【 がんばれっ!脳性まひの子猫 ひふみちゃん No.188のご紹介♪

保護してから、一年半が経ちましたが、殆ど大きくなっていません。
発情が来ないので、麻酔のリスクを案じて、不妊手術は行っていません。
食事・給水・トイレに、以前より補助が必要になっている為、
募集は一旦休止いたします。
 2007.7


< No.188 >
  ひふみちゃん

プロフィール

【年 齢】  2005年11月生まれ(推定)

【性 別】  女の子

【毛色・柄】 キジ白 ウサギみたいなお耳

【特 徴】  しっぽ中途半端な2回曲がり  

【健康状態】 良好 
        ノミ駆除・駆虫済み
        トイレしつけ済み・ワクチン2回済み
        不妊手術については・・・
        脳へ負担を考慮し、獣医師との
        相談の上、考えていく予定。
        ウィルス検査は、まだしていません。
        ご希望があればいたしますが
        費用の負担については、
        保護主さんと交渉・ご相談下さい。
                        
【性格】   結構、遊び好きの勝気な性格ですが
        抱っこも好きで甘えんぼさんです。
        他の猫とも上手くやっています。
        脳性まひの為、上手く歩行が出来ませんが
        自力で食事、排泄が出来ます。
        但し、下手なので、時々汚してしまいます。
        完全室内飼いであれば
        生活自体に支障はありません。
                               
【保護先】  東京都大田区 
        ( 孤児院み〜ちゃんち )

【掲載日】  2006.1.10


脳性まひっ子、何匹目?
ひぃ、ふぅ、みぃ・・・と数えていて
ひふみちゃんという仮名になりまちた。

【 保護に至った経緯と経過 】

2005.12.9 以前から気になっていた野良猫の多く住む雑然としたお家の庭。
同年の春から夏にかけて、この近辺で子猫の発生や破棄が多数あり、ペットフード屋さんに
駆け込み寺の如く持ち込まれて、大変困っていた。手分けして育て里親探しをしたが
何処が元凶になっているのか調べていた所、保健所への相談もあり判明した。
近隣の苦情も多く、ノミ・糞尿・悪臭とオンパレード・・・この寒さでもかなり臭っていた。

低料金で不妊手術をしてくれる病院に、キャンセル空きが出たので
他の現場と合わせて、捕獲をしようと出向いた。狭くごった返した庭で奮闘していると
餌の匂いにつられて、子猫も出てきた。まだ1.5ヶ月くらいだろうか?
一匹、おかしな動きの子がいる。歩いては倒れ、また歩いては倒れて中々進まない。
もしや、また・・・。と嫌な予感がして抱き上げてみると、物凄い暴れて引っ掻かれた。

ま、とりあえず捕獲が先と言うことで、後回しにしておいた。
そうこうしている内に、家人が仕事から帰ってきたので話しが出来た。
のっけから、近所の悪口と今までの経緯をマシンガンの様に聞かされた。
捕獲をしようとして某愛護団体にも相談したが、貸し出す捕獲器がないと
断られ、近所や保健所には餌をやるなとかハウスを撤去しろと言われる。
子猫を里親にも出してきたと言ったが、実は、これから公園に捨てに行くと言って
無理やりフード屋に置いていった張本人なのだ。その子猫は、膿胸というやっかいな
病気持ちで、預かった人は大変な思いで治療をし里子に出したと聞く。

話が長くなり、暗くなってしまったので、一匹だけ捕獲し、例の子を保護する為に
キャリーバックを借りた。私がやるからという制止も聞かずに子猫をつかんだので
嫌というほど、手を噛み付かれ、引っかかれ流血騒ぎになってしまった。
後日、引き続きの捕獲の約束と苦情側・保健所への報告をしたら、
皆さん少しは分かってくれた様で、この難解な家人も手紙とカンパをくれた。


▼ 寝る子は、育つっていうでしょ(*^_^*) あ、寝てる時は、立ち耳じゃないのね。

▼ ほら、お水だって一人で飲めまちゅよ(~o~) 実は後ろ側の柵にもたれ掛かっているの。生活の知恵だねぇ。
▼連太郎兄ちゃん・ぽんず兄ちゃんと一緒に・・・まさに花より男子!ひぃちゃん、やるなぁ〜(^_^;)

保護時、風邪を引いてガリガリ、ノミだらけ、あの庭の匂いがこびり付き、なかなか取れなかった。ヴヴ〜(>_<)
月例は1.5ヶ月以上だろうに、極度の栄養不足と環境の悪さで、体重は400gしかなかった。
風邪の治療で通院。1/1に、便に虫が出ていたので一回目の駆虫薬投与。翌日も見事に虫が出た。
風邪は、何度かぶり返し、現在も目ヤニが出ているので投薬中。これから、ワクチンや不妊については
脳に負担が掛かると怖いので、先生と相談しながら考えて行く予定です。

とりあえず、初年度のワクチン2回は無事済みました。
少し、涙の量が足りない様で、目ヤニが出てしまう為
ドライアイ防止の為、一日2−3回ヒアルロン酸系の目薬を差しています。

中途半端に餌を与え、事態を悪化させている人ほど、目の前で子猫が死んでいっても
野良猫だから、自然淘汰だから仕方ないと必ず言う・・・。

冗談じゃないっ!これは、自然淘汰なんかではなく、人が作った生き地獄です!

孤児院に来て、早一ヶ月。警戒心バリバリで、恐ろしく汚なきゃったチビが、カワイ子ちゃんになったものだなぁ。
怪我や病気、頑なな心が癒えて行く過程は、活動して行く中で何よりも代えがたい嬉しい瞬間です。
少し手をかけてあげるだけで、その生命力は、まるで魔法の様に芽吹いて変わるのですよ!
生活にも馴れて、ハンディを抱えながらも一生懸命工夫しながら生きています。
えらいぞっ!ひぃちゃん!お利口さんだっ!



普通の子より、手が掛かるかもしれません。
今の所、無事に育ってくれました。このまま症状は悪化しないと予想されますが
今後、成長過程次第なので、絶対とは言い切れません。
勿論、出来る限りのアフターケアをお約束します。
私には、多数の飼い猫や保護猫と野良猫達の為に、まだしなければならない事が沢山あります。

このシンデレラガール、ひふみちゃんを、どんな事があっても愛して下さる方

ご連絡心よりお待ちしております!


縁結びトップへ戻る