する事が出来る。 ブラウザーのview →encording → more → japanese install on demand のウインドウが出る→yes をクリック 15分から20分でダウンロード(pc,通信環境による) ダウンロードが成功した時は、encordingを見るとjapaneseが入っている。

■Global IMEのインストール法■ 読み書き、印刷可能

Windows95とInternet Explorer 4,0以上の組み合わせにGlobal IME をインストールすると海外のパソコンで日本語が使える。 Global IMEのインストールは下記に。 インストールには30分前後かかる(PC、通信環境にもよる)
http://www.microsoft.com/windows/ie/features/ime.asp
※ 参照:リンク先の「ゴーアジ」の誰でもできるインターネットの日本語化が参考になります。

◇参考になるHP◇
海外通信マニュアル 海外で通信する際のもろもろについて
旅先通信研究所 旅先でのインターネットについて

■ネットカフェ情報■ internet cafe

タイ王国 Thailand


CATNETカード


◇ドンムアン空港内第1ターミナル、CAT◇

CAT(タイ通信公団)が運営するネットカフェを利用しました。 CATNETカード300バーツが150バーツで購入可。現在プロモーション中との事。 英語とタイ語に対応しています。日本語は読めました。 ブラウザーがIMEではなく特殊なブラウザーです。 スピードはものすごく速いです。ADSLか光ケーブルかと思います。

◇ノーンカーイ◇ Nong Khai

◇メコンゲストハウス◇

メコン川脇にあるゲストハウス。インターネットが出来るパソコンが10台前後。 全台日本語IME導入。10分:10バーツ、30分:20バーツ、1時間:30バーツ。

◇プーケット◇ Phuket

「店名:ケンshop」 Ken Shop patong beach 場所:パトンビーチのビーチロードとサワディラックロードの交差点近くに2店舗。 料金:1分2バーツ、ミニマムあり。

◇クラビー◇ KRABI

◇ツアー&インターネット◇ SAKURA TOUR

イサラー通リにタイ人と結婚した日本人女性がツアー会社&インターネット店「サクラ」を運営。 クラビー在住9年の地元通。 店に行くとオリジナルマップをくれる。

◇ピピ島◇ Koh Phi Phi

【チャオ・コピピ・ロッジ】: A/C,ホットシャワー、テレビ、冷蔵庫 750B。2朝食付。ノンエアコン600. インターネット:1分2B、日本語対応。

◇コサムイ◇Koh Samui Chaweng beach

「Belight Travel」 :チャウエンビーチのビーチロード沿いにある。 店の窓に「日本語でメールが送れます」と書いてある。1分2バーツ、ミニマム10バーツ。 全台日本語使用可。プリンターあり。

■バンコク■ Bangkok

◇マーブンクロン◇

Mar Boon Klong 7th floor. Kukiku.Com の7階に数軒ある。映画館があるフロアです。 「クキック・コム」は日本語を使えます。

◇カオサン◇ Khaosan Rd.

カオサン通りには多くの店があり、日本語を使える店も多い。

■チェンマイ■ Chiang mai

「トラベラーズネットカフェ」Travellers net cafe,66/5 Loikroh Rd.、日本語可、windows2000をインストールしている。 ナイトバザールから歩いて5分のトラベラーズイン(ホテル)並び。

■メーサーイ■ Maesai

国境近くのWang Thong Hotelの隣のビルの2階にある店。By the Wang Thong Hotel. 日本語使用可。印刷可。本業は宝石店。

■ピサヌローク■ Phitsanulok

U Thong Hotel 脇の道を100メートル入ったところに有る。 自分でダウンロードをして日本語を読めるようにした。書込み不可。 バスターミナルからバイタクで2、3分のところでもダウンロードした店がある。 両店とも店名失念。

By the U Thong Hotel Near the bus terminal,but you must take motorcicle taxi. sorry, forgot the cafe name.

■コラート■ Korat

[Nat Net] エアポートホテル横
Nat net:Dejudom.Rd. by the Airport Hotel. 日本語可のPCは2台。

「Hyper net」,Chungphong Rd.
「ゴーアジ」のアドレスブックを見て訪問した。日本語使用可。 チュンポン通りにある。

香港のインターネットカフェ Hong Kong

投稿者:May 投稿日:11/11(土)22:01

あんまり・・・と言うか、全然旅行ガイドブックに掲載されてません。 ちょっとコ洒落た洋服屋さんとかには、置いてある場合もあります。 買い物しなくたって、使用可能です。文句言われません。 しかーし、ほとんどがI-Mac!うわーどう操作すればいいの・・・。 なぜインターネットカフェが普及していないか? それは各家庭にPCが普及しているからなんですね。 ですから街中でインターネットカフェを探すのは、ちと難しいです。 私が今回の旅行で見つけたのは、地下鉄と九廣鉄道の乗り入れ駅 の九龍塘(カオルントン)の又一城(フェスティバルウォーク)と言う ショッピングセンター内です。2軒ありました。 1つは「パシフィックカフェ」と言う、コーヒーショップです。チェーン店 になってるので、他の場所でもやってるかも知れません。PCは4台ありまして、 日本語HPも見られます。ただしダウンロードしないとですが(時間がかかるのです)。 日本語で書きこみはできませんでした(ローマ字でしましょう)。 ここは西洋人の利用が多いようです。みんなメールチェックはマメにしてるのね・・・。 もう1軒は、「ログ・オン」と言う洒落た雑貨屋さんの、店内にあるカフェです。 PCは2台。でもその内もう1台増えるみたいです。 ここは日本語HPを見られますし、書きこみもできます。男の店員さんが親切に アドヴァイスしてくれます(英語or広東語)。私の様なPC初心者でも大丈夫です。 ここには何度も通ったので、しまいには顔を覚えられてしまい、 「コンニチハ〜」と挨拶されてしまいました。日本語を一言も話してないのですが・・・ 地元の大学生の利用が多いです。

日本◇ Japan

◇成田空港◇Narita airport

成田空港では、100円/10分でご利用いただけるコイン式インターネット端末を空港内各所に設置しています。
http://www.narita-airport.jp/jp/guide/service/list/svc_33_t1.html

無線LAN、有線LANで自分のパソコンから接続も出来ます。
http://www.narita-airport.jp/jp/guide/service/list/svc_33_wire.html

◇成田休憩室にパソコン発見◇2000年

今回はノースウエストを利用した。 第1ターミナル内の仮眠室、シャワー室にパソコンが2台。インターネット利用料:30分3ドル。 IT先進国を目指すにしては何とも情けない。せめて10台くらい設置できないものか。 だいたい、今まであることすら知らなかった。Eメールを利用する人は多いはず。 これでは、ますます世界から取り残される。

インターネット電話□Internet Telephone

◇Go2callにトライ◇

PCtoPhone

毎月の国際電話代が1万円から1万5千円もかかる。そこで、ネット電話にトライしました。 アットニフティーの会員かComboの会員向きサービス。私はアットニフティーの会員ではないので、Comboに入会しました。 入会にはクレジットカードが必要です。PC環境はwindowsのみです。 通信料金は、タイ 27円/1分、タイ(バンコク)15円/1分、タイ(携帯)39円/1分。基本料 150円/月。 ただし、1分ごとの課金です。1分1秒でも2分の課金になります。 さあ、これで節約なるか!?

@nifty.インターネット電話

◇通話できない◇

2002年の3月からGo2call のインターネット電話を使った。しかし、9月のある日を境に使えなくなったのだ。 原因は不明。今まで7ヶ月使えたのに、繋がらなくなった。繋がらないのはタイのOne2call で、通常の回線はつながる。 しかし、携帯に接続できなくては意味がない。 FAQによると、ADSLでLAN設定を組んでいる場合は保証できないとある。私の場合、これに該当する。 おそらく通信環境が原因と思われる。

◇復旧!◇

Go2callが利用できるようになりました。原因は携帯電話でした。 実は、NOKIAからMOTOROLAに一時的にSIMカードはそのままで本機を交換しました。 どうやらこのモトローラーが通信できず、元のNOKIAに交換したら通信できました。 ただ、なぜモトローラーが通信不可なのかは不明です。どちらもプリペイド型One-2-callです。

☆☆☆

「インターネット電話」は、電話をかける場合、いったんインターネットのアクセスポイントに電話をかけます。 そこから回線はインターネットに入ってしまいます。 音声はパケットに分割され、再び、電話の受け手の近くのアクセスポイントで音声に戻されて一般の市内公衆回線を出て、相手方の電話機に届くという仕組みです。 詳細はHPで。

◇JENS(株)◇日本テレコム系
問い合わせ先:03-3500-2400 http://www.jens.co.jp/

◇(株)KCOM KDDI系
問い合わせ先:03-5766-9222 http://www.kcom.ne.jp/

ゲーム◇ Game

バンコクの大型ショッピングセンターには、業務用のゲームが設置されている。 1ゲーム10バーツ前後。家庭用ゲームはプレーステーションが主流。 PS2も販売されているが、高価格の為まだ普及していない。 タイの場合、インターネットカフェでパソコンゲームをする者が多い。 なぜなら1時間20バーツ前後で遊べるからだ。 店のメンバーになれば1時間当たり10バーツ前後で遊べるので、学生でも十分利用可能だ。 学校が終わる午後3時から5時頃は店内は学生で賑わう。

◇ゲーセンと化すネットカフェ◇

タイのネットカフェが本来の目的のメールを書く・読む、ウェッブサイトを見る、チャットするではなく、ゲームセンター場と化している事は既に伝えた。 ''コラートThe Mall''の上階のボーリング場前にもゲームセンターが出来ていた。 人気があるのは「Counter Strike」という戦闘アクションゲーム。 ここは全台このゲームをインストールしている。 なかなかリアルなゲームだ。 日本のかつての風景(全台インベーダー)を思い出す。 「Red Alert」というゲームも人気がある。

コンピューターウイルス□ Computer Virus

◇最新のウイルス情報◇

◇新種ウイルス「Sircam] サーカム大流行◇

最近、強力なウイルスが出現しました。世界中に蔓延していますので気をつけよう。 あやしい添付メールには注意!! ウィルス自身のコピー添付メールを無作為に送信するウィルスに新型「TROJ_SIRCAM.A」が発見され、大流行の兆しを見せています。 このウィルスは感染力が非常に強く、メール送信履歴を消してしまうため、感染している事も気づきにくい状態になります。 開封せずに削除しよう(DION)。

詳細は DION のお知らせで。

◇題名:Homepage◇

本文: Hi You 've got to see this page ! It's really cool.
添付ファイル:HTML VBS
以上の内容です。充分気を付けて下さい。私も送られました(-_-;)
情報元:DION

ホームページ作成

ホームページ作成

ネットサーフィンをするのは楽しい。 でも、自分のオリジナルなホームページがあれば、もっと楽しい。 パソコンに詳しくなくてもホームページは作れます。 私がどのようにしてホームページを作ったか。 これを読めばあなたもホームページが作れます!! Windows 98 を使って製作します。 ソフトはFront Page Express です。2000年現在。
※現在はPCはWindows XP,製作はIBMのホームページビルダーver8を使用しています。

準備編 製作編 周辺機器 サーバーに転送 オリジナルドメイン あなたにぴったりのコンテンツは?

準備編(1)

ホームページを作るには、ホームページ作成ソフトを使うかHTMLを記述する方法があります。 私は、Windows 98 をupdate してフロントページ・エクスプレスを使いました。 IBMのホームページビルダーやフロントページ2000という市販している高機能のソフトもあります。 私はインターネットからのダウンロードなので無料です。

■準備編(2)

ホームページ作成するのに本を3冊買いました。

◇はじめてのホームページ製作 工学社 1900円+税
◇ホームページを作ろう ローカス 552+税
◇My ホームページを作ろう!! 技術評論社 1180円

1冊だけでも作れますが、やはり何冊か読んだほうが良い気がします。

■準備編(3)

■テーマを決める

タイに関するホームページを作るつもりでした。 ただネットサーフィンをすれば分かる通り、タイ関係のホームページは多数存在します。 特に旅行記が多いようです。 一番初めのタイトルは、「タイ王国楽園情報」といいます。 コンテンツは、タイの地域情報、タイ語、国際結婚、リンク、掲示板でした。 しかし、これではありきたり過ぎる気がしていました。 どうせ作るならユニークなサイトを作りたい。 ならば「タイに住む」ということをテーマにしてはどうか。 こうして誕生したのが、現在の「Joeのタイ王国にスミタイ!」です。 コンテンツは、地域情報、長期滞在情報、タイ語、リンク、掲示板。 ただ、タイだけではなく他の地域、つまりアジアの事も扱いたい気持ちがありました。 そして、「勝手にアジア」のコンテンツを作りました。 これでタイにあまり興味がない人も遊びに来てくれるのではないかと思ったのです。 そして、アジア以外の話題も扱う。 つまり、自分が興味がある事も扱いたい。映画、音楽、本なども。 そうして、「文化」が出来ました。 結論としては、自分の好きなことを扱うのが一番!! 自分の好きな事なら更新も苦になりません。

製作編

■トップページを作る

@データを保存する「フォルダ」を作る
A拡張子を表示する
B「フロントページ・エクスプレス」を起動する
Cテキストの作成
 HP作成ソフトを起動する前に@とAは必ず実行して下さい。 後は、ワープロに文字を書き込む要領で文章を作れば良いのです。
Dファイルの保存
 テキストを作成したら、それをファイルに保存します。 左上の「ファイル」の「名前を付けて保存」を選び、「ファイルとして保存」をクリックします。 ファイルは@のフォルダに保存します。

E画像の取り込み

文字だけでは味気がないので、写真やイラストを挿入します。 インターネットからもらう方法とスキャナー、デジカメで取り込む方法があります。 私はインターネットとネット仲間から画像をもらいました。 イラストは、「とむやん君」というサイトを多く使っています。

周辺機器

◇スキャナー◇

画像の取りこみをする周辺機器。使用機器は、キャノンスキャン FB636U。 このスキャナーには、付属ソフトとして、Scan Gear CS-U, Photo Express 2.0SE, Adobe Photo Deluxe 2.0J, e Typist バイリンガル2 、Adobe Acrobat Reader 3.0J が付いています。 慣れるには多少時間がかかります。

◇プリンター◇

使用機器、キャノン BJ F210。シリアルバブルジェット方式。カラー・モノクロ印刷。 個人で使うなら十分です。使い方もとても簡単。初心者でもすぐ使えます。

◇デジタルカメラ◇

現在の主流は200〜300万画素ですが、HPに掲載するのなら30万でもOK! カシオLV-10 記録画像 JPEG,記録媒体4MB内蔵フラッシュメモリー。 撮影素子 総画素数31万画素。内臓フラッシュ。 記録画素数 640×480pixels/320×240pixels
出力画素数 記録枚数
640×480 約60枚
320×240 約120枚
入出力端子:USB接続端子

■新しいページを作る

これでトップページは出来ました。ただこれだけではしょうがないので、新しいページを作ります。 いわゆるコンテンツです。このコンテンツが重要なのです。

■リンクを張る

@新しいページを作ったら、別のページにリンクを張ります。
Aインターネットのホームページにリンクを張る。
 私の場合、タイ関連、アジア関連にリンクを張りました。 相互リンクすれば、尚良いでしょう。

■掲示板を作る

実は、私はこの掲示板を先に利用していました。無料のレンタルを使っています。

■アクセスカウンターの設置

当初、カウンターは設置しませんでした。しかし、公開する以上アクセス数は気になります。 どの程度読んでくれる人が居るのか。やはり知りたいですね。 プロバイダーでカウンター・プログラムを用意しているので、それを利用しました。

☆☆☆


これで、ホームページのファイルは完成です。 それではいよいよ公開直前です!!

■ブラウザーで確認する

出来あがったページは、サーバーに転送する前に、自分のブラウザー「インターネット・エクスプローラー」でどのように見えるか確認しましょう。

サーバーに転送

ホームページを公開するには、ファイルをサーバーに転送する必要があります。 私は、プロバイダーのDIONを使っています。5MBまでは基本料金で利用出来ます。 転送するには、Windows 98についている「webウィザード」を使うかファイル転送の「FTP専用ソフト」を使う方法があります。 私はFTPソフトを使いました。当初、フリーソフトの「FFFTP」を使いました。 ただ、イマイチ使いでが良くありません。 そこで、シェアウエアのソフト、「Next FTP」を使いました。 料金は2000円。バージョンアップは無料で行えます。ですから一度払えばずっと使えます。 使いやすいソフトだと思います。特に説明が詳しく初心者でも使えます。 さあ、これであなたのホームページは、世界に公開されました!! ホームページ製作に参考になるホームページは、リンクの「技術系・素材」にあります。

※何か分からない事や質問は掲示板かメールでお願いします。

オリジナルドメイン

オリジナルドメイン sumithai.com を取得しました。「名づけてねっと」というサイトを利用しました。 NTT系の企業です。.com .net .org のドメインが取れます。 現在ホームページを持っていない人でも保管してくれます。将来ホームページを作る人は登録したらいいかも。 プロバイダーの代理公開のページに転送出来ます。 詳細を知りたい人はHPで

名づけてねっと

制作環境◇2000年現在


PC2台:SOTECS273、SOTECM246,モニター17、15インチCRT。 HP作成:「FrontPage2002」。無料の「FrontPage Express」 併用。 スキャナー:キャノンFB636U。デジカメ:カシオLV10。 画像処理ソフト:スキャナー付属ソフト「Photo Express2.0SE」。 プロバイダー:DION フレッツADSLコース。 メルコのルーター、ブロードステーション「BLR=TX4」でLANを構築。

☆☆☆

17インチは画面が大きくていい。17を使うと15は使う気がしない。IBMのホームページビルダーを無料試用版を使ってみた。 初心者にも使いやすそうなソフトだ。ただ、今まで、フロントエクスプレスを使ってきたのでフロントページを購入した。 HPビルダーでも今までのファイルを読み込めるが、「ハイパーリンク」がおかしくなる。 ホームページビルダーが1万円前後。フロントページは17.000円。初心者は「ビルダー」のほうが良いかもしれない。 2台ともメモリーが64MBなのでメモリー増設を検討している。最近メモリー不足の表示が出る。 LANの構築がなかなかうまく出来ずかなり苦労した。ルーターを最新の「ファームウエア」に更新して解決した。 無線LANを組みたいが、しばらく様子を見ている。

◇メモリー増設◇

128MBのメモリーを増設した。6.000円+送料1.000。 フロントページはMS OFFICEの一部のソフトのためか、HP作成時にメモリー不足によくなる。 ハードディスクが「かりかり」いうのはメモリー不足のせいらしい。 そこでメモリーを増設することにした。はじめてパソコン本体を開けた。 配線などでメモリーの挿入はなかなかうまくいかない。格闘する事30分。 なんとか「カチッ」と音がして挿入できた。あとはメモリーの確認だ。 現在64MBなので、128MBを増設すると192MBになるはずだ。 パソコンで確認すると191MB。1MB足りない。 でもまあ、いっか。

あなたにぴったりのコンテンツは? Contents

スタート
タイに関心がある No → 新聞を読むのが好き No → Joe's Bar
↓ Yes ↓ Yes
タイに行ったことがある No → 国際政治に興味がある No → 勝手にアジアコサムイ物語
↓ Yes ↓ Yes
マレーシア・シンガポール
インドネシアに行った No → やっぱりアジアが好き No → 文化
↓ Yes ↓ Yes
タイ語を話せる No → タイ語を学びたい No → 旅行情報
↓Yes ↓ Yes
長期滞在情報 タイ語



サイトマップ 初めての方に 広告掲載について English ブログ TICグループ TOP


Copyright (C)2000 - 2009 joe@sumithai All Rights Reserved.