サイパン旅行記 V

子供12歳




春休みに 家族でボルネオ旅行を計画し  飛行機も ホテルも手配済みでしたが、出発の1ヶ月少し前に のすの 学校関係の予定が 変更に・・・・
のす父の休みの日数が五日と決まっているため 直行便のない曜日にボルネオに行くのは キツイ・・・となると グアムかサイパンか・・・・早く決めないと web悟空35が買えなくなってしまう・・・

のすの予定変更が判明した その夜のうちに 急遽サイパン行きを決定、webで 航空券を購入して 本当に降って沸いたように サイパンに行く事になりました。

ホテルは 広い部屋と魚一杯の海の魅力で 前2回と同じくMarianaresort&spaに決定し、一泊目と四泊目は 素泊まりプラン 二泊目三泊目は 朝食付きプランで 申し込みました。


今回の予定

遊び

●今回はオプショナルツアーには参加しないつもり
●ホテル内で ショーゴルフ・カートなどを楽しんだり
●レンタサイクルで ウイングビーチなどに行ったりする
●朝食付きプランに spaの券が付いてるので spaにも行って見よう

食事  

●サンセット ビーチ バーには 絶対行きたい
●初日が深夜着なので 次の日は 少しゆっくり寝て ハイアットのサンデーブランチ
●韓国焼肉も食べたい
●カフェワトフのバーベキューにも行きたい
●AJ.s も気になる
●Marianaのビーチバーベキューも外せない


と言う様な 感じが 行く前の大まかな予定でした。
食事のうち ハイアットのプランチは Marianaのゲストリレーションの方にあらかじめ予約して頂きました
カフェワトフは 事前に メールで予約しようとした所 満席との事で 今回はムリかと思ってたんですが・・・( 後述)

一日目
出発

今回の飛行機は22時関空発のJALウェイズです
のすの学校関係の行事が終わるのを待って 夕方6時過ぎに家を出発し 7時半に関空着。

JALウェイズの サイバン便は モノクラス便で ビジネスシートが エコノミー客に開放されます。
この日のサイパン便のカウンターは団体チェックインの方は 長蛇の列でしたが 個人チェックインの方は ほんの数組のみでした。
web悟空35を買ったときに 一応座席指定してあったのですが 「この感じだと行けるかも、聞くだけ 聞いてみよう」と カウンターの人に 「出来たら ビジネスクラスシートに座りたいんですが・・・」と尋ねてみたら・・・・ 見事 5列目が取れました(わーい)

機内

JOのビジネスシートには一回目のサイパンの帰路にも 乗りましたが、その時はビジネスシートでも パーソナルテレビは無く 席が広々して楽なだけでしたが、今回の飛行機は MAGICVのオンデマンドテレビ搭載機

広々としたシートに ゆったり座り 映画を見たり ゲームをしたりで 三時間はあっという間(三時間では勿体無いような座席でした、北米とかに行くときに乗ってみたいものです)
機内食はもちろんエコノミーの物ですが、前と違って暖かい物が出るようになっていて、味も◎でした。

サイパン到着

午前2時過ぎにサイパンに到着 MAGICVをエンジョイしていて 機内で寝られなかったので かなり眠たい・・・・
荷物を貰って 外にでると 既にホテルの人が待っていてくれて、一路 マリアナリゾートへ。
ホテルについて 車を降りると ぷーんと南の島の匂いがして 嬉しくなります。

今回の部屋は リーフサイドの3階 ( 4階と違って カートで部屋のドア前まで 送ってもらえます)
部屋が広いので 体格的には 大人三人状態の のす家でも 悠々と過ごす事が出来ます。
部屋に着いたら 既に三時過ぎ、 急いで着替えをして 早々に眠りに付きました。



いきなり大失敗

キャリーパッグから 自分の着替えを取り出して、大ショック!!
自分着替えを 数日前にバッグに詰めたとき「布帛物は皺になるから 直前に入れよう」とTシャツや水着 パジャマ類だけを詰めて入れて ブラウスやパンツ類はまだ ハンガーに掛けておいたのです・・・・
そして そのまま 家にに置いて来てしまいました(-_-;)

と 言うわけで 上半身はともかく 下半身に着用するものが 履いてきたジーンズ以外には 水着の上に穿く短いパンツと 寝るときのパンツしか無い という悲惨な状況に(暑いのでジーンズ穿いたきりは辛いし)
次の日から 折に触れて 下半身に着るものを探す事になりましたが、サイパンでは 安くてそこそこ見られる服と言うのが 無いんですねー 
帰国して ユニクロに行った日に「サイパンにユニクロがあったら 大喜びで買ったのに」としみじみ思いました。



二日目
気持ちよい朝

寝たのが遅かったので 9時くらいに起きるつもりでしたが、嬉しくて7時過ぎに目が覚めてしまいました。
ベランダに出ると 青空が広がってとてもよい天気。今まで雨季にサイパンに来てたので、どよーんとした空模様の事が 多かったのですが、この日は絵に書いたような「青い空と青い海」

のすとのす父は 9時ぐらいまで寝てるだろうと、一人でお風呂に入ったり、ベランダで海を眺めたりしてると 意外に早く のす&のす父が起て来ました。
のす父曰く「波の音で目が覚めるちゅうのは 気持ちええもんやなー」 との事でした(確かにね)

この日は 10時半から ハイアットのサンデーブランチを予約していて、前夜の雰囲気だとギリギリ タクシーで駆け込みか?と思ってましたが、三人とも早く起きたので、むしろ 9時半のバスが来るのを待ちかねる という様相になりました。(おなかもペコペコ)

ハイアットサンデーブランチ

9時半マリアナ発の 「南行き」始発で ハイアットへ 10時過ぎに到着したので、しばらはハイアットの中をウロウロして時間を潰してから やっと念願のジョバニスのサンデーブランチへ。

ネットで 「サンデーブランチを予約したら 席が ジョバニスではなくて、キリカフェの方になって、料理を持って キリカフェの席に行くのが大変だった」と言うのを読んでたので、少し心配でしたが、ちゃんと ジョバニスの中の席に案内されました。

この日は 普段のサンデーブランチではなく イースターの特別ブランチとの事。(値段もup)
普段様子は知らないので、比較できませんが、とにかく ビックリするくらい料理の種類が豊富。

刺身、御寿司、蒸した蟹といった和食系から 子豚の丸焼き・ローストビーフなどの 焼き物系、オムレツ・パスタ等の目の前調理物、もちろん サラダやハム・ソーセージ等の 普通の朝食メニューも豊富にあるし 、デザートも20種類くらい並んでいて、どれから食べようか 迷ってしまいます(豚の丸焼きなどは イースターの特別メニューかも)

コーヒーやジュースの他に シャンパンも飲み放題で、朝から ご馳走三昧、贅沢三昧で うつむけない位 おなか一杯食べました。
どれも美味しかったけど 特に 豚の丸焼きが 印象に残りました。朝一番だったので、本当に焼きたての状態から私たちの為に 包丁を入れてくれたので、気分良かったし 味も良かった (ただし、北京ダックと違って皮は 食べられません、北京ダックを想像したので、「皮が旨いんちゃうん」と思って、皮も要求したんですが・・・・歯が折れそうでした(^^ゞ

オムレツを焼くシェフの人も 印象に残りました。卵を帽子の上にポーンと跳ね上げたり、リズムに乗ってオムレツをかき混ぜたりと パフォーマンス満点でした。
残念ながら、お腹が一杯で食べる事は出来なかったんですが。

イースターブランチと言うことで ウサギの着グルミを着たお姉さんが子供にお菓子を配ったりしてましたが のすは子供と認定されず 残念。
客層は 観光客よりも ローカルが中心で サイパンのホテルに居ると思えない 外国な雰囲気でした。

お買い物その一

食事の後はお買い物、 出発前のシュミレーションでは ここは ハイアットからガラパンの街を見ながら ブラブラとDFS界隈まで行くつもりでしたが・・・・
プランチ爆食で 動くのが辛いし、外は暑いし DFSまで タクシーを利用してしまいました。

まずは DFSから 買い物スタート。 といっても ブランド品に興味が無いので 買ったのは 「サイパンダクッション」$15 のみ。

その後 のす父の シュノーケルセットを求めて ハファダイショッピングセンターのスーパーへ、シュノーケル $7.99 シューズ$13.99 で買ったんですが。
シューズに関しては 次の日に行った スポーツアメリカ(ABCの上) で $5で セールしてるを発見して ショック大でした。
ここの スーパーでは 他にも $2のビーサンやら お菓子類やら 色々と買い込みました。(ブランド品には 興味なくても スーパーでは興奮する 私です)

エアブラシタトゥー

ひとしきり買い物をして 外に出ると ふと目に止まったのが 「エアブラシタトゥー」の屋台。
前から南の島に行ったらやってみたいと ひそかに思っていたので 「年を考えろ」と 引き止める 父子を振り切って  やってしまいました。
値段は 絵柄によって $3〜 私の選んだ絵柄は 親子のイルカで $5てした。
初日にエアブラシタトゥーをしてから 日に焼いたので 帰国後色の付いた部分を落としたら、くっきりとイルカの形に焼け残りが出来ていて、今も腕にイルカちゃんが居ます。

ABCストアの便利な点

その後 服が無いので ハファダイショッピングセンターの中の 専門店を チラチラ覗いたんですが、 値段と物のバランス的に 「これなら 買っても良い」と 思えるような品がなくて とりあえず 服の事は 又後で考えることにしました。

最後に 滞在中に飲む ビールやら 水の類を ABCで お買い物。スーパーの方が値段的には少し安いのですが、ABCだと 買ったものを ホテルに届けてくれるので 重たい買い物はこっちで済ませる事にしました。

全体的に他のお店より どの商品も 割高なABCですが 配送してくれる点と 薬類を買うときに 日本語で相談できる点は 便利だと思います。

プール&ビーチ

この買い物を終えてホテルに戻って すぐに プールへ
マリアナのプールは あまり大きく無いし スライダーなどの 遊べる施設も無いけど、海から少し高い位置にあるので、ビーチベッドに寝転んでいても 視界いっぱいに青い海が広がって良い感じです。 人も少ないし ゆっくりくつろげる プールだと思います

ただ プールサイドバーが無いので飲み物が欲しいときには 売店で自力購入しないとダメなのが、少し寂しいです。

オープンエアレストランのラ・ステラは ホテルのサイトによると 「2時〜6時までドリンクタイム」となってるんですが、ランチタイム以外スタッフの姿も無く、営業してると思えない状態でした。
スタッフが時々プールサイドを歩いて、飲み物の注文など聞きに廻ってくれたら 、さらに良いプールになると思うんですが・・・

私はマリアナ前の魚たちに 早く再会したいので のす父子を 「海行こう 海」と 誘ったんですが、二人はプールから動く気配無しなので、この日は 私1人 シュノーケルセットを持ってビーチに下りました。
マリアナ前の海は 前に比べると人が増えてましたが(バイクツアーやトレッキングツアーが繁盛してる様子です) 海の中はやはり お魚一杯の水族館状態。
1人で 心行くまでとシュノーケリングを楽しみました。

その後 私もプールサイドに戻って三人でのんびりと過ごしました。(それにしても 天気が良過ぎて 暑い暑い 日焼け体質の私は瞬く間に真っ黒になりました。)

やっとの思いで服を購入

プールに行く前に ゲストリレーションで サンセットの 予約と送迎をお願いしておいたんですが、プールから帰りに 確認すると 「マリアナは遠いので、DFSに6時に迎えに行く、帰りもDFSまでしか送れない」との事でした。

それなら少し早めに DFSまで行って 昼間買えなかった着る物を買いたいので 5時過ぎにホテルを出て ガラパンへ行きました。
ガイドブックで目星をつけて置いた「パパイヤクロージング」に行ったんですが、ここも「なんだかなー」の品揃え、南の島なのに 妙に化繊系の服が多くて なんか暑くろしい・・・・
それでも 本当に切羽詰ってるので (マジで着る物が無いので、なんとガラパンまで 水着の上に穿く 超ショートパンツで行きました)
色々と試着して 結局 デニムのクロップドパンツを購入しました、$23也。とりあえず、まともな服装に着替える事が出来てて良かった(^^ゞ

私が服を見てる間に のす父子は となりのスポーツアメリカを覗いていて、のすは ここで売っていた ヘルメット(スケボーなどに使う)を気に入り、結局次の日に買わされる羽目になりました・・・

サンセット・ビーチバー

服も着替えられた所で、約束の時間になって DFSバス停へ。
サイパンタイムだから 6時と言っても 6時には来ないんじゃないのか と思ってましたが、サンセットの人は時間より前に来て 待っていてくれました。

半年ぶりのサンセット・ビーチバーは、やはり綺麗でした・・ 足の裏で砂の感触を楽しみながら、ビールを飲んだら、もう極楽です。

料理は 店の人にお勧めを聞きながら、 ピカピカプラッター(前菜盛合わせ) 揚げ春巻き ステーキと海老の串焼きコンボ(のす用にオーダー 美味しかったらしく 一口もくれずに 完食) マグロのローカルスープ、タイ風ビーフサラダ(激辛)を オーダーしました。
食べきったら、ピザか チャーハンでも頼もうと思ってましたが、どれもボリュームあるので ムリでした(^^ゞ

どれも 美味しかったんですが、なかでも マグロのスープが絶品。お店の人が強く勧めてくれたので、「ん 魚か まあ これだけ言うのだから 頼もうか」とオーダーして 、後から スープだと言うと事に気づき 「煮魚なんて 生臭かったらどうしょう」と心配だったんですが・・・・
しょうがとココナツの風味が聞いたスープで煮込まれた魚には 生臭さの欠片もありませんでした。
スープにごはんを入れて、フィデニソースをかけて 食べるのがローカルの食べ方と 店の人に教えられて そうしてみたら もう 美味い 美味い のす父も 「コレ 美味いわー」と 絶賛の味でした
魚がちょっと苦手の私が「美味しい」と驚く程の魚のスープ サイパンに行かれたら ぜひともお試しを。

三人で お腹一杯食べて のす父はビールを飲みまくり、私は ちょっといちびって「サイパンサンセット」なるカクテルも飲んで お勘定は三人で 約$80位でした
景色も雰囲気も良いし、料理も美味しいし サンセット・ビーチバー やっぱり サイパンに来たら外せないお店です。


マリアナのケーキ
サンセットでお腹の皮が張るくらい 沢山食べたけど、DFS経由で マリアナに戻ってきたら のすと私は「やっぱりケーキ行っとく?」と言う事になりました。

パセオにケーキを買いに行くと、美味い具合に「buyone takeone」のPOPが・・・ラッキー
ただし 全部が対象という訳ではなく、 二種類だけが対象だそうなので、「僕 コレが食べたい」と違うのを指すのすを「あかん buyonetakeoneのしか あかん」と 諭して 無事半額でケーキをゲットして部屋に戻りました(正確には 半額ではなくて 高い方のケーキ一個の代金になります)

ケーキの お味の方は・・・・去年同様 あっさり目で 美味でございました。
今回の滞在中も結局 のす母子は「よー食べるなあ」とあきれる のす父を尻目に「毎日マリアナケーキを食べる」 ミッションをクリアしました  (^^ゞ  

一日目はさすがに 睡眠時間が短かったので 10時過ぎに 就寝しました。 昨日と言うか 今日の未明に寝た 割には 盛りだくさんに動いた一日 やはり 「弾丸母子」ですね。

三日目
早起き

やはり 旅行中の私は早起き、7時前にはどうしても目が覚めてしまいます。
とりあえず ベランダに出てみると 今日も青空と白い雲で 良い感じのお天気です
シャワーを浴びたり、身支度をしたりしていると、のす父子も起きてきたので、2人が身支度をする間に フロント前にあるパソコンを使いに行く事にしました。

ここのパソコンは 10分$1で レストランの係りに 使用時間自己申告で支払うシステム(実際には時間なんて 誰もチェックしてないて゛ かなりアバウト)
通信速度が かなり遅いので 表示に時間はかかりますが、日本語の入力も出来るので、便利です。

朝食

3日目と4日目は 朝食つきのプランにしてあるので、パセオでの朝食が含まれて居ました。
パセオに行くとこの日は お客が多く満席になっていたので、リクリエイトのテーブルに案内されました。やはり春休みで混んでいたのでしょうね。

朝食の内容は 去年と大差なし、ローカル料理のアピキ゜キ゜が無くなっていたのが、少し残念でした。
それほど種類は 豊かでは無いし、華やかさも無い ビュッフェではありますが、自分で焼くパニーニが美味しいので、まあ良し と言う感じでしょうか・・・(ハム類 サラダ類が もう少し充実してると より嬉しいのですが)

自分で焼くパニーニ、初めてマリアナに泊まったときには、作り方のPOPと完成見本が有ったんですが、最近無くなってます。
と言う事で 作り方を書いておきます。
パニーニパンを取って切れ目を開いて、好みのバターやマスタードを塗り、ハムORサーモン、野菜など具 を挟んで、それをパニーニマシンにおいて 上の鉄板をぐっと押し下げて、ハサミ焼・・・一分ほど待つと 美味しいパニーニになります


朝食を済ませて 外に出ると 朝起きたときには天気が良かったのに 雨が降っているので、とりあえず部屋で天気待ち。

ショートゴルフ

雨はあっと言う間にあがりましたが、まだ曇り空なので「暑くないうちにショートゴルフをしよう」という事になりました。
コースに出た時は 雨上がりの涼しい風が吹いて 「おーええ感じ」やったんですが、その後あっと言う間に カンカン照りになってきて、暑い、暑い、 でも 京都の暑さとは違って 海の風が吹くから 不快な暑さではありません。
のす家は誰もゴルフの心得が無いので むちゃくちゃなプレーの連続でしたが、和気藹々と楽しめました。

マリアナのショートゴルフは 一般 $35 宿泊者$20 クラブレンタルは含まれますが、ボール代$2を取られるので、家に ゴルフボールが有ったら持って行くと節約かも
料金の割りに 長い時間楽しめるし、誰も見てないので ムチャクチャゴルフでも可 なので ゴルフできなくても楽しめます。


マリアナでまったり?

この日は 夕食まで マリアナリゾート内で 「まったり」と過ごす日。(実は私はまったりがかなり苦手)
スパでのマッサージを 夕方4時半から予約したので  スパに3時半に 行く事にして、 それまでは 海とプールで「のんびり・まったり」過ごしました (と 言いつつ 10分とジッとできずに、海でも プールでもウロウロしてたんですが・・・)

朝にスコールが有って以後は 一日中 とてもよいお天気で、相変わらず綺麗な海でシュノーケルをしたり、ビーチでバーベキューを食べたり、プールで泳いだり、たっぷりと楽しみました。


ビーチバーベキュー

去年 大気に入りして 二度食いした マリアナのビーチバーベキュー、今回ももちろん食べました。
海風に吹かれながら、手づかみでワイルドに食べる ビーチバーへキューはやっぱり美味しいし、値段も安くて($10)ボリュームも満点、かなりお勧めです。
マリアナビーチに行かれたら ぜひお試しを 

ビーチバーベキューは あらかじめ予約する事が出来ないので、 マリアナトレッキングのツアー以外の場合、11時半ぐらいに ビーチに降りて、バーベキューを焼いてる兄ちゃんに 「食べたい」と言うと 30分〜1時間後に出来上がります
最近 マリアナトレッキングの人気が高まってるのか、兄ちゃん 忙しそうなので、フリーでバーベキューが食べたい場合 早めに頼みに行くのが正解のようです
カードでの支払いは不可なので、宿泊者以外は 現金もしくは トラベラーズチェックのご用意を。


マンディ・アジアン・スパ

母子旅行だと なかなか 難しい、「スパでまったり」 今回は のす父が居るので、晴れてマンディ・アジアン・スパに行く事が出来ました。

今回の朝食付きプランには スパ一回券も人数分付いているので、当初は「のす父子もスパのみ利用して先に帰り、その後私はマッサージ」と言う予定だったんですが、父子はスパ入り口まで来て「女の人ばっかりやし」と怖気づいて帰ってしまったので、私1人スパに入場しました。(実際には 男性客もかなり居たので、のす父子の思いは 杞憂だったんですが)


スパ内には プールやジャグジーの他に 海沿いのがけっぷちに有って 入ると海と浴槽が繋がって見えるバスも有って ぼけー と浸かってると まるで 海に浮いてるような感じで、かなり良い感じ。
近所のスーパー銭湯とは 見える景色が月とすっぽんです(裸で入れないのは残念だけど)
こんな 良い所にこないなんて 勿体無い、マッサー利用者は スパ入場無料なので、まだ三枚ともスパ券が余ってるから、明日は是非のす父子を誘おうと、思いました。

一時間ほど スパ内でリラックスしてから、マッサージ。小心物なので 一番安い フットリフレクソロジー$48のコースを選んだんですが、良い香りのオイルで 45分間ゆっくり マッサージしてもらって、極楽でした。
マッサージの後、あんまり 良い気分なので、このままもう少し 1人の時間を楽しみたくて、スパ内の カフェで 1人ゆっくりと過ごして、すっかり満足して スパを後にしました。

(私がスパでくつろいでいる間、のす父子は リーフサイド前の庭で、キャッチボールをして遊んでいたそうです、お疲れさん)

再びガラパンへ

この日の夕食は 韓国焼肉を食べよう、と再びガラパンへ。
ロビーに行くと ちょうどバスが来てたので、バスでガラパンに向かいました。 少し早めに出たので、第一ホテル前で 降りて、ガラパンの街を少し 散策しました。
第一の前の通りだけは 妙に綺麗になってましたが、やっぱり 買い物の点では サイパンは・・・・(-_-;)
結局 のすが 前の日に目を付けていた ヘルメットを購入したのと、私がココナツオイルを買ったぐらいで、終わりました。

楽園

前回に行ったチョンギワレストランも良かったけど、今回は違うところに行ってみようと、今回はDFS前にある 楽園に行きました。
一言で言えば 「チョンギワは韓国・楽園は日本」 楽園も肉を頼むと 小皿料理が無料で付いて来るあたりは、韓国流ではありますが、 お客さんはほぼ日本人ばかりだし、お肉を焼いたり、切ったりのお世話が無くて、日本の焼肉店のように 自分で買ってに焼くシステムなので、どっちかと言うと 日本焼肉屋さんに近い雰囲気でした。

味の方は ロース・タン のあたりは 何の仕事もしていない普通の肉なので、まあ普通。韓国風カルビは独特のタレに漬け込んであって、甘みがあって 美味。 キムチ類もイケました(お代わりしまくり)
シメに レーメンを食べたのですが、日本の韓国レーメンにありがちな 「輪ゴムかんでるみたい」な食感ではなくて、シコシコしてるけど 食べやすくて、かなりGOOD

私はチョンギワの方が好きでしたが、どっちが 良いかは 人によりけり でしょう。
のす父は 韓国流に 焼いたり、お皿に取り分けられたりと 言うサービスをされるとゆっくり食べられないので、「この方が自分のペースで食べられるし、ええやんか」 との事でした。

食後は 又 ハファダイショッピングセンターの スーパーに行って、スパムやドライマンゴーなどの自家用食料品や お土産を買い込んで DFSから バスでホテルに戻ったんですが・・・

DFSバス事件

DFSからの帰りのバスは かなりの満席状態でした。 発車前に ドライバーが 次々にホテル名を叫んで そこで下りる人が居るか、点呼してからの出発でした。

第一・ハイアットの人は居なかったので、バスはDFSから一路 アクア・リゾート方面に向かったのですが・・・アクアの人の返事が小さかったのか、 アクアを飛ばして プルメリアに停車。
この時点で アクアのお客さんは「アクア居るよ」と 言ってはいたのですが、声が小さかったのか ドライバーは無視して ニッコーへ。
ニッコーに停車してる時点で アクアのお客さんは 運転席前まで出てきて 「アクアどうなったの」と抗議しましたが、運転手 「何べんも聞いたけど 返事なかったし! 後回し! 次はマリアナ マリアナの人は?」 
マリアナチーム「はーい」 運転手「マリアナは元気がいいぜ、それに比べてアクアはよー」 と言うようなやり取りがあって バスは一路 マリアナへ・・・・
アクアのお客さんは はるばるマリアナ経由での送迎となりました。 という訳で DFSバスで 行き先ホテルの点呼があった時には 思いっきり元気に返事しましょう(^^)/

ラ・ステラで一杯

マリアナに戻って、昨日同様 パセオでケーキを購入して 部屋に戻り、のすとケーキタイム。 
その後 のすが 「なかなか こういう機会も無いから、二人で飲みに行って来たらええやん」と言うので、のす父と2人 ラ・ステラで 一杯だけ 飲みました。

オープンエアの バーで 満天の星を見ながら、海の風に吹かれてカクテルを楽しみました。
ラ・ステラのバータイムはカクテルの種類も豊富だし なかなか良い感じでしたよ。(お客さん 少なかったけど)

こんな感じで、3日目は終了。明日で 実質の最終日です 早い 、早すぎる。
実は 昨日 今日と 天候に恵まれすぎた 為に 日焼けに弱いのす父が この日の夕方ぐらいから弱り始めました・・・日焼けにめっぽう強い 私ですら 背中が少しヒリヒリ、侮る無かれ 乾季のサイパン。


四日目
自転車が無い・・・・

明日は6時30分発の飛行機なので、実質上の最終日。この日も 「乾季真っ最中」 の 青い空、青い海(しかし のす父は弱り気味)
昨日同様に パセオで バニーニ中心の朝ごはん。 結構和朝食好きの のす父子も 「この方が 旨いから」と 和食には手々を出さずに パニーニを食べてました。

この日は 朝から マリアナトレッキングの マウンテンバイクを借りて ウイングビーチに行ったり、北部の観光スポットを廻ろうという予定 だったんですが、「バイクツアーに26人の団体が入っていて 午後1時にならないと 自転車の空きがない」 と言う事態になってしまいました。

朝の涼しい間に サイクリングがしたかったから 結構ショック。(レンタルバイクは予約しなくても 当日の朝に申し込めば 大丈夫と言われてたんですが・・・大丈夫ちゃうやん)
まあ 怒っても 無いものは無いので、自転車は1時から借りる事にして、午前中はニッコーのプールに行く事にしました。

ビーチバーベキューにしろ 自転車レンタルにしろ マリアナトレッキング管轄の 事柄については ツアー参加以外だと 予約が出来ないようです。ちと不便・・・・

スラバカ 卒業

マリアナとニッコーの宿泊客は 双方プールを無料で使えたりする 特典のある「パウパウクラブ」 二種類のプールで遊べて結構重宝だっんですが、この三月で 提携終了だそうで マリアナに泊まってニッコープールが無料で使えるのは 今回が最後。
せっかく 提携終了間際で 間に合ったので 今回もニッコーのプールに行きました。

ニッコーのプールと言えば スライダー スライダーと言えば のすの大好物・・・の筈だったんですが
なんと いつの間にか のすは スラバカ(ウォータースライダーバカ)を卒業してたんです。
一応 2回は滑りましたが、 グアムのフジタで スライダーの出発点と着水地点を 永久運動のように往復してした頃の 面影はありません。成長しちゃったんですね(-_-;) 前は見てると目が廻りそうだったんですが、卒業されてしまうと 少し寂しいですね。

今回は ニッコー前でも 海でシュノーケルしてる時間が長かったんですが、シュノーケルならやはりマリアナ前ですね、 ニッコーは 教会の前辺りに浮いている ブイの所ぐらいしか、魚影の濃い場所は有りませんでした。
プールは ニッコーの方が マリアナの何倍も広いし 、スライダーも有りで充実してるんですが、お客が多くて、朝9時半くらいに 行ったのに もうビーチベッドが満杯でした。
のす がスライダーを喜ぶと思って来たんですが、「スラバカ卒業」なら マリアナに居れば良かったかも。

ラ・ステラでランチ

午前中 ニッコーのプールで遊んで、マリアナに戻って ラ・ステラで昼ごはん。
水着を着たままだったので、オープンエアのラ・ステラで食べる事にしたんですが、正直 メニューがビックリするくらい少ない。(メインになる物が パスタ二種類とフォカッチャサンドぐらいしかありませんでした)

のす家は パスタを食べました。味は普通に美味しかったけど、パスタだけで$12 と言うのは ちょっと 高い気が・・・ミニサラダが 別料金で$4 コレにドリンクを入れたら 大体$20位になってしまいます。
いまどき 日本でランチに2000円出したら ちょつとしたコースが食べられますから、「高っかいなー」と思いました。
パスタ $12なら ミニサラダと グリッシーニぐらい セットで付けてくれたら 値ごろ感が出ると思うんですが・・・(せこい?)

サイクリングにGO

1時になったので  自転車を借りに マリアナトレッキングへ行くと、お兄さんに「今から、暑いよー 死にそうになるよー」と言われました(だから 私も朝のうちに乗りたかったんやって)

ヘルメットを借りる段になって のす父を見たお兄さんは 手に持ったのを「オー」とか言いながら棚に戻し、「頭大きいね」と言いながら 違うのを手渡し、さらに のすを見て 「子供も大きいね、はい コレ 同じサイズ 一番大きいね」 と そこまで言うたら アカンのちやうん?  と思うような爆弾発言の連発。
黙って 大きなヘルメットを被るのす父子 のそばで 私は1人ニヤニヤしてしまいました。( 本当にジャイ顔親子なんです)

ウイングビーチ

大きなヘルメットを被って マウンテンバイクにまたがっていざ出発。
マリアナの敷地を出たところで、牛の大群発見(多分野牛?)
とりあえずは 去年行ったウイングビーチに向かいました。前に行ったときには 前日の雨で道が半分川のようになっていて、すごい悪路という印象でしたが、今回は 毎日お天気続きなので 快適なサイクリングロード状態なのと、道を知ってる事も有った為か 「あれ、ウイングビーチってこんなに近かった?」 と思いました。

今回は、前にシュノーケルをした 手前側のビーチではなく、ローカルの姿もチラホラしていた 奥のほうのビーチに行ったのですが、平日のためか ビーチには人っ子一人無く、まさに のす家のプライベートビーチ。
早速海に入ってシュノーケリング。残念ながら、引き潮の時間帯だったため、シュノーケルするには あまりに水深が浅すぎる状態でしたが、それでも沢山の魚を見ることが出来ました。

サイパン北部観光

ウイングビーチを出て、さらに 北へ向かって爆走。 天気が良いので、かなり暑くはありましたが、海からの風が吹いてくるので、「耐えられない暑さ」という感じてはありませんでした。
坂道を ヒーヒー言いながら、どうにか ラストコマンドポイントへ到着。過去二回はここに ジュース売りの兄ちゃんが居たので、今回もここで休憩タイムのつもりだったんですが、残念な事に 兄ちゃん不在。
もしかすると、観光客の多い 午前中だけ商売に来てるのかも知れません( ここで冷たいジュースをキューっと飲むのを楽しみにして、走ってきたので かなりがっかりでした)

ラストコマンドから さらに バンザイクリフへ、 バンザイへの道は 下り坂正面に海があるので、天気が良いと まさに 海に走り降りていくような 気分です。
バンザイで自転車を停めて、雄大な景色を見ながら、しばし歴史に思いをはせた のす家でした。(バンザイクリフの崖っぷちで釣りをしていた ローカルが居ました勇気あると言うか なんと言うか・・・)

行きが のぼり中心で しんどかった分 マリアナへの帰り道は ほとんど下りなので、爽快なサイクリング。
島内観光の類は 午前中が多いのか、前は結構バスや 車が後ろから来て 怖かったんですが、この日は ほとんど車ともすれ違わず のびのびと走れました。

最後のケーキタイム

サイクリングを終えて、マリアナに戻ったのが、3時過ぎ。
喉はカラカラ お腹はペコペコなので プールサイドにて のす父は ビール、のす母子はケーキで 一休みしました、これにて 今回も 毎日ケーキを食べるミッション 無事終了。
3回中の2回は 「buyone takeone」で買ったので、自分の好みではなく 選んだわけですが、どのケーキもさっぱりした甘さで美味しかったです。

ワフト

部屋に戻ると ゲストリレーションからメッセージカードが届いていて、「ワフトから電話がありました お席が用意できるので、よろしければ電話下さい」との内容。
ワフトのバーベキューは 日本から予約して行くつもりが、満席で取れず、すっかり諦めていたのですが・・・
この日の夕飯は AJ,s に行く事にして、予約と送迎をお願いしてしまった後なので、どうしょうかと 悩みましたが、折角電話も貰ったし、元々行ってみたかったので ワフトに変更する事にしました。

のすとスパへ

スパ券が三枚あるので、ぜひ皆で スパに行こうと誘ったんですが、のす父は 日焼けでしんどいので 昼寝すると言うので のすと2人スパへ。
スーパー銭湯に一緒に行くことはあっても、当然男湯と女湯に別れて入るので、のすとスパと言うのは 6年ぶりぐらいです。
ここのスパは 12歳以下入場不可なので、一応外見子供の のすは浮くかなあと少し心配でしたが、春休みの為か のす位の男の子も数名見かけました。(子供と言っても 大きい子供だけなので、プールエリアなどが騒がしいなどと言う事は 全くありませんでした)

今回はマッサージは無いけど 海を見ながらぼーっとお湯に入って 体を伸ばしてるだけでも 極楽、極楽、
この時点でまだ のす父の分のスパ券が余ってるので 「夜にもう一度1人で来よう」とひそかに決心しました。

サーキットの『皮』にいちゃん

のすが かなり楽しみにしていたカートに まだ行けてないので、スパの後 ワフトの人か迎えに来てくれるまでの時間に サーキットに行きました。
のす父も 出発前は やる気マンマンだったんですが、すっかり爆睡しているので、代わりに私が挑戦する羽目になってしまいました

前回は 熱い韓国パワーに圧倒されたので、今回のすと2人だけだと良いのだがと思っていたのですが、今回は アーミーっぽい アメリカ人の男性チームと一緒になってしまいました。
「こんな兄ちゃんやらと走るの 余計怖いやん」と思いながら、彼らを見ていたら、その中の1人,が二の腕に漢字のタトゥー有をしていて、 その漢字が なんと『皮』でした(^0_0^)
そら タトゥーは 皮に入れるから その部分は 『皮』に間違いは 無いけど 『皮』て・・・「あの兄ちゃん意味わかって入れはったんかなー? アメリカで入れはったんやろうけど、サイパンは日本人も多いから笑いものやでぇ」と ひそかに受けてました。

こわごわ乗った 私の初カートは、周りの人が 8分で4〜5周する中で、なんと 2周だけ。
ムチャクチャ恥ずかしい成績でした。もちろん 『皮』の兄ちゃんにも 何度も何度も抜かされまくりでした。
のすは2度目と言う事で はじめから飛ばしまくって 大喜びでしたが、私はもうカートはコリゴリです。(視点が低いし、体むき出しだし、すぐにもスピンしそうで、本当に怖かったです)

ワフト・バイ・ザ・シー

6時のピックアップで、タナパグにある ワフト・バイ・ザ・シーへ、ワフトはアクアリゾートから少し南に走った辺りから 海の方に小道をくねくねと入って行った所にあり、あたりは民家ばかりで、知らなかったらとても お店があるとは思えないような場所でした。

車を降りると 目の前は椰子の木の一杯生えた とても綺麗なビーチ。その中にポッンと立ってる建物が ワフトでした。
海真正面のテラスに バーベキューの用意が整えられています。予約で満員と聞いてたので、何組かはお客が居るものと思っていたのですが、 私たちのほかにもう一組が バーベキューをしているだけでした(限定2組と言う事?)

写真で見ていて、景色がよさそうなお店だとは思ってましたが、ここの景色は本当に極々上。ちょうど 夕日の沈む時間だったので、現実離れした位に綺麗でした。
お店のオーナーは日本人で、奥様とスタッフの方も日本の方なので、海外のレストランと言うより 日本に居るようでもありながら、景色は 思いっきり南の島なので、ちょっと不思議な感じです。


バーベキューの食材は、ビーフ・チキン・ポーク・ソーセージ・野菜。ものすごく大きなバーベキューコンロで、炭火で焼いて食べます。もちろん美味。
それに サラダや 一品料理、デザートが付いてくるのでボリュームも 満点で、さすがののす家も少し残してしまったぐらいです。

景色も良いし、お料理も美味しいし、 ワフト・バイ・ザ・シー かなりお勧めのお店です。オープンは3時からなので、早く行って 前の海で遊んでも楽しいと思います。
ご夫婦とスタッフ一名のみで 営業しておられるので ご予約はお早めに(私は 体験してませんが、エステもしておられます、こちらも要予約。子供とお父さんは海で遊んで、母はエステ、その後みんなでバーベキュー なんて言うのも よさそうですね)

又、スパ

ホテルに戻ってから、のす父の分のスパ券が残ってるので、私1人で 又スパに行きました。
夜は お風呂やプールがライトアップされて、昼とは又違う幻想的な雰囲気で、なかなか良い感じでした。
ただ、せっかくの景色が夜は 何にも見えないので、一回だけ行くならやはり 視界がある昼間の方が 私的には好みです。(夜 真っ暗な闇と波音だけと言うのも 又良しですが)

スパもすっかり堪能して、 変える準備も万端。 明日は 3時30分にホテル出発なので、3時にモーニングコールを頼んで、「仮眠」と言う感じで就寝しました。

五日目
さよならサイパン

この日はもう 日本に帰るだけ、三時半にホテルを出発して、真っ暗な道を空港へ。
チェックインカウンターで 一応言ってみよう と「出来たら、ビジネスシートに座りたい」と頼んだら、スンナリOKになって、ラッキー。

ボディチェックが 前にもまして 厳重になっていて 小さい子供以外はすべて靴を脱がされる状態でした。
無事 ボディチェックも済ませて、空港内のDFSで最後の買い物をして 後は飛行機を待つだけ・・・だったんですが・・・・

空港で、マッサージ

ゲート前の待合室で、以前は無かった クイックマッサージのお店を発見。15分ドル$15とそこそこの値段だし、搭乗まではまだ間があるので、父子を待たせてやってもらう事にしました。
マッサージ師さんは 中国人の若い女性。 私は足裏マッサージをしてもらいましたが、なかなか上手で 短時間でしたが、リフレッシュできて良かったです。
最後の最後まで サイパンを満喫した私でした。
お天気にも恵まれたし、食べたものも美味しかったし、行きも帰りもビジネスシートでゆっくり座れたし、三度目のサイパンはとても 良い旅になりました。



じわじわと好きになってきた サイパン・・・
初サイパンの時には なんか寂れてるし 買い物も出来ないし 私はグアムの方が好きやなあと思ったんですが 二度三度と行くうちに 最近では グアムよりサイパンに傾きつつある私です。

 もちろん、又行きたいです(今回行けなかった AJ,s も大いに気になりますし)