今までの仕事 1                          

●テレビ放送さわやかカフエ、リンク      ●画家の絵日記 「一日一絵」●

瀬川明甫のアトリエ TOP
★80回記念国展
今までの仕事1
今までの仕事2
今までの仕事3
アトリエ散歩1
アトリエ散歩2
アトリエ散歩3
My実験室1
My実験室3
挿絵
展覧会案内
メモリアル個展1
新聞評
雑誌評 雑誌特集
メモリアル個展2
スケッチブック1
スケッチブック3
瀬川明甫おもしろ絵画展
絵トセトラ
2005予定
★展示1
展示2
★20回記念晨春会展
★さわやかカフェ
ミニギャラリー
画歴

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ステージ第80回国展

「ステージ」 164cm×164cm /2005

  「エピローグ」486cm×194cm 1989
左から右、右から左へと折り返し連なる人の流れに、決して戻る事のない時の流れの非可逆性を表現しエピローグ(終章)と名ずけた

「流転」 130号  彫刻の森美術館蔵

第29回安井賞展に出品し、私の2回目の賞候補となった作品です、どどまる事
のない命の流転を描こうと思いました。とても時間がかかりましたが満足いく
まで描けた作品でした。此の作品は其の年の安井賞展の佳作賞をとられた独立
美術会員の福島瑞穂さんの作品とともに彫刻の森美術館に収蔵されました。作
品は彫刻の森美術館と美ヶ原美術館を行ったり来たりしているようである。