子連れ海外旅行の進め のすママのホームページ

Guam 夫婦旅

自分C型肝炎治療15週目


旅行とは関係の無い話ですが、実は30代半のころに c型肝炎ウイルスのキャリアで有ることが判明 大きい病気をしてないから おそらく小学生の頃の予防注射の時の回し打ちが原因と思われます。
その時は特に症状が出てない 無症候性キャリアという事で、そのまま特に何もせずでしたが、昨年数値が悪化して来ていて、そろそろ治療を始めることになりました。
新しい ソブリアード と言う薬が使えるようになるのを待って、2014年2月治療開始。週一のインターフェロン注射と 一日二回の飲み薬とで24週治療に当たることになりました。

そういう訳で、この時は 普段の半分も体力が無い状態での旅、文中出て来るHPと言うのは 体力の残りって事です

さて、そのような状態なんやし、大人しくしていれば良いと言うものでしょうが、それが出来なくてこその自分 (笑)
注射翌日はしんどいので 金曜発で 4日か5日で行けるところ、薬飲むのがややこしくなるんで時差が少なくて、衛生状態が悪くないところ・・・と諸々検討の結果 デルタのマイレージで特典券が取れたんで、3年ぶり14回目のGUAMに行くことになりました。





準備



飛行機&ホテル

飛行機は 特典でDELTA 行が 10時発で2時40分着 帰りが16時50分発19時半着と イイ感じの発着時間

とりあえず 普通エコノミー席で座席指定してたんですが、行く前日にわりに混んでる事が分かって 土壇場で+2000円のエコノミー・コンフォートに変えたんですが、これが後々の幸運につながりました・・・(後述)

ホテルは王道ハイアットのつもりでしたが、気が変わって シェラトン・グアム・ラグーナリゾートを予約。
場所が中心部から離れてるのは承知の上、今回の旅行はホテル滞在を中心にのんびり過ごそうと選びました。



一日目


5000円でビジネス・クラス

朝の早い飛行機なんで、6時過ぎに家を出て、関空入り。
前日にオンラインでチェックインをしておいたんで、すんなり荷物を預けて終わり、と思ってたら
チェックインカウンターにさりげなく置いてあった手のひらサイズのチラシが目に留まり・・・
思いもかけずこのような展開となりました。
ビジネスクラス、やっぱり楽(∩´∀`)∩


早すぎた?

ふって湧いたように、ビジネスクラスの旅になったんで、気分上々で三年ぶりのグアム入り。
この前San Franciscoに行った時のESTAが有るんで、行列を尻目に専用レーンでさっさと通過
荷物も プライオリティタグが付いてるんで イの一番に出て来きたし、飛行機が若干早めに着いたことも相まって、相当な早さでグアム入国完了。

出口にシェラトンの人が名前を書いたボード持って待ってるはず・・・だけど居ない(笑)  他のお客さんを待ってたシェラトンの送迎スタッフが居たんで、連絡してもらったら すぐに私達の送迎スタッフ登場、「まだやろ」と車で寛いでたと思われ(笑)

送迎の車はピカピカのレクサス、飛行機以来VIPな感じが続いております

シェラトン

15分位でシェラトンに到着。グアムはホテルと空港が近いのも楽ちんなポイント。

スイートルームは シェラトンクラブメンバーズラウンジでのチェックインという事で、フロント隣の別室で手続き。
ここには 常に2~3人の日本人スタッフが勤務しはって、滞在中色々とお世話になりました。

この時点で既にラウンジでは ビールやワイン類等も飲めるので、部屋に落ち着くや否やラウンジへGO
関空の飛鳥ラウンジ→飛行機→部屋のシャンパン→ラウンジ飲み放題 と 朝から酒が大歓迎してくれてましたが、なんとか耐えました(/_;) ビールが飲めない南の島は辛いものが有りました。

シェラトングアムの様子は  ブログ1  ブログ2 にて 

部屋も良かったし、施設にも概ね満足、ただ食べ物が私ら的にはイマイチ(和食の店除く)でした。
タモンエリアなら 別にホテル内の食事がイマイチでも外に出ればアレコレ有るんで良いけど、ここの立地だと近所には余りお店も無いので、もう少し頑張って欲しかった

payless

飲み物等の買い出しに 歩いて8分のスーパーマーケットpaylessへ
タモン地区のホテルと違ってシェランから1キロ圏内の店はここしか有りません。
paylessまでは700m位、住宅地なのでグアムの生活の雰囲気が感じられて、タモンエリアの繁華街よりも海外に来てる感じかも

冷房キンキンのホテルのロビーから外に出たら、夕方とは思えない焦げそうな日差し。いきなり汗ダラダラで「私、この気候の変化に耐えられるんか?」と危ぶみましたが、暑くても海風が吹くと涼しくなるんで、京都の夏よりははるかにマシ、コレがムリなら京都の夏は超せません
ともかく汗ダラダラで歩いてpaylessに到着したら今度は「冷蔵庫かいな?」と思う程の 強烈冷房。
5分も店内に居たら鳥肌が立ってきて、必要なものだけを買ってそそくさと店を出ました。
羽織もの持って来ないと無理(;´∀`) 

  鉄板焼き

買い物から帰って、後はもうホテルの中で夕飯食べて今日はゆっくりする事に決めて、レストランの下見を兼ねてホテルの中を散策

シェラトンは中庭の大半が人口のラグーンになっていて、その先に広がる海とつながって青のグラデーションがとても綺麗。
泳げるビーチは無いけど、ホテル内を歩いていて目に入って来る景色は極上。歩いてるだけで癒されー 

夕飯の取れる レストランは ビュッフェレストランの ラ・カスカッタ  べサイド・BBQ  和食 & 鉄板焼レストラン ザ・プレジデント(日本) の 三か所  ビュッフェはどうせ朝ご飯を食べる事になるのでパスにして、 景色が綺麗なBBQか 味が良さそうなプレジデントか 悩んだ結果  プレジデントに決定  こんな感じ。
良い選択やったようです。


この日はご飯ゆっくり食べて、部屋のジャグジーで露天風呂気分を味わって、終了。シェラトンのベッドは

 「シェラトン・スイート・スリーパーベッド」はすべてに最高のクオリティを追求し、約7500万USドルの研究開発費を投じ、独自に開発したベッドです。ぜひこの究極のベッドで、まるで“天使に抱かれる”ような、いままでにない寝心地をご体感ください。

だ そうで、確かに寝心地良かった(∩´∀`)∩



二日目


朝ごはん&プール&ヨガ

ジジババらしく早起きしてまずは朝食。オーシャンフロントコーナースイート特典で ラウンジか ラ・カスカッタか選べてんで、種類が多そうな ラ・カスカッタの方に行きました、こんな感じでした

次はお待ちかねプール
治療中にあんまり急に日焼けしては皮膚や体調的に良くないのでは?と心配して、ラッシュガード、ラッシュパンツ、日本製肌に優しい日焼け止め、帽子、サングラスと 私にしてはずいぶんな防護体制で向かいましたが、
太陽は暑いけど、水に浸かったり、風に吹かれてたら気持ちええし段々防護体制が緩んで 翌日には「ビキニ一丁」というおぞましい姿で海で泳いでました (;´∀`) 
(真面目な話、4週間前まで飲んでいた ソブリアード と言う 肝炎治療の薬の副作用には「光線過敏症」と言うのが有るそうです、聞いてなかったとは言えなかなかチャレンジャー)

2時間ほどプールで遊んだ後、1人でヨガのクラスに参加。
屋外の屋根のある場所なんで、暑くて具合悪くなるかも・・・と心配でしたが、風が気持ちいいんで全然問題なく、外ヨガめちゃめちゃ気持ちよかった。

街へ

昼ごはんはホテルの外で食べようという事になり、移動する為にはバスのチケットが必要だけど、二日パスは DFSやGPO等に行かないと買えないそうなので、それなら取りあえずDFS無料タクシーサービスを使って、DFSまで行ってそこでチケット買う事にして、一路タクシーで街中へ

シェラトンからタモンエリアに移動すると「街中に来た」という感じ

この前 1人で来た時はDFSには寄り付きもしてなかったんで、5年ブリのGUAMのDFSはなんかデカくなってて、昔の感覚で歩いてたらすっかり迷ってしまい、疲れました (治療中はなぜか商業施設が苦手になってました、閉塞感が苦手)

とりあえず、少々買い物して、パス券も調達したんで、DFSからはさっさと退散 

ハイアットでお昼を食べることにしたんで、ブラブラ歩いてたら 水陸両用車を発見、こんなOP出来てるとは知らなんだ。

ハイアット・虹

のす父お気に入りの ハイアットの和食 虹 で昼ごはん。
到着が遅かったんで、2時のクローズまで40分位しか無いのを承知で入店したので、あせり気味にお寿司・鉄板焼き・天ぷら・デザートと食べまくって来ました。
やっぱり美味しかったし、閉店間際でもちゃんと新しいお寿司を握って次々に出してたのも好印象。
クーポンを持ってなかったけど JCB出したら10%offしてくれました ラッキー(*^^)v

食後は懐かしいハイアットの中をブラブラ、プールの広さとか、前のビーチとかを見ると やっぱりハイアットにしとけば良かったとも思うけど、まあマンネリ感は否めないんで、今回はこれでよかった事にしとこう。

帰りは買ったばかりのバス券を使って 赤いトロリーでシェラトンへ帰還。
グアムの観光客用バス、昔は赤バスと黄バスが走ってたけど、いつの間にか黄バスは無くなって、HISの白いバスと赤バスになってました。
白バスはトロリーじゃなく窓締め切りのマイクロバスで、見た目は赤バスの方が楽しそうやけど、暑いから実は白の方が快適かも(乗ってませんが) でも やっぱりせっかくのグアム、少々暑くても風を感じる赤バスの方がらしい感じではあります

ウザいタクシー

夕方からは のすのお土産を買いにホーネット・スポーツへ
ここへはバスが行ってないのでタクシーで向かいました。
DFSに行ったのと同じ運転手で、DFSに行った時も、射撃行かないかとか何とか勧誘がしつこくてウザかったんですが、今度も 買い物終わるまで待ってる、その後射撃に行かないかと 何度もしつこくてウンザリ。
しかも知ってか、知らずが旧ホーネットの場所に一旦走って「アレレ?」みたいな感じで 引き返して遠まわりされたし
待機料金はいらないと言うけど、待ってもらったりしたら、その後さらに勧誘が煩そうなんで、イランときっぱり断ったりました、
ここの前ではタクシーは拾え無いぞとか何とか ブチブチ言ってましたが、店の人に呼んでもらうか、GPOまで歩いたらしまいなんで( `д´)

ホーネット・スポーツ

三年ぶりのホーネット
お店の様子&買った物のは こんな感じ
時期的な物かもですが、前より自転車関係のアパレルが減ってて、頼まれた靴下とかは無かったけど、名物の$15.9の激安ウエアは健在、自転車プリントのTシャツも$6とか$8で色々有ったんで、のすのお土産一気に調達完了しました。

GP0へ

買い物終わったんで、お店の兄ちゃんにタクシーを頼んだら「10分くらい待って」との由、
10分有れば GPOまで歩けるんちゃうか?と思ったんで 兄ちゃんに聞いてみたら、「僕は歩くの遅いけど10分位」との事なんで、歩く事に。
暑かったけど、ここの道ロングライドの時に走ったのを思い出して、懐かしく思いながら歩てたら 意外とすんなりGPOに着きました。
徒歩10分は 日本だと普通に歩く距離やけど、完璧車社会のグアムでは 歩いてる人ほぼ居ないんで 、トボトボ歩いてると 「流離ってる感」味わえます。
暑いのが有ると思うけど、グアムの人本当に 歩かんし、自転車移動もしないし、そら肥えるで (笑) 

HP終了

せっかく 暑い中歩いて到着したGPO。
お腹が減ってたんで、入り口でシナボン買って ベンチに座って貪り食ってから、さて買い物と意気込んて、まずは ナインウエストで靴を必死で物色してたら、急激にHPが終了。
のす父が水着を見ると言うので Rossに入っても物色する元気も無く、外のベンチにへたり込む有様(/_;) やっぱり弱ってます(治療中なんで当然ですが) 色々見たかったのですが、早々にホテルに戻りました。

戻ったら未だラウンジ開いてる時間だったんで、少し飲み食いしてから部屋に戻り。
しばらくジャグジーで癒されてから、ルームサービスでフルーツ盛り合わせを頼んで、山盛りフルーツを食べたら なんとかHP回復してきました。


三日目


早朝散歩

昨夜早々に寝たんで、早々目が覚め、1人でホテルの中を散策。
ここのホテルは丘の上に建っているので 海に近づく為には、プールエリアから急な階段を降りて行かねばならず、HP節約の観点から海まで降りるのは止めた方が良いのでは?と 頭では思いながらも好奇心には勝てず、結局二か所ある海への階段を両方制覇(ハーハー言いながら)

片方は 降り切ったらゴロゴロの岩場になっていて、ビーチサンダルでは海に触れる所まで行くのは無理
もう片方は 階段から直接海に入れるようになっていて、カヌーを借りた場合ここから乗って、目の前のアルパット島に行けるようになっていました。
チェックアウトの時に聞いたら、ここから直接入水してシュノーケリングして良かったらしく、魚も多いそうで残念な事をしました(>_<)
(安全の観点からか、ホテルホームページには、シュノーケルしたい場合は カヌーでアルパット島へ、となっていて、ここから勝手に海に入ってOKとは書いてませんでした、まあ小さい子とかは止めた方が無難)

バスでビーチへ

昨日と同様 ラ・カスカッタで朝ごはんを済ませ、今回「ここだけは絶対行く」と楽しみにしてた 「the・beach」を目指して、タモンの北の端っこまで 赤バスに揺られて行きました。

「the・beach」の様子は こんな 感じ

ここは 本当に良かった。気が付いたら 治療中の身と言うのも、おばはんの身と言うのも全て忘れて、ビキニ一丁になって海で泳いでた(笑)

バスは14時以降しか停車しないけど、ニッコーのビーチを抜けたらすぐなんで、11時オープンと同時に行って、パスが来るまでに楽しむのが、空いてて良いと思うます、私らは14時位に帰ったけど、その頃になるとお店の人が 団体さんお迎え準備を始めてはりました。

アンサナスパ

the・beachから戻って 部屋で一休みしてから、ホテル内の アンサナ・スパ へ
ホテル内のスパとか高いし止めとくで、と言うてたら、のす父が奢ってくれました 有難う

受付でメニューを聞かれ、治療中の身なので「gentlyなマッサージがええ」と言うと

  ドリームス DREAMS スパの特長 : 疲れた体のために考案されたこの心安らぐマッサージは、温めたセサミ・オイルを使用して張りつ めた筋肉の疲労を和らげます。

と 言うのをすすめられ、でも 胡麻油ってイマイチやなぁ と思ったんで、オイルをビタミンEオイルに変更してもらいました。

暫く足湯に浸かりながら ハーブティを飲んで寛いでから トリートメントルームへ。
係りの女性の方は多分タイ人、gently と頼んでたから ソフトなマッサージでしたが、めちゃ気持ち良くて、半分は夢うつつ。上手かったぁ

PROA2

夕飯はローカルに人気のレストランPROA2へ
本当はイパオビーチに有る 本店に行くつもりで コンシェルジュに予約を頼むも会えなく満席。
ならばと新店の方を当たってもらうも予約取れず、次候補のメスクラもパーティが有って貸切営業との事
日曜日はローカルの外食やらパーティが多いので、なかなかキビシイようです  

所が この日の昼になって 「6時なら予約が取れた」と連絡を頂き、すでにマッサージの予約をしたんで そちらを少し早め、PROA2の予約を少し遅らせて貰って、なんとか行ける事に(∩´∀`)∩ 
コンシェルジュの方は 一度あかんかった後も 店にコンタクトしてくれてたようで、goodjob 

マッサージ終了後、バタバタな感じでタクシーに乗ってお店へ。 お店の様子は ブログ にて 

この時乗った タクシーの運転手さんは 射撃、射撃とウザい運転手と真逆にとっても感じ良い人で、帰りにお店で呼んで貰ったらまた同じ運転手さんが来てくれてました。
タクシー代=料理代くらいにかかったけど、気持ち良く乗れて良かった。


マッサージ効果

ホテルに戻って、ジャグジーで 「南国露天風呂」を楽しんだりしてたら、またHPが尽きて来て、ベッドでごろごろしてたそのまま 夜中まで寝てしまい、途中でトイレに目覚めたけどすぐにまた寝て 爆睡。
私は旅行好きなのに 枕が変わると寝付かれない性質で 旅行中は必ず睡眠導入剤で寝てるのに、この快眠はたぶん マッサージのたまもの。

しかも 今回は治療の副作用で 家に居る時点で既に マイスリーのお世話になってたと言うのに、この後2か月近く脱マイスリー出来たのには驚き(最終的には 暑さも有って残念ながらマイスリーのお世話になる日が来ましたか゛)


四日目


やっぱり弾丸

前夜早々寝たので、5時前に目が覚めて寝られず、しばらくゴロゴロしてましたが、「そうだ、スーパーとかABCとかに殆ど行けてなかったし、paylessなら24時間営業やし今行けばええやん」と気が付き即実行。
のす父を起こさないようにコッソリ部屋を出て早朝の住宅街をトコトコ歩いてpaylessへ

一時間位店内を物色して 日本では売ってないオレオとか、調味料とか、スパムとか、色々と買い込んで意気揚々と引き揚げて来ました(∩´∀`)∩ ほんまエエ事思いついた。

(そう言えば台湾でも足裏マッサージ行けないままで最終日になってしまい、日の出前に24時間営業の足裏行った思い出が)

JOJO

最終日の朝食は のす父が絶対行きたいと言ってたPIKA'S CAFE
マリンドライブのkmartとマイクロネシアモールの間くらい もちろんバスは止まらない場所なんでタクシー

昨日と同じ運転手さんに当たり、今回は「帰りも私に電話して」と言われて名刺貰いました。なんと名前が「JOJO」
JOJOは「昨日も、今日も貴方たちが乗ってくれて、私はHAPPY」なんて嬉しい事を言ってくれるし、勧誘は一切無いし、ええ運転手さん
とは言え、タクーシ代片道$20位なんで高い(*´Д`) 



今回 一応二人とも運転できるようになったんで レンタカーデビューも検討したけど、いざとなると腰が引けて結局やめたんですが、滞在中に観察してたら ルールが違うところだけ予習して行けば運転しても大丈夫と思えたんで、レンタカーで回っても良かったかなぁとも思いました。バスだと観光客メインな場所以外は行きにくいし、タクシーは結構高いし、15回目のGUAMが有ればその時はデビューやな( `ー´)ノ

PIKA'S CAFE

タクシー飛ばして行った PIKA'S CAFE ガイドブックに並ぶ覚悟でと書いてあったし、コンシェルジュの人からも 「開店ちょい前に行ったほうが良い」と言われてただけ有って  オープン前に到着したら既に店の前に待ってる人が結構いてました 早よ来て良かった

流石にオープン前に到着したんで直ぐ入店出来たけど、すぐに満席になってました  美味しかった様子は ブログにて

プール&外ヨガ

美味しい朝食を食べて気分よくホテルに戻って、取りあえずプール
私は二日目の外ヨガがすっかり気に入って、この日も予約をしてたので、時間までプールで遊んでいて、その足でヨガに参加することにしたんで、一時間足らずプールサイドに居て、半乾きな感じでヨガレッスンに参加 (´▽`) 

二日目とおなじ先生だったんで、親しみが湧いて一緒に写真撮ってもらいました 
日曜日はローカルの方の参加も多くて、若干ハード目な内容でしたが、この日は人数も6人程度で、全員明らか観光客だったんで、日曜よりはゆるめな感じのレッスンで リラックスして参加出来て良かった。南の島の青い空、気持ちよい海風の中の外ヨガやっぱりサイコー(気色悪いサウナみたいな所でやるホットヨガと対極)

ヨガ終わった後 名残惜しすぎて1人でさらにプール(のす父は私がヨガに行くタイミングで部屋に引き上げてたんで、後で遅かったななーと言われた)
晴れがましいやんと、のす父が敬遠してたインフィニティプールでもしっかり泳いで、名残を惜しみまくり
グアム飽きた、とか言いながらも来たら楽しいねんなー、帰るの嫌で、また来たくなるねんなー 

サヨナラ・シェラトン

やっと部屋に戻ってからも すっかり帰宅モードののす父を尻目に部屋のジャグジー入って、最後最後まで南の島を楽しみ尽くしてました。
部屋は レイトチェックアウトで2時まで無料で使わせて貰えるし、空港に向かう車は2時半の予約なので、最終日もしっかり楽しめるので、近場の帰国便夕方はやっぱり良い、
未明、早朝の帰国便は最後の日が折角リゾートに来たのに残念な感じになるからなあ

と いう訳で まだ部屋に荷物を置いた状態で、ロビーラウンジ ザ・ポイントで昼ごはん
朝しっかり食べてあんまりお腹減ってないけどと言いながら 言ってみたら ピザ一切れ(と言ってもアメリカなのでデカい)&ビールで$7と言う手頃なセットが有ったので、それで。

私はビール飲めないので交渉してトニックウォーターに変更してもらい、シェラトン最後のお食事。
ピザは言えば「パン屋のピザ」みたいな物でしたが、景色がとっても綺麗で、ますます名残が募る(T_T) 帰りたくないしー

昼食を終えて、部屋でしばし寛いで、いよいよ本当にチェックアウト、お勘定をしてもらいにシェラトンクラブメンバーズラウンジへ
ここのスタッフのお蔭で快適な滞在が出来て、シェラトンの印象かなりアップやったんで、お礼を言って去ろうとしたら・・・ 
今更coffeeマシンが置いてあるの を発見、根がケチなんで最後にしっかり頂いて去って行きました。


ネット上の口コミでは、ボロカスに書いてる人も多々で、予約してからもどうかなぁ・・・と言う思いの有ったシェラトン滞在。
確かにルームサービスの終わったのを ドアの外に出して置いてても24時間くらい放置されてたり、出かける支度をしてる時に掃除が来たんで、他の部屋を掃除してから来てもらおうと「30分位後でお願いします」と頼んだら「OK」といいつつ 夕方まて放置されたと言うサービス面でのイマイチさ
元々古い建物を改装してるか仕方ないけど 水の出が悪くて、風呂に水をためるのか大変なイマイチさ(でも何故か屋外ジャグジーは勢いよく水が出る)
食べ物がイマイチなんやけど、歩いて行ける範囲には殆ど何も無いので、「なに食べよう」困ってしまう イマイチさ

等々 イマイチポイントは有ったけど、なにより部屋は広くて快適だし、景色良かったし、メンバーズラウンジのスタッフが良かったし、ラウンジが24時間営業で、飲み物類を殆ど買わずに過ごせたし、ヨガ楽しかったし、コインランドリーも有ったし、全体的には満足な滞在でした


サヨナラ・グアム

帰りも又、ピカピカレクサスで空港に送って貰って空港へ、もうちょっと居たかった
空港で$50でビジネスにupのオファーが有れば、即受けるつもりでしたが、残念ながらなんも誘われず(T_T)

小腹が空いたんで、ホットドック食べたり、お店を覗いたりしてるうちに搭乗時間となりました。
帰路は予約通りに プレミアムエコノミ-でエコノミー席の一番前。
3列シートなれど、「他人がすでに横二つを買ってる席を、+2000円して買う奴は居るわけない」と読んだ通り、一席は空席だったので、足元が広い事も有ってゆったり座って帰れましたが、機内食はクソ不味かった(;´∀`) 

この日、ビジネス席に座ってた人は二人だけ、プレミアムエコノミーもうちともう一組のご夫婦風の4人だけ、 後ろの通常エコノミーはほぼ満席と言う埋まり具合でした。

\2000×2×2=\8000が今回の往復二人分のプレミアムエコノミーにupするためのお支払。 勿体無いかなぁと散々悩んだけど まあ\2000分は快適やったし、行きはお蔭でお得にビジネスにup出来たんで 結果論的には払って良かったと言う感想


こんな感じで三泊四日の14回目のグアム旅行終了。
インターフェロン治療中に なんぼ慣れてる場所でも海外ってチャレンジャー過ぎるかなぁと思ったけど
流石に途中で疲れてしまった時も有ったけど、海で泳いでる時とか、外でヨガしてる時とか、頭からすっかり治療の事が抜けてる時間が持てて、気持ち的に良い効果が有ったし、やっぱり行って良かった。

そして、飽きたと言いつつもグアムやっぱり楽しかった (∩´∀`)∩ なので・・・たぶん15回目も有るねー