サイパン夫婦旅

自分51歳





じいちゃんを見送って二カ月少々。 未だすっかり落ち着いたと言う訳ではないですが、「とりあえず、青ーい海と空を見に行こう」とのす父と 南の島に行くことにしました。

初め話が出た時には2人あっさり一致で「サイパン行こう」と言う話やったんですが、直行便が 関空を夜発 サイパンを朝4時発のいただけない便しか無いことから 
「やっぱりグアムにしょうか」「どうせ 飛行機で寝る感じなら、ハワイまで行こうか」etc. はては シンガポールやら、台湾やら 青ーい海の無い場所まで出てきて ワケワカラン状態になりましたが、結局「初心に戻ってサイパンに行こう」と決定しました。

日程はのんびりしたいので 5泊6日(とは言え飛行機の時間帯が悪いんで、実質4日ですけど)

ホテル&飛行機

飛行機は乗り継ぎは嫌なんで、アシアナに決定。
名古屋からだと 行きは朝発があったんですが、帰りは同じく未明に向うを立つパターンやったんで、あんまり意味ないなぁと 大人しく関空から行くことにしました。

ホテルは当初 アクアリゾートに泊まるつもりで、「どうせなら オーシャンフロント・・でも オーシャンフロントとスイートが$60 5000円足らずで 倍以上の広さの部屋に泊まれるならすごいお得やん」 と言う思考回路で スイートを予約してウキウキしてたんですが

ふと 「ハイアットなら ポイントでスイートにアップできる」と言うのに気が付いて電話してみたら、$195+6000ポイントでアップ出来る事が判明、100ドル近く安くなった上に、朝食やカクテルタイムの利用も出来るのはすごい魅力。
6000ポイントでのアップは4泊までなんで どうせ未明2時頃にチェックアウトになるから最後の1泊は普通の部屋に移動する事にして、予約を入れました。 

その他

ネットで見てると どうもハイアットの飲食施設は人気高いみたいなんで、今回結構レストランも予約して行きました。
二日目の夕食(鉄板焼き)  三日目の夕食(和食ビュッフェ) 四日目のランチ(サンデーブランチ) と 三か所予約したんですが、ふたを開けてみたら どこもほんとにローカルの人に人気有るようで、満席状態。予約しておいて良かったと思う展開でした(ハイアット E-Concierge経由で予約しました。便利です)

のす父は「オプショナルツアーは要らんで」と言ってましたが、 私が「MTBで走るツアーだけはどーしても行きたい、1人でも行く」と言うと「じゃあ、それだけ行ってやる」と言う事に(←偉そう)

当初は前に行った マリアナリゾートのツアーしかないと思ってたんで、それで行くつもりでしたが、調べてみると他にも MTBツアーをしてる会社がいくつか見つかり、そのうちの一つ サイパン・ジャングルジム・アドベンチャーさんにメールを送り 「MTB&シューケルのツアーに参加したいけど、コースになってるグロットでのシュノーケルは前にしてるので、コース変更できますか?」と 聞いてみると「出来ます、電話で話したいので スカイプでかけて下さい」と言うお返事。

実は私は スカイプ未体験だったんですが、アプリをダウンロードして頑張って連絡して
「舗装路じゃなく未舗装の道を走りたい、魚がたくさんいるビーチでシュノーケルしたい」と希望を伝えて、アレンジしてもらえる事になりました。

一日目

出発

サイパン行きの アシアナは関西空港を21時50分発。3時間位前に空港に行くとしても、仕事終わってから十分間に合うので、生まれて初めて「仕事帰りに海外旅行に行く」と言うのをやることにしました。

のす父は朝から休みですが、荷物2人分持って来てもらうのもなんなんで、自分の分の荷物は空港宅配で 予め関空に送って置き、普段とあんまり変わらない感じで出勤しましたが、仕事中も「今日からサイパン」って思うとワクワク。 
夜遅い出発だと、ワクワクして昼寝しようにも寝れないし、結構持て余すんで、仕事場から関空は有りかも。

のす父とはるかの乗り場で合流して、一路関空へ。
この所 何故か乗る飛行機の出発が早まるパターンが続いて、ゆっくりする間もなく飛行機に乗ってしまう事が続いてましたが、流石に 3時間前に到着したんで、今回はゆっくり関空の中をブラブラしたり、出発前にカードラウンジで休憩したりできました。

空いてるサイパン

出発時間が近づいたんで、ゲートに行ってみたら なんか「ほんまにここで合ってるやんな?」と思うくらいガラガラ。
隣のグアム行きの待合室には 沢山人がいてはるのに サイパン行きは人気無いみたいです。

いよいよボーディングとなっても あんまり人も集まって来ずで、機内はこれまでに体験した中でも1.2を争うくらいにガラガラでした(もう少し飛行時間の長い便やったら 食事終わって照明が消えたら横に真ん中席に横になって寝る所ですが、そうするには機内食食べた後の残り時間が少なくて残念)

日系の飛行機だと こんな時間からの短距離便やと、ほんとに簡単な機内食の場合が多いですが、アシアナはなんと「チキンか魚」のチョイスまである正統派機内食。(しかも機内食としては美味しかったし)
アルコール有料なんてケチな事もないし、お茶、コーヒーの類も空いてるせいかすごくマメに回ってくれるし、CAさんは綺麗やし、アシアナいいですね。

チケット買う時ににはサイパンまで三時間半 との事でしたが、実際には2時間55分との事、 出発自体も 30分早くなったんで、結局予定よりも 約1時間早くサイパンに到着。深夜到着で一時間早いのはかなり有りがたい。

飛行機こんなに空いてたけど、他から来てる便も有るからイミグレで待つかなぁと思いましたが、何のことは無い、「もしかして、この行列用のロープって見栄で置いてるのか?」と思えるくらいに ガラガラ あっと言う間に入国完了。

バッゲージも行ってみたらちょうど目の前を 回ってるタイミングで、一分も待たず。
イミグレがガラガラだから 税関で待つ由もなく、ささっと通過
私の旅行史上 コタキナバル空港かサイパンかと言うくらい 飛行機降りてから外に出るまでスムーズで、この時点で「サイパン来て良かった、サイパン最高」と既にハイテンション (笑)

と 言う訳で あれよあれよと言う間に空港を出たら、そこは夏の夜。
直前にスコールが有ったようで、湿度が高いむわーんとした空気に包まれると、つい数時間前まで「寒い」って思ってたんがウソのよう。

グアムだと、出口を出ると バスが一杯、迎えの人が一杯、タクシーも一杯 ですが、こちらは 出迎えの人もちょっとなら、パスもちょっと それは良いけど・・・なんかタクシー一台しか居てません (・.・;)
これはもし もう一組個人手配の人が来て 先に乗られたらだいぶ待つ羽目になるかもと のす父共々あせってタクシー確保(笑)

行き先を告げると「ハイアットなら$30」と言われましたが、同時にメーターも作動してて そっちは到着時点で$26位を示してたから 「んー $30はチップ込みかなぁ?」と迷いましたが、まあとりあえず荷物二つで$2上乗せして払ったら、すごーく喜ばれたんで、やっぱ $30でチップ込やったんか? 

タクシーが走りだして、空港の敷地から出ると、いきなり周囲は真っ暗、
さっきまで、雨が降ってた事あってか、夏の草の匂いが車内に入って来て、南の島に来たんだなぁと嬉しくなります。
空港を出たらすぐに街並みに入るグアムと違って、ずいぶん走ってやっとちょっと建物の多い場所に来たなぁと思ったら、もうホテルに到着でした。

運転者さんが、車から荷物を降ろしてくれながら、「帰りの予約してくれたら、帰りは$25にする」とさかんに営業してた来るので、どのみちタクシー呼ばないといけないしと 予約を入れて、上機嫌の運転手さんと「じゃあまたね」とお別れしました

ハイアットに到着

ここまでの道のりが ガラガラやったから、当然ホテルに到着しても殆どお客さんの影もなく、さくさくとチェックイン。
飛行機が早く到着し、そこから全くのノー行列でここまで来たんで、結局本来の飛行機の到着時間には既に部屋のベランダでビールを飲んでました。

ここのリージェンシークラブカテゴリーの部屋は、建物の高層階ではなく一つの建物全部がクラブカテゴリーで、各フロアの角部屋がスイートなんで、「ポイントでのアップやし、低層階かなぁ?」と思ってたら予想通りの3階でした、まあ高層階って言っても6階まで(7階はプレジデンシャルスイート)そんな残念感は無しですが。

クラブタワーまでは、なんか面白いオブジェの並ぶ通路を通って行くんですが、なんかこの通路の感じ結構好き。
部屋の感じは ブログへのリンク こんな感じでした。

とりあえず、ベランダで「あー夏やなぁ」とか言いながらビール一杯だけのんで、この日は就寝。
朝から出勤して、ここまで ながーい一日でした。 

二日目





何時も通り 旅先では常に早起きな私。
昨日寝たん3時くらいやから10時くらいまで寝ればいいんですが、寝られないんです(実は早起きと言うよりは、枕が変わった為の不眠症なだけ)

寝れない、寝れないとモンモンとしてても意味ないし、とりあえず起きだして、ゴールドパスポート特典でルームサービスのコーヒーなんぞ頼んで、ベランダで「あー 夏はええのぅ」と過ごしてたら、のす父も早々に起きてきました。
(若い時は こんな場合死んだように寝てたのに、年寄りで早起きになってたんです)

のす父も起きて来たことなんで、朝ごはん食べにラウンジへ。ラウンジの様子は こんな風です  
外で風に当たりながら朝ごはん 昨日まで「あー寒い寒い」と背中丸めてた身には最高のぜいたくですな。

お買い物

とりあえず 滞在中のビール&飲み物の類を早急に買いだしに行きたいし、中途半端にプールとかに行くと昼ごはんに行くのがメンドクサクなるんで、午前中は買い物に当てることに

とりあえず ブラブラと開いてる店を見ながらDFSまで行こうとホテルを出発。
駐車場の所から外に出ると、そこは 「サイパンの繁華街」ガラパンなんですが・・・・思い切り誰も居てません。
朝早いとは言え ほんまに誰もいなさすぎ(笑)

日本語、英語、韓国語、中国語の 看板が入り乱れ 「ここはどこやねん」って雰囲気、
しまってる店も多くて、正直 寂れてる感出しまくり。
(ちなみに、昼は人もまばらでしたが、夕方からはそこそこ人が歩いてて、ゆるゆるな雰囲気と相まって さながら 温泉町の繁華街のようでした)

ABCストアをのぞき、ジョーテンショッピングセンターの中のスーパーで ちょこちょこお土産品など買いこみ、DFSが10時半まで開かないので、向にあった大きなお土産屋さんをのぞいて時間つぶし。

で、DFSに開店と同時に入店、グアムだと他にみたいお店が色々有るんで、DFSはどーでもエエかなぁって感じですが、ここでは 他が無いので 私にしては珍しく けっこう色々と買い物しました(高い物は買ってませんが)

グアムの半分くらいしかないDFSですが、これだけはグアムに勝ってると思うのは・・・・
どでかい サイパンダ まるまるしてて ほんま可愛いです。

スパイシー・タイヌードル・プレイス

お昼御飯は 私リクエストで タイ料理。
詳しくは ブログ にて 

まあ、味は日本のタイ料理の方が美味しいように思いましたが、雰囲気はかなり好きでした。
通常プールとかに入って水着&体濡れてる状態だと 普通の飲食店に入りづらいですが、ここの店なら 水着の上にちょっと羽織り物すれば濡れてる状態でも利用できるんではなかろうか?

プール&海

買い出し&ランチを済ませて、午後からはいよいよ プール&海
去年は 骨折して夏も長袖生活やったんで、去年の一月にグアムロングライドに行った時に 前日に一日だけPICのプールとオプショナルツアーで行った海で泳いで以来の プルー&海 そして水着です

プールはグアムのハイアットに似た感じですが、規模は半分くらいで、スライダーも有りません。
子連れのお客さんの多いグアムに比べると 静かなでのんびりとくつろげる雰囲気。
グアムに比べて小さいとは言え、マリアナのプールとかと比べると 広々して作りも滝が有ったりして凝ってるし、プールサイドに花が沢山咲いてて、良い感じでした。

でも、なんと言っても良かったんが 海 
砂浜ビーチなんで、マリアナ前みたいに「お魚一杯」って事は無いですが、真っ白なパウダーサンド、透き通った青い海と空、ヤシの木と絵にかいたような南国ビーチ。

「ビーチチェアは別の業者の所有物で有料」なんて事もないし、物売りやら、マリンスポーツの勧誘もないし、ほんま極楽。
ここのビーチだけで ガラパンの街が終わってる事も、飛行機の時間帯が最悪な事も、帳消しにしてやろうと思える(笑)

シュノーケリングについては、毎日海で遊んでましたが、結局 金属の杭のようなものがある場所しかポイントは見つからず、この点だけは少し残念でしたが、それ以外はパーフェクト。

ビーチバーも良かったし、ほんま又あの砂浜で 夕日を眺めながら一杯飲みたいです。
ビーチバーの様子は リンク こちらから

ラウンジカクテルタイムと夕飯@鉄板焼

グアムみたいに買い物に遠くまで行くような事も無かったんで、ラウンジカクテルタイムには日参してました
夕飯第一弾は 鉄板焼きにて 食事の内容はリンクこんな風でした。

またお買い物

夕飯食べ終わった後、特にする事も無いしなァ、とまた DFSまで買い物に出かけました。
グアムとかでは「DFSなんか興味ないし」って態度の私ですが、ここではほんま他には ジョーテンのスーパーか、ABCくらいしか 見る場所無いんで、4日間 この3つの店をクルクル回ってましたよー
(ならば、買い物なんかしなければ良いんでしょうが、俗物なんで、買い物無しと言うのは無理なんです)

4日間で何を買ったかなーと思い返してみると、DFSでポロのキッズの服がめちゃ安くて(Tシャツとかユニクロ並みの値段)自分&のすの服を買って、思い切って(笑)スウォッチ買って、ABCで日本より強力な日焼け止めを仕入れて、・

あとは スーパーで食品類、ガラパンの街中で$30で水着、中国系お土産屋でパチモンのワンピース・・・・
最終日になって シーシェルピンクと言うお店でブラウスを買った位(ここのお店は オーダーでも24時間位で出来上がるそうなんで、初めのうちに行っておけば良かったと、今回の旅行中の唯一の後悔)
ほんま こうして思い返してみたら「貧乏性の俗物」そのままなお買い物スタイルですな 

ロビーラウンジ

ホテルに戻って来て、部屋に戻る前にロビーラウンジで一杯。
丁度バンド演奏が入ってて、「南国のホテルのゆるーい夜」夜風が気持ち良くて、ほんま京都の夏の夜とは大違い、ここに住んだら、「コーネンキ滝汗症候群」ともおさらば出来るのでは・・・

計画段階では、ガラパンの街中のバーにも行ってみよー とか言ってたのに、いざとなるとジジババは腰が重く、結局夜はここで一杯飲んで 部屋に早々に戻ると言う行動パターンになってました。

ヨガ・アウェイ

あんまりにも 「食って、飲んで」な一日に恐怖感を覚え、部屋にヨガマットとヨガのDVDが置いてあったんを思い出して、エクササイズ。

DVDは後から 調べるとハイアットのフィットネス施設で使われてる物だそうで、A Good Night from YogaAway(安眠のために) ・The Workout(体力増進のために) ・Stress reduction(リラクゼーションのために) ・Finding Focus(集中力を高めるために)の四枚組。
全編英語なんで、言ってはる事は半分位しか聞き取れませんが、DVDなんで見ればわかるし、英語の方がなんかカッコいい事してる風な気分やし (笑) 自分用お土産に買ってくれば良かったかも

初日は もう寝る前なんで、ちょっとやってみただけですが、翌日から 空いた時間にちょいちょいDVD見ながらやってました。

こんな感じで、実質一日目の サイパン二日目終了です。


三日目



早朝ウォーキング

この日も「ニワトリ並み」に早朝に起床、普段もこんなけ早起きなら良いんですが・・・
起きてしまったんで、昨日の飲み食いの分を少しでもチャラにしようと 早朝ウォーキング

地球の歩き方に載ってた ジョギングコースを歩いてみることにしました。(初めは ジョギングのつもりでしたが、速攻でメゲてウォーキングに変更したんですが)

ホテルを出て、すぐ横のアメリカンメモリアルパークの中を 写真撮ったり、戦争関連のモニュメントの所では黙祷をささげたりしつつのウォーキング。
朝早いので気温も控え目だし、海風があるんで気持ちいい。 こういう所に住んでたら 私も毎朝ウォーキングとかできるかも(まあ無理と思うが)

Smiling Cove と言う ヨットハーバー沿いに歩いて行くと 自転車のチーム練習してる風な人に沢山出会いました。
気持ちよさそう、私も自転車有れば一緒に走りたいなぁと思いつつ歩いてました。
適当な場所で引き返して、又 アメリカンメモリアルパークの中をカメラ片手に歩いてると、向こうから来た ジョギング中のおじさんが「写真撮ってあげましょうか」と 言ってくれたんで、撮っていただきました、
この方は 観光関係の仕事してる人で、日本語ペラペラ、既に汗だくになってたんでちょっと恥ずかしいですが、良い記念になりました。



イイ汗かいて喉が渇いたんで、まさかカフェとか開いてる訳ないよなーと思いながらも 公園から出てビーチロードを歩いて行くと、朝7時過ぎなのに 開いてるカフェ発見ヽ(^o^)丿
ジャバ・ビーチ・エスプレッソなるカフェでとなりのカフェアットザパークと 名前は違うけど 中は繋がってると言う謎な作りのお店。
リーズナブルな値段のモーニングセットが魅力でしたが、朝ごはんはホテルに無料で待ってるんで、こらえて アイスコーヒーを頼んで、テラスで一休みしてからホテルに戻りました。

のす父も起きてたんで、着替えて朝ごはん。空腹は最高のスパイスなので めちゃ美味しかったことは言うまでも有りません(*^_^*) 

ビーチでのんびり

朝食の後は、夕方のスパの予約と、昼からのマニャガハ送迎の予約をして、あとはビーチのディベッドに陣取って過ごしました
(のす父は 寝たり、本読んだりとほんとにのんびりしてましたが、落ち着きのない私は シュノーケルしたり、プールに入りに行ったりと相変わらず ウロウロしてましたが)

マニャガハは当初ランチまでの間に行って帰って来ようとしたんですが、午前中はボートが既に予約でいっぱいとの事で、1時の予約となり、時間の割り振り的に昼ごはんはビーチで食べることに決定。
ビーチバーの軽食メニューから のす父はパスタ、私はパニーニを頼みましたが、両方ともホテルの厨房からのデリバリーなんで、きちんと作られていて美味しい(てか、この景色の中で食べたら たいていの物は美味しいと思う)

綺麗な海をながめつつ、ビール飲んで御飯食べて、飽きたらマリンショップの猫と遊んだり、至福の時間でした






マニャガハ

約束の一時になって、ポートの人が呼びに来てくれたんで、いざマニャガハへ。
ビーチの浅瀬からモーターボートに乗り込んで、15分程の航海。
何人かで乗り合いだと思ってたら、のす父と2人でした、2人きり嬉しくはないけど 気楽 (笑)

マニャガハのレポは ブログ にて 

あまりにメジャーなんで 「なんかちょっとな」と思ってたマニャガハ、まあ俗化されてると言えば そうなんですが、それでも海の綺麗さは感動ものでした。

イサグア・スパ

マニャガハから戻って、夕方からはスパ。
ガラパンの街中には一杯安いマッサージ屋があるけど、せっかくハイアットに泊ってるし・・・写真見るとなんかカッコいいし、と清水の舞台から飛び降りてイサグア・スパ 体験してきましたー 

せっかくなら ジャグジーにも入ろうと 水着のままで上から服をちょっと羽織ってごまかして行きました。
こんなゴージャスなスパを利用するのは、去年の上海以来なんで、おっかなびっくりな感じで受付を済ませ、予約のお時間までご自由に寛いで下さいね、との事で、中庭のジャグジーに入ってたら、同年輩位の人に「写真撮って」と言われたんで、撮ってあげて、お返しに私も写真撮ってもらいました 
その場のノリで撮ってもらいましたが、考えたら水着姿の写真なんて10年以上ぶり(公開はしませんけどね)

予約の時間になったので、案内を受けてトリートメントルームへ。
ドアの反対側は天井から足元までガラス張りで、水の流れが見える庭が見える作りになっていてオシャレな雰囲気でした。

私が受けたマッサージは 
マリアナ・アイランド・シグネチャー
心と体に栄養を与えながら全身のリラックスを体験していただき、サイパン島で代々受け継がれてきた優れたマッサージ師の手によるシグネチャー・マッサージを受けていただきます。 このマッサージは長い上下運動のマッサージで、香り高いプルメリアの花のエッセンスであるイサグア特製の香料、 カラチュチャを使用しています。


と 言う物で、いい香りのオイルで全身をマッサージしてもらって、かなり気持ち良かったです。
60分のコースで 120ドル(ゴールドパスポート特典で10%off)と ふだん グルーポンやら、ホットペッパーやらで安いお店を探してたまにマッサージに行ってる私からしたら、10%offと円高の恩恵をもってしてもなお 分不相応な高級マッサージですが、たまには高いう贅沢も良しとしましょう。

サンセット&ディナー

スパですっかりリラックスして、部屋に戻ったらもう夕方。
この日のディナーは 都の土曜限定の和食ビュッフェを予約してるので、それまでに軽く一杯飲みにラウンジへ。
ちょっと暑かったけど 外のテーブルで 飲んでるうちに 日がどんどん沈んで来ました。
この日はほんとに雲ひとつなかったんで 夕焼けがヤバいくらい綺麗。

ビーチバーに移動したらもっと綺麗かも・・・と思いつつ 夕飯までそんなに余裕もないんで ラウンジプールサイドから眺めてましたが、太陽が沈むにつれて 周囲がどんどんオレンジ色になっていのくのが、幻想的でした。
次の日のオプショナルツアーで聞いた所によれば、こんなに雲ひとつないサンセットタイムと言うのは ここでも年に何回かだそうで、今回ほんとお天気に恵まれました。

夕飯の 和食ビュッフェの様子は ブログ こちらから、

よっぽどお腹 ポンポンになったんか、実はこの日 この後の写真も無ければ、記憶もあんまり有りません(笑)
たぶん 膨れたお腹のまま 早々に寝たのかと思われます。





ヨガしてからの朝ご飯

昨日も 一日よう食べた&飲んだ(^_^;)
でも 今日は朝8時ロビー集合でオプショナルツアーなんでさすがに歩く時間は無いなし・・・せめてと 部屋に備え付けのヨガマット&DVDで朝ヨガ。

て゜、いい感じに体もお腹も目覚めて、ラウンジで朝ごはん(なんか、結局美味しい朝ごはんの為に運動してるだけのような気が・・・)
朝の爽やかな風に当たりながらの朝ごはんは美味しいー♪って事で、朝起きた時 食べ過ぎを気にしてたヤツとは思えないくらい しっかり頂きました。

ジャングル・ジム アドベンチャー

部屋に戻って、準備してロビーに降りて待ってると、ジャングルジムツアーの ジムさん&助手の女性が登場
想像に反して、普通のセダンでのお迎えでした。

ツアーの様子は、ブログにて。

その1
その2
その3


オーダーメード感覚のツアーで、やりたい事がしっかり出来て、ほんとに楽しかったです。
あんまり 知られてないようですが、ここのツアーはかなりおすすめ、オーダーすれば昼ごはんを含めての丸一日のツアーも組めるようです。

サンディ・ブランチ@ジョバニス

がっつりお腹減らして ホテルに帰還。
この日は ジョバニスでサンディブランチを予約してます。
ホテルのイタリアンレストランでのサンディブランチ、本当なら オシャレして行くべき所ですが、戻ったんが12時、予約が12時半なんで、あんまり時間が無く、適当に服装だけ整えて行きました(海上がりやのにシャワーもしてへん)

ここのサンディブランチは前にも利用しましたが、相変わらずの大人気。
ブランチ的にはもう遅い目の時間なのに 店内は本気で満席でした、本当に予約必須、それも早めに予約しといた方が良いと思われます。
料理は「ホテル中から集めてきました」状態ですごいバリエーションやし、シャンパンはバンバン注いでくれるし、高いけど値打ちは有りました。

またしても 詳しくは ブログにて

極上サンセット

食後は 膨らんだお腹を水着で包んで また海&プール。
流石に 午前中に良く動いたんで、本読み中心で たまーに体冷やしに水に入る程度で ぼーっと過ごしてました。

適当な時間に引き揚げて、お決まりの ラウンジ一杯飲みしてたんですが、この日も殆ど雲が無い空やつたんで、「せっかくやしビーチバーの方に移動して飲もう」という事に。
ラウンジならタダ酒ですが、ビーチバーの方も夕方は半額で飲めるし、一回はビーチでサンセット見とかないと。

運よく一つだけテーブルが空いてたんで ビーチに陣取って夕焼け待ち、この時点ではまだかなり明るくて、日に当たるとかなり暑かったんです。
が、猫と遊んだりしてる間に 太陽が水平線に吸い込まれるように沈んで、空の色がブルーから淡いオレンジ、そして濃いオレンジへと あっと言う間に変化して行き、砂州で遊んでるひ人たちの姿や、ヤシの木や周りの物全てがだんだんとシルエットになって行っく様は見事
今まで、いろんな場所で夕日を見たけど、この日の夕焼けは 私史上1と言って過言ではないと思います。ほんまに極上でした。



ルームサービスで夕飯

昼にサンディブランチでお腹が破れそうな位に食べて、夕方ラウンジでも色々とつまんだので、さすがにお腹が減ってない。
でも のす父は「ワシは食う」と言うので ルームサービスでナシゴレンを1人分だけ頼んで、夕食を済ませることにしました。

いつも「食う、食う」と言って いざ料理が来たら「食わへんか?」と人に食べさせようとする習性のあるのす父、案の定ナシゴレンを「食え、食え」と勧めて来たんで、1/3位は私が食べました。
そう言えば昔 コタキナバルのハイアットでナシゴレンをルームサービスで食べた事がありました。
サンセットは サイパンの方が上ですが、ナシゴレンは・・・足元にも及びませんでした (笑)

サンド・キャッスル

サイパンは夜に出かける場所もなさそうやし、円高やし、ゴールドパスポート割引もあるし、しかも会場ホテル内やし、いっちょ行っとく?と サイパン入りした後で サンド・キャッスルのカクテルショーを予約。
この日の 8時45分からのショーを見る運びとなりました

時間ちょっと前に ロビーに降りて行くも、特にサンドキャッスル見に来てる風の人も見当たらず、
グアムのサンドキャッスルは 観光バスがどんどんやって来て賑やかなイメージなのに、この静けさはなんなん? 
もしかして お客さんが少ないから やめになってたりしてな、ワシら2人だけやったらどーする etc. 勝手な事を言ってるうちに 開場時間になり、お客さんもポチポチと集まって来はりました。

とりあえず 入場して 案内された席へ、わりに真ん中の席で見やすそうな位置。
お客さん 初めは全然居なかったですが、だんだんと集まって来て、最終的には7分の入りくらいになりました。

で、ワンドリンク付いてるんで、ドリンクの注文して、始まるまでの間にお客さんの記念撮影が有って。(写真どうせ後で15ドル位で販売するんでしょ、と思ってたんですが・・・後述)

最初のうちは、なんかお客さんも少ないし、温泉町のストリップ見に来た見たいな気分 とか 失礼な事言ってましたが、ショーが始まってみたら、ダンサーのお姉さんは綺麗やし、イリュージョンは種全然わからんし、けっこう引き込まれて見てました。温泉町のストリップとか言ってすまんせんでした。

のす父が\(◎o◎)/!


ショーも後半になった所で、大変な事態が。
ショーの中でお客さんを舞台にあげる演出が有って、初め 私らの前に座ってた韓国人団体の中の小学生くらいの女の子が選ばれてステージに上がり それが終わって、普通に出演者だけのイリュージョンやらダンスが有って。
二回目のお客さんから 1人選んで舞台に呼ぶコーナーで、な、な、なんと のす父が舞台に上がることに。

のす父は そう言う人前に出るの苦手なタイプなんで、どーするのかと思ったけど、意外や素直に舞台に上がって行きました。
ネタばれになるんで 詳しくは書きませんが、写真一枚だけアップしておきます。
結構 ニコニコして与えられた役割をこなす姿が 家族からみるとたまらん可笑しくて、1人で笑い転げてました。
舞台から戻った本人は 「もうかなんわー」とか言いながらも けっこう嬉しそうでした。

その後 色々とショーが有って、終演時間となり、最後はスライドでお客さんの写真が場内に流れました。
のす父 マジシャンデビューの写真も二枚ほど流れて また 笑いがこみあげます。

で、意外な事に お客さんの写真、この時に流されただけで、販売は無し。
出口の所に 写真を飾るスペースらしきものは有ったから昔は販売してたのだけど、プリントアウトしても売れ残りが殆どやから やめになった様子。
それなら 「欲しい人は申し出て」とか アナウンスしたら?と思うんですが、それも無しに終わってしまいました。

私たちも 最初に席で撮った写真だけなら全然いらないんですが、のす父の舞台写真はかなり欲しい。
でも 買うきっかけが無いから、一旦外に出たんですが・・・
のす父が「なぁ ワシの写真買えへんか聞いてきてぇな、ワシが聞くのん恥ずかしいし 自分が聞いてきて」と言うんで 1人劇場に戻って 終演後の劇場に居るスタッフを捕まえて「あの うちの旦那の写真が欲しいんですけどぉ」と聞いてみたら、一枚10ドルでOKって事なんで、二枚とも購入しました。

のす父の所に写真を持っていくと「ワシも世界デビューやなぁ」とか言って なんか嬉しそう。
「ワシこういうのん苦手やけどな」とか言うてるけど ほんまは 多分嬉しかったんやと思います (笑)


のす父の写真をネタに バーで一杯飲んで、盛りだくさんやった 日曜日も終了。

明日は スイートをチェックアウトして普通の部屋に降格になるんで、最後まで使うものをよけて 荷造りも完了(最初の一泊を普通の部屋にするか、最後一泊をそうするか迷いましたが、どの道帰る荷造りをするから、最後の一泊で正解でした)
あっと言う間に 実質明日を残すのみとなりました (-_-;)

四日目



ウォーキングとサイパン自転車事情

あっという間に サイパンも最終日。明日はと言うか 朝4時の飛行機なんで実質的には 今日帰るような気分です(荷物も片付けたしね)

昨日も沢山食べたんで、早く目が覚めたことやし、又一人朝ウォーキング、 おんなじ方に歩くのも芸が無いんで、この日は海沿いに 南方向に歩いてみることに。

グアムでも何度か 朝の海沿いを散歩しましたが、こっちは海沿いに建物が少ないし、歩いてる人も少なくてよりのんびりとしたムード。
特に目的地も無かったんで とりあえず ハファダイビーチホテルのあたりまで歩いて、帰りはビーチロード沿いに歩いて戻りました。

ところで、昔調べた時にはマリアナ以外に自転車を借りられる場所が見つけられなかったんですが、今回来てみると 以前には一度は自転車のレンタルを止めてた アジアンスクーターカーレントで レンタサイクルが復活してたの初め、周囲にも何件かレンタサイクルのお店が出来てました。

ローカルの人が自転車乗ってる姿も前は ほぼ見なかったのに、今回は一回目の朝ウォークの時も、この時もヘルメット着用で スポーツバイクに乗るローカルを沢山見かけました。
前日のツアーの時に 聞いた話によれば、最近日本人経営の自転車店も出来たそうで、サイパンにも自転車の微風が吹いて来てるようです(不況の影響という側面もあるらしいですが)

のす父と歩いてる時には レンタサイクルで町を走ってる観光の若い子も何組も見かけました。
日焼けと 熱中所には気を付けてな (笑)

部屋に戻って、のす父と共に ラウンジで朝ごはん、気持ちいい朝ごはんも今日で終わりと思うと寂しい(ToT)
最後なんで 美味しかったお粥をリピートで食べました、この日は「ゆで卵かお粥か」の二択でしたが、二択にしては内容に差がありすぎw

この日は 12時に部屋移動が有るんで、それまではへんにプールとか行かない方がいいし、最後の買い物にガラパンをブラブラして、DFSでスウォッチを買ったり、シーシェルピンクと言うお店でブラウスを買ったり

たしか 来る前は「たいして買い物とかする場所もないし、DFSとか一回行ったらもうええし、のんびり過ごそう」みたいな話を夫婦でしてたような気もするが・・・・
「なんも無い無い」といいつつも 結局毎日のように 温泉町風なガラパン界隈をブラブラとして、なんやかんやと買い物してました(結局買い物嫌いじゃないんですな)



お引越し

部屋に戻って、引越しの為の最終準備も完了。
12時に ポーターの人が来る話になってましたが、若干時間余り気味なんで、「出来たらもう移動したいです」と フロントに電話したら、じゃあすぐにお手伝いに上がります。と ポーターの人が すぐに来てくれました。

最終日の$198/泊 は 一番安い部屋の値段なんで、まあいくらなんでも 普通に泊って$300/泊 のクラブルームって事はないから、メインタワーか、良くてサウスタワーかなぁ、それはそれで 景色とか変わるし、部屋の様子も見たいし楽しみ。
できたら サウスタワーがいいなぁ などとおもってたんですが・・・・

なんと 「your newroom 」と 言われた先は となりの部屋 (笑)
ならば 部屋番号行ってくれて、ラウンジで鍵だけくれたら自分で移動したんですけど(^^ゞ 人に来てもらって申し訳ないやら、拍子抜けするやら。

て 事で 普通のクラブタワーの部屋の様子はこんな感じ ブログ

もう一度 都 

サイパン到着以来、ガンガン飲み食いしてた疲れが出て来て あんまり食欲もなかったんで、最後の昼ごはんは 都の単品メニューで うどんセット

ランチビュッフェだと $26位で食べ放題で お値打ち感あるんですが 単品メニューは$16とかした割には・・・・
まあ あっさりした物が食べたかったんでしかたないですが。

最後の海&プール

昼からは もう特にする事もないんで、海辺のチェアを陣地にしてのんびりと過ごしました。
日曜日に貰った 魚の餌用のパンがまだ余ってたんで、唯一のシュノーケリングスポットにいてる魚たちに大盤振る舞いしたり
砂州の上を歩いてみたり、ここのビーチは本当に綺麗で すっかり気に入りました。今日でお別れ何が辛い(-_-;)

プールの方も 花が沢山咲いていて、庭の中を泳ぎながら回遊してるような雰囲気が良いです。(グアムのハイアットも同じような感じですが)


それにしても 南の島の最後の日は いつも 「あー 帰ったらしばらくはまた寒いんやなぁ」と寂しくなります。

クラブエラン

フィットネス施設とスパ施設のあるクラブエラン、無料で使えるんでお風呂目的で二回利用しました。(たぶん、イサグアスパが出来る前は、マッサージとかもここでやってたと思われ)

お風呂は 水着着用で男女一緒、 裸でないので 解放感が今一つですが、一応大浴場気分
ドライとミストの二つのサウナがある為か、韓国人の方の利用が多いように見受けました。

シャワールームは 男女別のロッカー内なんで、お風呂で寛いで、体&頭洗いはそちらでと言う感じ。
ただし、備え付けのシャンプーで洗うと 髪の毛カシカシになるんで、トリートメント持参がお勧めです。
全体に古臭い雰囲気で オシャレさとか豪華さは有りませんが、まあ 銭湯気分で寛ぐには良いのではないでしょうか (笑)


ラウンジ

クラブタワーから出されなかったんで、この日の夕方もラウンジに飲みに行く事が出来ました。
のす父は「ワシは寝る」と言うので、1人でラウンジへ。

外のテーブルで 「家帰ったら、もう飲めへんしー」とか思いつつ シャンパン飲んでたんですが、お隣のテーブルの家族の子供さんが可愛らしかったんで、話しかけたきっかけから ご家族と会話する事流れになり。
さらに 後ろで1人のみしてた外人さんのおじさんも加わって 会話が半分英語に切り替わり、国際交流の場になってしまいました。

外人のおじさんは 英国人で東京在住、でも 1月〜3月はあたたかいサイパンで過ごすそうで・・・めちゃリッチそうなお方でした。

カーサ浦島

最後の夕飯は 前から気になってたカーサウラシマへ。

タクシーで向かった先は ほんとに個人住宅(豪華ですけど)内部もほんと普通の家のような雰囲気。

食べたのは シーザーサラダ、サーモンの春巻き、オニオンスープ、ロブスター、パスタ、VISAカードの特典でサービスのシャーベット。
どれも 美味しかったけど、特にスープがめちゃ美味しかった。

食後はタクシーを呼んでもらって ホテルに帰還。ちょっと中心部から離れるんで、タクシーで移動する必要がありますが、わざわざ行く値打ちは有ったと思います。



ハナミツ・ホテル&スパ

この日は 1時半にタクシーが迎えに来て空港に向かう予定。
なんで 寝てもビミョーなんで 「そうだ遅くまで空いてる安い目のマッサージに行こう」と考えて、フリーペーパーで色々検討。
 ガラパンスクエアにある ハナミツホテル&スパに目を付け、朝の散歩の時に外から偵察してたら 声かけられて、夜の10時から2時間予約しておいたんですが。

マッサージ屋が栗林してて 客引き合戦のさかんなガラパンで予約までした奇特な客って事と思われたようで、考えてた ボディ60分+足つぼ60分と言う 安上がりなコースを頼もうとしたら、フェイシャルをやれとか アロママッサージにしたらとか 韓国人と思しいお姉さんが 押してくる、押してくる(笑)

アロマは そのまま帰国するから オイルが付くのはいやと断ったけど、フェイシャルはついついやることにしてしまい、さらに 2人で同時に施術するから2時間の中で ボディ+足つぼ+フェイシャルをする事になってしまいました。
当初 割引券利用で2時間で70ドル位の予算で行ったのに結局110ドルのコースになってしまい・・・なんだかなぁ
結果論で言えば 朝予約なんぞせずに フリーで行った方が良かった気がします。

施術はまあ 気持ち良かったですが、足つぼは60分やってなかった気がするし、施設も値段なりと言う感想。
ハイアットのスパを先に体験したから よけいそう思うんやと思いますが。

とりあえず、2時間リラックスして、12時半位にホテルに帰着。
むっちゃ眠いけど もう出発まで一時間も無いんで ごろごろしつつ起きてました。

さよなら・サイパン

1時半にロビーに行くと、初日に頼んでおいた運転手さんが既にまっててくれました。
なんか、昨日と間違えててたみたいで、「昨日も1時半に来て待ってた」とか・・・可哀そうやけど メモしてたよね(-_-;)

「到着した時はチップを3ドルくれてありがとー、帰りは割引だから$25でいいからね」みたいな感じで びみょーにプレッシャーかけられつつ 空港到着。
結局、帰りは 25ドル+3ドル渡したら 喜んではる感じでした、多分。

そんなに並ぶことなく、搭乗手続き、エックス線検査を済ませ 出発エリアへ。
免税店を見て時間つぶししてましたが、流石に眠くてたまらず・・・と言って寝転べるような場所もないんで ヘロヘロになりました。
マッサージ行くより ちょっとでも寝た方が良かったなと反省。

やっと飛行機に乗り込んで、後はモーローとしながら 機内食食べた以外は殆ど寝てる間に関空に到着でした。

今回は 初めて島の中心部に宿泊してのサイパン旅行でしたが、今まで「どうせ街中に泊まったって、めぼしいお店も無いし、それなら 静かな北部の方がいいやん」って思ってたけど マイクロビーチが想像してた以上に良いビーチやったし、ホテルもなんやかんや言っても ハイアットは快適やし、しかも アップグレードしてスイートに泊まったんで 「サイパンめっちゃいいやん、来て正解やった」と思いました。
もちろん又 行きたいと思ってますが、飛行機の時間がやっぱりネック、せめて帰国が朝7時発位だと マシなんですけどね。