XMASの TDRに初上陸



クリスマスのTDRに初めて行って来ました



去年は行ってなかったし、のすが子供料金で国内移動できるのも今年限り、となると、やっぱり行っとかとな・・・と約2年ぶりに TDRに行く事にしました。
前回。前々回はハロウィンの時期だったので 今年はXmasの時に行きたい、でも寒いの苦手、と言う事で、時期はXmasに入れ替わった最初の土日に決定。
前二回の体験を踏まえて、交通機関は往路バス復路新幹線の「ドリーム号&ひかり」
ホテルはホテルサードニクス東京に 決めて 10月半ばに予約をしました。
(ドリーム号は結構人気が有るようで、既に二階席では並びで取れないため、今回は一階席になってしまいました)

一日目

ドリーム号は灼熱地獄?

23時発のドリーム号で東京へ。私達の席は一階の一番前だっので、足元も他の席よりさらに広々して「これはええ感じやん」と思ったんですが・・・
バスが動き出すと、二階よりも 振動がモロに伝わって来る事が判明、「やっぱり二階席の方がええなー」と思いました。
振動で寝苦しいのに耐えつつ なんとか寝入ったのですが、時間が経つにつれて、今度は異様に暑くなってきました。どうも 足元から熱風が吹いてくるなーと、下を探って見ると、私の席の真下にヒーターがあり そこから熱風が吹付けてる事が判明。

「暑い」と言いに行こうかと思ったのですが、高速を運転中の運転手さんに話しかけて良い物かどうか腰が引けてしまい、来ているものを脱げるだけ脱いで、靴下も脱いで、毛布も剥ぎ取って、必死の思いで辛抱しましたが、おしまいには足をシートに下ろしているのも辛いくらいに暑くなり、かなり悲惨な状況でした(結局あと一時間と言う所で辛抱も限界に達して、運転手さんに「足が下ろせないくらい暑い」と文句を言ってヒーターを切ってもらいました)
去年のバスに比べると格段に居住性の良いドリーム号なんですが、今回は疲れました(-_-;) 夜行バスもうイヤかも。


二日目

TDRに到着

前回ドリーム号でインパした時にはパークオープンが9時だったので、パークのゲート前で持参の朝ごはんを食べましたが、
今回はオープンが8時、しかも初日がシーなので、ランド前からの移動もあるので、到着してからでは朝ごはんが食べられないだろうと、バスの中で朝食を済ませ、荷物もロッカーに入れる分とパークに持ち込む分を仕分けして、万全の体制でTDRに到着。

開園の40分くらい前の到着だっので、ランド前は既にすさまじい人出。
これはシーも混んでるだろうと 焦り気味にリゾートラインで シーへ移動しました。
シーに到着してみると、ランドよりは遥かに人が少ない「ランドの方が混んでる」という噂は本当だったようです。

10分ほど待っただけで無事に 中に入れて 先ずはインディジョーンズに向かいました。


インディジョーンズ
Fパス 一枚目


スタンバイ 10分
朝一番にFパスを取った後で スタンバイエントランスを見ると「10分」の表示。
思わずそのままスタンバイエントランスをくぐってしまいましたが・・・ 一枚目のFパスで 9時45分〜と早い時間の指定だったので、立て続けにインディばかりに乗る事になってしまい、ちょっと失敗でした。

前の二回の時も 二度乗りしてるので 今回で6回乗った訳ですが 正直 動き自体にそれほどスリルが有る訳ではなく、「インディジョーンズの世界に飛び込めて感激」と言うストーリー性の強いアトラクなので、何度も乗るうちに 少し飽きてきました。
ストームライダースタンバイ10分
(事実上は前の上映終了待ちのみ)
こちらも 二度乗りこそしていない物の、来る度に乗ってるので さすがにはじめの感激はうせて来ましたが、やっぱり「良く出来てるなー」と感心はしてしまいます。
ヴェネッィアン・ゴンドラスタンバイ40分前回何度も様子を見に行きながら、ショーによる休止などに阻まれて 体験できなかったゴンドラ。
今回は 前回の轍を踏まないように 午前中に行きました
のす好きのするアトラクでは無いので、40分待ち時間の間 のすにブチブチと言われましたが、ゴンドラの上から見るシーの光景は格別。
のすに ブチられながら待った甲斐がありました。
センター・オブ・ジ・アースFパス 2枚目 これは インディと違って最後のところが スリルが有るので 何度乗っても飽きません。今のところシーで一番面白いと 私は思います(新しいコースターが出来るまで)

Fパスで昼過ぎに乗った後、のすが二度乗りしたがるので 何度も様子を伺ってましたが、ずっと90分待ち位が続いていて「無理やなー」と言ってたんですが
「花火の直後なら空くかも」と 岩の中に入るギリギリ手前で花火を見てから 走って行ったら30分足らずの待ち時間で 乗れました。
前にも思いましたが、このアトラクは夜に乗る方がより 面白いです。
海底二万マイルFパス 3枚目
前に乗ったときは「今イチわからんアトラクやなー」と思ってましたが、今回席が 正面向きの場所だった事もあってか、前より 海の中の光景がしっかり見えて、「意外とおもろいやん」と 評価が変わりました。
シンドバッド・セブン・ボヤッジ
スタンバイ10分
ブラッシーモとキャンドルライトの間の時間つぶしに 空いていたので乗りました。
人形の動きが良く出来てるなーと 思います。 カリブみたいに一度だけでも 落ちる所があればなー・・・・
フォートレス・エクスプロレーション    のすが「模型の船を動かすコーナーに また行きたい」と言うので 迷路のような建物を探し回りました。
模型の船を動かすのは一回100円也。
トランジット・スチーマー・ライン スタンバイ5分〜15分 どの時間帯でも 空いていたので、移動の手段として 4回ぐらい乗りました。
高い位置から見るシーの光景は 何度見て綺麗です。特にアメリカンフロントに入って行くあたりの景色は、本当に一昔前のアメリカの街を見ているようで、良い感じてす。
というわけで 一回だけ乗るなら ポート→アメリカ 方向がお勧めです。
ミスティックリズム       初鑑賞。例によってギリギリの時間に入ってたので、あまり良い場所ではなかったようです(このショーは前寄りが 見え辛いエリアのようで 後から入ると前方の席になりました)
ちょっと WDWのライオンキングのショーに似た感じ(だいぶん 小粒ですが)
キャラ色は まったく無く ちょっとサーカス風な感じでした。
ブラッシーモ鑑賞エリア

フォートレス・エクスプローション横
長時間のショー待ちが苦手な、のす家、ブラッシーモも始まる20分くらい前に鑑賞エリアを探しました。
フォートレス・エクスプロレーションの横辺りは 階段状になってるので 後から行っても結構座れます。
今回はなんとなく一番前まで行ってしまいましたが、一番前だと視界に柵が入ってしまうので、少し遠くても階段の半ばあたりに座れば良かった・・・

今回シーの最大目的がこのショーだったのですが、想像を遥かに上回る素晴らしいショーでした。
良くぞこんなショーを考えて、それを実現させたものだと ほとほと感心しました。ディズニーってやっぱりすごいですね。
キャンドルライト・リフレクションズ
花火
鑑賞エリア

ミステリアスアイランドに向かう道
メディテリニアンからミステリアスアイランドに向かう道は、湖から奥に向かって標高差が有るので、遅くから行っても 遠目では有りますが、綺麗に見える場所が開いてました。
湖の上を 大小のツリーの形をした光が すいすいと泳ぐような感じで 動いていく様子は、とても幻想的で うっとりしました。
花火は 終了後センターに向かうために さらにミステリアス寄りに 移動して 岩に入るギリギリ地点で鑑賞しました。


ミラコスタで ランチ

今回の旅の唯一の「贅沢ポイント」がミラコスタ「 オレチアーノ 」のビュッフェランチ。
大人3500円 小学生2500円 とちょっとお高めですが 他が節約モードなので、一つくらい贅沢してもバチは当たらないだろうと 予約しました。
2時半からの ウォーターカーニバルを ホテルのテラスから見たいので、そこに合わして 1時30分からのプライオリティシーティングを電話で予約しました。

ビュッフェの内容は さすがに ランチで3500円だけあって 目の前で 作ったり・切り分けたりしてくれる コーナーが 三ヶ所( マグロの釜焼・タコス・パスタ) 料理も デザートもとても種類が豊富だったし 味も良かったです。
料理は 和食(ミッキーの顔の巻き寿司も有り)も有りの幅広いラインナップ。特にデザート類が豊富で あれこれ目移りしてしまいました。

ちょっと キビシかったのが 食後のコーヒーが別料金な事。ビュッフェの料金だけでも 「清水の舞台」 その上、 やっぱり 美味しい料理には アルコールが欲しいから ビール小瓶で800円で 又「キヨブタ」 さらに コーヒー500円、 早々何度も飛び降りばかり出来ないので、コーヒーは我慢しておきました(原価は安いものだから、サービスにしてくれたら うんと感じが良いと思うんですが・・・関東では 別料金が普通?)

ショーの鑑賞

さて ある意味ミラコスタ ランチの 主目的「バルコニーからショーを高みの見物」
イメージ的には「場所取りをして 必死でショーを見ている 民を見下ろし 私はバルコニーから高みの見物 ホホッホッホー」 だったんですが・・・実際には、こんな感じでした。

まず バルコニーの開放時間なんですが、事前情報では ショー開始20分前 と言う話も聞いていたのですが、実際には5分前に開放でした。
ウェーターさんがちらっと 時計を見たりして「あっそろそろや」と分かるのですが、いかんせん場所が場所なので、バルコニーの扉前まで勝手に移動して待つ訳にはいかないし、「どうぞ」といわれても 走るわけにも行かず。
良い場所を取るためには もともとの席が バルコーニーの扉近くである事が 必須のように思いました。

私たちは 結構奥の方の席だったので バルコニーの一番端っこしか開いておらず、 柱が視界を遮るので 背伸びをしないと見えにくい場所での見物となり 高みの見物という雰囲気ではありませんでしたが、それでも 事前の場所取りもなく 特等席での ショー見物が出来て 満足でした。

ショーの終了後 席に戻ると ウェートレスさんが「良かったら 又 食べてくださいねー」と言ってくれたので 、又 食べ直しをして、結局 ほぼ2時間滞在しました。
食べて ショーを見て 又食べて のんびりと過ごして バス旅の疲れも取れたし、夕食がほとんど不要なくらい おなかも満足で、料金分以上に 値打ちはあった ランチだったと思います。


その他食べたもの

ギョーザドッグと浮き輪マン
ギョーザの方は 昼食の時間が遅めだったので、朝ごはんとの繋ぎに、 浮き輪の方は 昼に食べ過ぎたので 非常に軽めの夕食として 食べました。
ギョーザの方が有名ですが、私の感想としては 浮き輪の方が美味しかったような・・・・

ココナツポップコーンとストロベリーポップコーン
夜のショーを見ながら、ココナツを食べたら すごく美味しかったので、 パークを出る前にストロベリーも購入(本当はアップルが目当てでしたが、時間が遅くて売り切れでした)
ストロベリーは なんと言うことの無い味? ココナツの方が好きでした。


今年もホテルは「サードニクス」

今年も 前回と同じく 「ホテルサードニクス東京」に泊まりました。
インターネット予約で シングル8400円 朝食付き(ベッドは140センチサイズ 添い寝の小学生以下は無料 朝食代 別途500円)
二年前に比べて のすがかなり 大きくなり 私と同じくらいの大きさになってしまっているので、ダブルサイズでも添い寝はしんどいかなーと 心配してましたが、疲れて爆寝だったことも有ってか、ぜんぜん平気でした。
前回同様 無料宿泊の子供の分までちゃんとアメニティが入ってるのが うれしい心遣い。

後の食事をするレストランが、改装されて 居酒屋になっており、朝はそこが朝食会場になってました。
朝食の内容は トースト コーヒー スクランブルエッグ ハム類(日替わりの一種類 ) オレンジジュース サラダ  
豪華では無いけれども、充分な内容の朝食でした。

二度目に泊まって 見ての感想   「やっぱり このホテルえーなー」 byのす でした。


三日目

ランド恐るべし

行く前からランドは混んでると 色々な人に聞いていたし。昨日の朝も7時過ぎと言うのに ランド前には黒山の人だかりが出来てるのを見ていたので、本来なら ホテルを6時半くらいに出たいところでしたが、さすがにしんどいし、ホテルの朝食も7時から開始なので、6時半起床 7時20分くらいに ホテルを出発、ランド到着は 8時前と言う事になりました。

舞浜駅に着くと 既にすごい人出になっていて、みな我先にランドの方に歩いて行きます。
私たちもリゾートラインに乗っていては、ますます出遅れると思って、徒歩でランドへ向かいました。 
8時15分前くらいに ランドに到着した時点で、既にゲートオープンを待つ人の列がリゾートラインの駅舎前まで 迫ろうとしていました。ランド・・・恐るべし。

バズのFパス

8時20分位に、中に入ることが出来て、とりあえずは バス・ライトイヤーのスペーストレジャー・スピンの Fパスを取りに行きました。
パークを入って右手方面には「シンデレラ城前でのショーの席の抽選会場」 「バズ」「プー」と人気アトラクション&ショー関連が集まってるためか 大量の人がどどどーっと 走って行きます。

私たちもその中に混じって 「バズのFパスはどこやー」と 走ったのですが・・・・この時点で既にえらいことになってました。
バズのアトラク前にあるFパス発券機の所から 列が延びているのを見つけて 「ここや・ここや」と並ぼうとしたのですが 、何処まで列をたどって行っても 最後尾に行き当たりません「どないなってるんやー」と 小走りに 行けども、行けども 列が途切れません。
なんと バズのFパス列の最後尾は 8時30分過ぎの時点で トゥーンタウンの端っこまで延びて、40分待ちと言う事態になってました。

「フロリダで乗ったし もうあきらめよか」と 一瞬弱気になりましたが、ここまで走ったのが 無駄になるし、やっぱり乗りたいので 列に並びました。
途中でのすが 「今やったらスタンバイの方が早いんちゃうん」とか言って 偵察に行きましたが、その時点で既にスタンバイは 90分待ちだったそうです。

列の途中から Fパス列と平行して ソーダ味のポップコーンの列を発見。二人で並んでも 意味無いので、のすをそちらの方に並ばせて、さらに並ぶことしばしで 無事に 12:45〜のFパスを取ることが出来ました
(実際には発券まで40分はかかりませんでした。逆にそれほどでも無いように思ったポップコーン列の方が進みが遅くて、バズのFパスを取り終わってから、さらに10分くらい並ぶ羽目になってしまいました。)


ちょっと失敗?

バズのFパスも取れたし、なんとか ソーダ味のポップコーンも買えて、一仕事終えた気分で、ポップコーンを食べながら 歩いてると ミクロオーディエンスがスタンバイ10分となってました。ちょうと並んでる間にポップコーンも食べ終えられそうだし、これ入ろうかと そのまま ミクロオーディエンスに吸い込まれて行ったんですが・・・正直これは失敗でした。


ミクロは大箱なので この後もそれほど混まず、いつ行っても大丈夫そうだったので、ここは 朝の貴重な時間を有効に使うためにも、三大マウンテンのどれかに スタンバイで乗るべき場面でした。
中途半端にミクロに入ったために、その後に行って見ると、ビッグサンダーは既に80分待ち状態。
次のFパスを取れる時間とのからみで、中途半端に時間が余ってしまい、 これまた何時でも入れる カントリー・ベア・シアターを見て Fパス解禁までの時間を過ごし、結局 バズのFパスから 次のFパス解禁までの二時間を ミクロと カントリーベアで 終わってしまいました。 (朝は Fパスの後 そこそこ人気のアトラクションにスタンバイが 鉄則ですね)

カントリーベアの後 一番先にFパスのなくなりそうな ホーンテッドマンションへ。
バズの例があるので、並んでるうちに時間が過ぎるでしょうと 結構早い目に列に並んだら、あっと言う間に 発券機の前に至ってしまい、 仕方なく発券機の後ろに座って時間をつぶす事になってしまいました。 ともかく 無事 ホーンテッドの 4:15〜のFパスを手にする事が出来てました。

無事 Fパスを取ったら 時間は既に11時。クリスマスのパレードが近づいてくる音がするので急いで クリッターカントリーの スプラッシュに向かう坂まで移動しました。
坂の少ないランドにあって この場所は後ろの方からでも障害物なしに パレードか見れるので、場所取りしない派には 結構穴場かも(ただし遠目にはなりますが)

今回体験したアトラクション&ショーの感想


バズ・ライトイヤーのアストロブラスター
Fパス 一枚目
なんと言って今回のランドで一番見たかったのがコレ、WDWでは 5分と並ばす入れたのに 東京ではえらい事になってました。
中身はWDWと同じ 今回はシューテングの成績はのすの大勝で のす機嫌良しでした。
別シューティグせずに 乗っているだけでも大満足のアトラクだと思います。
ホーンテッドマンション
(ホリディ・ナイトメア)
Fパス二枚目
2005年1月10日まで限定で ホーンテッドマンションが「ホリディ・ナイトメア」バージョンに変わってます。
と、言いながら 私は ホリディ・ナイトメア の映画は知らないのですが、限定で大人気と聞いたら 体験せずにはおれません。
見た 感想は「良くぞここまで、変えたなー」でした。ホーンテッドの建物を利用してますが、最初から最後まで まるで別物になってました。
いつものホーンテッドより 綺麗で 私はこっちの方が好みでした。
ミクロ・オーディエンススタンバイ10分10分につられて入りました。
面白かったけど、こういう系のアトラクの定めとして・・・やっぱり もう飽きました(ごめん)
カントリー・ベア・シアタースタンバイ0分 ミクロの後 人気アトラクは既に結構な待ち時間になってしまい、次のFパス取りとの兼ね合いで、すぐに入れる コレに入りました。
絶叫系が好きな私には、珍しくこのアトラク 結構好きです。今回は初めてクリスマスバージョンが見られて、良かったです
ビッグサンダー・マウンテンFパス3枚目 さすがに混雑日とあって、午後に取りに行ったら、Fパスの時間が既に 6:15〜になってました。
もう、何度も何度も乗りましたが、コレは飽きないです。何度乗っても やっぱり楽しい ビックサンダーでした。
スペース・マウンテン Fパス4枚目 「今回は、スペースマウンテンは無理やで」と言ったんですが、のすが 「どーしても乗りたい」と言うので、念のためにFパスの時間を見に行くと 6:35分〜になってました。
今回の新幹線のチケットは ひかり限定のため 最終が8:10東京発なので、まあ最後にスペースマウンテンに乗っても、何とか帰れそうなので、結局乗りました。
結局今回も 3大マウンテンは制覇です。
スプラッシュ・マウンテン スタンバイ90分 さすがに何でもかんでもFパスと言う訳には行かないので、コレだけは覚悟を決めて並びました。
可愛さとスリルが両方味わえて、何度体験してもやはり楽しくて、90分並んでも ハラが立ちませんでした(~o~)
クリスマス・パレード鑑賞エリア 
スプラッシュに続く坂
遠目からでしたが、障害物もなく 充分楽しめました。
XmasとDisneyは 相性ばっちりですね。


イクスピアリでお昼

ランドのレストランは何処も混んでるだろうし、お昼ぐらいは 落ち着いて食べたいので、計画当初から お昼は イクスピアリで食べようと決めていました。
色々なお店があって 迷いましたが、某掲示板での色々なご意見を参考に レインフォレストカフェで 食べることにしました。
パークを出る直前くらいに 今から行きますが 「予約できますか」と 聞いたら、「予約はムリだけと今の時間帯ならすぐにご案内できます」との事でした(12時前だったので、行って見たら結構空席のある状態でした)

店内はジャングルの様になっいて、猿やらゾウやら色々な動物の動く人形が居たり、大きな水槽に熱帯魚が泳いでいたりで、楽しい雰囲気でした。
食事の方は 一皿が大きいと聞いていたので、のすと2人で サラダ一つ  ピザ一つ デザートをオーダーして、量的には丁度ぐらいでした。
お味の方は 「可も無し不可も無し」が私の感想。一回行ってみるのは楽しいレストラン・・・と言う所でしょうか。

その他食べたもの

ポップコーンソーダ味
甘系のわりにはあっさりした味で美味しかったです。又食べたいです

ポップコーンカレー味
新発売と聞いてのすが非常に食べたがっので、並んで買いました。
歩きつかれるパークでは 甘系の方が美味しく感じました。カレー味は家でビールでも飲みながら食べた方が合うような・・・・

ティポトルタ
夕方に疲れてきたので、何か甘いものをと 購入しました。 細長いパイの中に 林檎の甘く煮たようなのが入っている食べ物でした。買いたてを食べたので、ほんのり温かくて、なかなか美味でした。

この日は ギリギリまで アトラクションに乗ったりしていたので、パークでは夕食は取れず、結局 夕食は 東京駅のコンビにで買ったおにぎりになってしまいました(ーー;)

夢の終わりはバタバタと
当初二日目は 5時位にパークを出て 家に10時前には到着するように帰るつもりだったので、特にひかりの時刻も調べずだったんですが・・・
ビックサンダーと スペースマウンテンのFパスの加減で 結局 最終のひかりの 20分前くらいに 東京駅新幹線乗り場前に到着と言う  本当に綱渡りのような スケジュールになってしまいました。

パークから 新幹線乗り場前まで わき目もふらず 必死で移動したので 最後は夢の国の余韻も何処へやらになってしまいました(結局 何処に言っても 弾丸親子です)


次は有るのか
初めて Disneylandに行った時には まだ二歳で ミッキーが近寄ってきたら 怖がってべそをかいていた のすも 既に 12歳 来年中学生になったら 国内移動も 大人料金だし、 サードニクスでの無料添い寝も出来なくなります。

それ以前に だんだん 「お母さんと 出歩くのはカッコ悪い」と思うお年頃になってきました。
今回の旅でもはじめのうちは 「学校が色々忙しい時期に旅行なんて・・・」と若干不機嫌モードだった事もあり「だいたい おかあさんと って言うのが イヤなんや」なんて 言われてしまったし(−−〆)
DISNEYMAGICのおかげで 帰るときには 「又 来ような」という話にはなりましたが、実際問題として のすともう一度来る事は有るのかどうか・・・・

まあ ともかく これが最後だとしても そうでなかったとしても 初めてのXmasのディズニーリゾートは とても楽しくて、 ちょっと早いクリスマスをしっかり楽しめました。