TOP

sumithai

セクシャリティー

sexuality

ウーマン ゲイレズビアン バイセクシャル トランスセクシャル


□ウーマントラベラー□ Women travellers

女性が旅行する際の注意点について。 特に単独の場合は通常以上の注意が必要です。

□タイ王国□

タイを旅行するには、ひとり旅でもほとんど問題ない。 ただし、深夜や山岳地帯は別で、単独女性の行動は慎みたい。 なるべく他の旅行者と一緒に行動したほうがいい。都会では、特に問題ないでしょう。 タイ南部のムスリム居住地域では、派手な服装(短パン、ノースリーブ)は控えよう。 タイの労働人口の44%は女性。しかも、女性の管理職も珍しくありません。 そういう点では日本より進んでいます。 生理用品は、日系の花王、ライオン、ユニチャームなど各社が日本と同等の物を販売している。 タイ女性は、ほとんどが、ナプキンタイプを使用するので、タンポンは、入手しにくいかもしれない。


□マレーシア・インドネシア□

マレーシア、インドネシアは、国民の多くがムスリム教徒である。なので、ムスリムを刺激しない服装を着るよう気を配ろう。中東ほど厳しくはないが、露出度の高い服はひんしゅくをかう。

ゲイ・レズビアントラベラー
Gay ,Lesbian travellers

ゲイ・レズビアンが旅行する際の注意点や受け入れ度はどうかについてのコーナーです。 ゲイ・レズビアンの一般的な是非などの議論は扱いません。

□タイ王国□

タイでは、ゲイ・レズビアンともに、寛容である。女性の服装をした男性や男性の服装をした女性も多い。 バンコクには、ゲイ向きのクラブ、ディスコもある。 タイの法律では、異性、同性を問わず15才未満の者との性行為は、合意のうえでも罪に問われるので注意。

カトゥーイ トムボーイ

□マレーシア・インドネシア□

両国は、ムスリムの多い国なので、ゲイ・レズビアンには居心地は良くないだろう。 異性間でも、未婚の男女は制約を受ける国柄である。 思慮深い行動が望まれる。


バイセクシャル□ bisexual

両性愛。異性・同性を性愛の対象にする。本来同性愛嗜好であるが、社会的な配慮から異性と結婚しているケース。 また、本来異性愛嗜好だが、環境(学校・兵役)などにより同性愛で代替するケース。 あるいは、本質的に性別を問わずに好きになる相手を性愛の対象にするなど様々な形態がある。 したがってバイセクシャルといってもその嗜好は各ケースにより異なり一括りに論ずるのは難しい。 有名人では歌手のマドンナ・女優のアンジェリーナ・ジョリーが公表しています。

Transsexual
◇性転換手術◇ Transsexual

日本でも性転換手術が合法化されたが、タイでは20年以上前から行われている。 バンコクにあるバムルンラード病院付属のの「バンコク性転換手術センター」は有名だ。 手術の実績も豊富なので安心? 他にはプーケットに、Phuket Plastic Surgery Center がある。 両方ともにホームページがあるので興味のある方はどうぞ。 「バンコク性転換手術センター」は日本語バージョンもある。

Bamurungrad Hospital English、日本語
Phuket Plastic Surgery Center English

◇関連サイト◇

健康管理 タイの社会

セクシャル情報マガジンプレゼント!

⇒サイズアップ・ペニス増大商品の詳細・購入はこちら!

Back