San Francisco 親子旅

のす 21歳 





★注 時系列に残して置きたいので 旅行記として作成しましたが 殆どブログにリンクです スカスカですいません。




ダメ元で のすに「夏休みに旅行行かへんか?」て聞いたら、意外や「行ってもええで」と言う返事で、親子三人旅をする事になりました。
行先は どうせならちょっと遠くに行きたいって事で、久々にアメリカ本土、自転車の街サンフランシスコに決定。


準備


飛行機

本来なら マイルが貯まってるデルタで行きたいところですが、直行便が無いのと、一人分くらいは特典で予約入っても、それに合わせて残り二人分のチケットをと思うと 意外に高いので、関空から直行便が有り、料金もコミコミで一人10万程度と安かった ユナイテッドで行くことに決定。
発券してしまった後行けなくなったら、払い戻し不可なんで 別料金を払って、一週間保留にした後、覚悟を決めて決済しました。


宿

大人三人、さらにのすが「SF行くなら、自分の自転車を持って行きたい」と言うので 2ベッドルームのコンドミニアム的な所がいいなぁ・・・と 検索して ここを見つけました。

5泊で30万円近くかかってしまうのと、チェックイン日の45日以降にキャンセルしたら前払いした宿泊料金は全額没収という きっついキャンセルポリシーで、かなり迷いましたが、ホテル代が高いサンフランシスコなんで、ホテルで三人で一部屋でも耐えられそうな広い部屋とか、いっそ二部屋とか考えると、料金的に変わらくなってくるし、それならこっちの方が絶対楽しそうやん・・・と 死んだ気になって予約&お支払。
「こうなったら死んでもサンフランシスコだけは行かんとあかん」状態となりました 

この サムナーハウスなるアパートメント、日本語のレビューは一軒も見当たらず、英語レビューを読んだり、ホテルのサイトを見たり、ネットで周辺地域の事を調べてみると、「治安が悪い」と言う話と、「そうでもない」と言う話が有って そのあたりの不安も有り。

今まで泊まった レジデンスと違ってフロント係りなどは常駐してなくて、出発前に送られてる来る PINコードでドアを開けて入るシステムなようなんで、ほんまちゃんと入れる?入れんかったらどーすんねん? と 言う不安も有り

苦手な英語のサイトを必死で読んだり、英文で問い合わせメールを送ったり、「ふつーに ヒルトンとかハイアットとか泊まっといたらエエのに、いったい何の山登ってんねん、英語もできひんのにチャレンジャーすぎるやろ」と自分でも思いましたが、終わってみたら ここに滞在した事は、ある意味今回の旅の カナメ的な役割だったように思います。


その他手配


☆ポケットWi-Fi

今回の旅はiPhoneフル活用で行くべく、初めてポケットWi-Fi借りました。
通信速度も速かったし、街中で地図とかサクサク見れるんでほんまに便利 
海外パケットし放題プランより安いし、「もしかして、今定額じゃない業者に繋がってたら・・・」という不安もないし、次からはマストアイテム



☆自転車レンタル

宿からわりと近い場所で、滞在記期間中借りっぱなしが出来るレンタサイクル店を見つけて、ネットから予約&決済。

☆観光

これだけは 必ずしようと言う事になったんが
○アルカトラズ島観光 
○ゴールデンゲートブリッジ自転車観光
○AT&Tパークで 野球を見る 

の三点、 うち アルカトラズ島だけは 予約&前払いしましたが、野球は現地行ってからticket買うことにし、ゴールデンゲートブリッジはレンタサイクルで勝手に行くので、これも何の手配も無し。

☆食事

到着日の夕食のみ こちらのサイトを参考に予約して行きました。

後は、現地で Yelp 見て その場で決めて行く感じにしました。
Yelp 今居る場所の近く、とか 今開いてるお店とか その場その場のニーズで検索できるんで、すごく便利


iPhoneフル活用で旅行しみたら、ガイドブックをほとんど現地で見ることななく過ごしてました。


出発前


座席が無い( ;∀;)    

いよいよ明後日は出発位の時期になって、行きは座席指定したけど、帰りの便はしなかった事が発覚。
とは言え、チケットは買ってるから、席ぐらい今から選べばええやんと 気楽に思ったんですが、なんと「無料で指定できるエコノミーのエリアは満席です」と出て来て指定ができません。

え、これって追加払ってエコノミープラス席を買えって事?でもそれだと3人で4万も追加料金かかるし  とは言え 帰りそれぞればらばらで真ん中の席とかも時間長いだけとにキツイし・・・どーしょう と 悩んだ挙句。
4万も余分にかかるエコノミープラスを買うのはもったいないけど、このまま放置も今回デカい荷物も有るだけにリスキー過ぎかもしれんし、3人で約一万円のプレミアアクセスを付けといたら 当日さっさとチェックイン出来るから、おそらくマシな席が取れるのでは?と 無い頭で考えて、プレミアアクセスを土壇場で追加しました。
なんか「ドロボーに追い銭」みたいな気分でしたが、安全策って事で。

自転車の梱包

今回、自分自転車でSFが走りたいぜ('ω')ノって事で のすさん自転車を空輪する事にしました。
私も以前 グアムロングライドで空輪しましたが、その時はツアーで自転車の追加料金無かったんで、大きい箱に普通に前後輪だけ外して収めて行きましたが、今回は三辺の和が158pを超える荷姿で、中身が自転車だと 片道$200かかるんで、出来るところまでバラして梱包。

ここまで、バラシてそれがまた組めるって わが子ながらスゴイなぁと感心します。が、ここまでしても家で計測すると 三辺の和が162p位は有り、「まあ お金取られるか、取られないか 後は運やなぁ」という事で梱包は終了。(取られた場合はのすが自己負担する事になってました)

ちなみにエコノミーは預け入れ荷物一人一個まで無料なんで、自転車を無料で預けたいのすは、着替え類は自転車と一緒に輪行袋に梱包。


一日目


ステーキ丼

今回16時50分の飛行機でしたが、余裕を見て1時半には関空入り。
前にのすと韓国に行く前にランチを食べたお店の「ステーキ丼」が美味しかったんで、また食べることにしてましたが、はるかの中でのすと「あれって数量限定やったし、もしかして無かったりして」「それか、残り二人前やったらどーする」みたいな話をしてたら
なんと、ほんまに 残り二食 (◎_◎;) 
前に食べてるから、私がゆずって、パスタランチにしましたが、ほんまに 残り二食て言われて、思わずのすと顔を見合わせてしましました。
ステーキ丼 やっぱり美味しかったようで、んー残念。

チェックインカウンターでの攻防

ともかく 昼ごはん食べて、予約してたWi-Fiも受けって、いよいよチェックイン。

私とのす父の荷物はなんてこと無いけど、問題は自転車。
荷物を台に置いて、中身が自転車である旨を告げると、カウンターのお姉さんに「自転車は箱に入れてもいただかないと、お預かりできないとになってます、箱はお持ちですか?」と言われ、「無いけど、ちゃんと梱包してますから」「ペダル外してますか」「外してます」てなやり取りで、じゃあ大丈夫ですね、という事になりました。

「大きさは、たぶん大丈夫だと思いますが、確認しますね」と メジャーで計り始めはったんで、「あー、ヤバいかなー」と祈るような気持ちでお姉さんの手元を見てたら、故意か偶然か、横幅かなり細い部分を図ってくれたんで、三辺の和158pクリアと言う判定を頂き。
「なにか有っても責任を問いません」と言う書類にサインして、なんとか 無料で預けることか出来ました。
判定がNGやったら、追加料金片道$200やから、これは嬉しい (∩´∀`)∩ 

良かった、良かったと言いながら、カウンターを離れあとは さっさと出国手続きして じゃ時間になったらゲート集合って事でと解散。
各自好きな事してたら、あっと言う間に関空出発となりました。

久々のUA

のすが13歳の時以来の、UAでのアメリカ本土行き。その時の超絶マズイ機内食の印象が強くて、乗るのが全然楽しみじゃ無かったんですが、なんか・・・今回機内食も食べられるレベルやったし、
席も恐ろしく狭かった気がしてたんですが、それほどでも無かったし、まあ そこそこ快適に9時間半過ごせました。
とは言え 長かったです 帰りはもっと長いけど(*´Д`) 

到着

関空出発が大雨で1時間位遅れたため、約一時間遅れてのSF到着。
時間的に良かったのか、あまり並ぶこともなく入国出来て、スムーズに外に出られました。

サンフランシスコは 空港から街までわりに近いし、三人なんで宿泊先のサムナーハウスまでは迷わずタクシー。
自転車有るから 普通の大きさので大丈夫かなと心配でしたが、なんとかなって良かった。
ホテルじゃないから またソウルの時みたいに 迷いまくられるかなぁと心配でしたが、住所言っただけで一発で到着。SFのタクシーやるやん(*^^)v 
Googleのストリートビューで何度も見てた光景が目の前に有りました、やっと着いた。

入れた

今回 一番心配やったのが、果たしてサムナーハウスの鍵を開けてちゃんと中に入れるのか?という事。
ホテルとかなら あかんかっても係員が居るんで良いですが、今回はそういう人も居ないので もしダメやったら、その場から電話して状況伝えて・・・となるから 英語上手じゃないんで かなり心配でした。

まずは 通りから階段を数段上がったところにある鉄のゲートの横にあるパネルにpincodeを入れて、メールに書かれてた操作をしたら・・・無事オープン 第一関門クリア。
また 数段階段上がったら 左右にガラス扉が有り「welcome」の張り紙のてある方の扉を操作したら ちゃんと中に入ることが出来ました(*^^)v なんかすごい勝った気分(笑) 

中の様子は ブログ1   ブログ2にて 

サムナーハウス界隈

飛行機の遅れが有ったんで、この時点ですでに2時前 荷物を置いてすぐにお昼食べにさっそく外に出ました。

サムナーハウスの有るSOMAの界隈は、日本のガイドブックには「治安悪い」みたいな記述が有ったり、最近はそうでもないような話も有ったり、 また サムナーハウスのサイトにも「近所には路上に生活人も居ます」と書いてあったしで、実際どんな感じなんやろと思ってました

で、あくまで個人的感想としては、確かにhomelessは多いけど、向こうから何かをしてくるという人たちでは無いので特に問題なしな印象。
あまり観光客がたくさん来るようなエリアでは無いんで、観光客目当て的な犯罪も無いような・・・確かに変な人もちらほら居たし、グロサリーストアでえらいケンカも有ったけど まあ普通にやっていける感じでした。
SOMA界隈は今 再開発が進行中らしいですが、昔からある小汚い店と最近できたこじゃれたお店の落差は驚くほど、でも 小汚い店もそれなりにやってはる感じでそれはそれで、面白いなと。

昼ごはん

取りあえず、近場でと サンフランシスコ一食目は 徒歩5分位の場所に有るタイ料理のお店にて。
タイ料理と聞いてイメージしてたんとだいぶん違う、綺麗なお店でしたが、こういうのは汚いお店の方が美味しかったかも。 詳しくは ブログ にて 

食後は全員「眠くてたまらん」って事で、家のすぐそばのお店で飲み物類だけ調達してから帰宅して昼寝。(サムナーハウスはホテルじゃないんで、今後は家と表現します)

ミッション地区へ

家でゴロゴロしてるあいだに すでに夕方。初日のみ夕食予約してあったんで「昼が遅かったからおなか減ってへんなぁ」とか言いつつも 出かけることに。
予約してる Commonwealth と 言うレストランまでは 歩いて30分位らしいので 腹ごなし&街の雰囲気をみるために歩いて向かいました。
途中 自転車店に立ち寄ったりしながら ブラブラ

家の界隈を見てると自転車が多いなーと言う印象のサンフランシスコですが、高速と下道の交わる界隈は片道4車線位のところに車が山盛り走ってて、やっぱり車社会やなぁと実感したり、歩いてる犬が可愛いのに見とれたり、徒歩30分はけっこうな距離ですが、景色を見るのが楽しいので飽きずに歩けました。

ミッション地区は看板に中国語が混じったりして、多国籍的&庶民的な雰囲気の街。 家の界隈に比べると、人も店も多くて賑やかで、楽しそうでした。

夕飯の様子は ブログにて 

さて、夕飯の後は タクシーか、公共交通機関で帰る予定やったんですが、のす父子が「腹ごなしに歩いて帰ればええやん」て言いだし、もう暗くなってしまったから治安的にヤバくないか・・・と思いつつ、まあ 男二人いてるし大丈夫かと取りあえず歩き出し、
結局最後まで歩いて帰ったんですが、正直途中から「これはマジヤバいかも」な雰囲気も有りつつも無事でしたが、あんまり進められる行動では無かったかも。

旅先でキョロキョロと目的意識なく歩いてると 観光客と分かって絡まれるみたいな事を読んだことがありますが、実はこの時、半分くらい歩いた地点から、のすと私はだんだんと尿意が迫って来てて、「このへんはマジヤバいかも」と言うあたりを歩いてる時は 「早く戻っておしっこしたい」と言う 「目的意識の塊」状態やったんで、そのオーラで誰も絡んでこなかったんかもしれません (;´∀`) 


と、言う訳で スーパーに立ち寄るというのす父に「付き合う余裕は全くない」と言い捨てて、のすと二人家にダッシュで帰宅。
この時ほど トイレが二つ有る という事が有り難かった事は有りませんでした(笑) 
すっきりしたら、どっと疲れてたんで、この日は早々に就寝、サンフランシスコ一日目はゆるい感じで終了しました。



二日目


一人で朝カフェ&マズイ朝ごはん

この日は 10時半にレンタサイクルを取りに行って、その後ゴールデンゲートブリッジへサイクリングと言う予定なんで、朝はゆっくり目 
でも、例によって朝早々と目覚めたんで、yelpで検索して 朝からやってるcafe目指して一人で朝散歩して来ました
朝行ったcafeの様子は こんな感じ

家に戻ってるとのす父子も起きだしてきたんで、レンタサイクル店までボチボチ歩きながら途中で朝ごはん食べようという事になり、周りに色々お店有るのに 何故かバーガーキングに入ってしまい、まずい朝ごはん食べる羽目に(-_-) 損した―。


レンタサイクル

途中で まずい朝ごはんを食べてから、ヘイズバレーのレンタサイクル店へ。
駐車場にトレーラーハウスを置いて営業してる、カジュアルな感じのお店でした

予約してたんで、すでに身長に合わせた自転車が用意されてました、日本のレンタサイクル店だと「椅子か?」と思うくらい ひくーいサドルで渡されたりしますが、身長にあわせてセットされてたサドルの高さが一発OKの位置になってたんはさすがサンフランシスコのレンタサイクル店
5万円程度の自転車のようなんで、もう少し軽いかと思ってたんですが、激重で見た目も思い切りママチャリなんはアレですが、これで今後からの足確保です。

自転車&お店の様子は こんな 感じでした


ゴールデンゲートブリッジ

レンタサイクルした店で マップをもらい、坂道回避ルートを教えてもらって、いざゴールデンゲートブリッジに向けてサイクリング開始

自分の方向オンチぶりは自認してるんで、のすに地図を見せて任せたんですが、自転車なんで地図片手にと言うわけにも行かず、なんやかんやと道に迷ってしまい、結局は坂ルートに入ってしまってたようで、途中からはけっこうな坂道の連続

自転車で走ってる人も「練習」ぽいローディがほとんどで、こんなママチャリみたいなんで上がってる人いーひんし(;´∀`) へんな道来た?
それでなくても へたれやのに加えて自転車が重いんで 何度か押しも入り、すっかりヘロヘロになりながら登りました、あーしんど。

でも坂道を登り切った辺りに展望台が有って、景色がめちゃくちゃ綺麗ですっかり疲れも飛んでいきます、ご褒美や(∩´∀`)∩。
しばしの休憩の後 また少し走ったら、ついにゴールデンゲートブリッジが見えて来たました、なんとかたどり着けました。

ゴールデンゲートブリッジの様子は ブログにて 


サウサリート

橋を渡り切った後は 海に向かって下って行ってサウサリートの街へ。
ビルが全然無く、山の斜面に綺麗な家が並んでいて、なんともいい雰囲気でした 詳しくは ブログにて 

今思えば もう少しゆっくり街を見たかった気がしますが、フェリーの時間が限られてるんで、あっさりとサンフランシスコに戻ってしまって残念。

帰りはフェリーで30分で、フェリーターミナルビル横のピア1/2に到着。
海からの景色も楽しめたし、楽やし(笑)フェリー最高。
片道はフェリーと言う人が多いので、帰りのフェリーの一階の駐輪場は自転車だらけでした。

ただフェリーに乗るのにかなり前からならばんとあかん状況やったんで、今にして思えば みんなの裏をかいて逆ルート(フェリーでサウサリート、そこからサイクリングスタート)というのも 良い手やったような気がします。

サウサリートは こんな感じでした


お家ごはん

ほぼ一日がかりのサイクリングを終えて、帰宅、大した距離も走ってませんが、けっこう疲れました。
さて、夕飯はどーすると言う段になり、全員一致で「家で作って食べよう」と言う事に決定。

と いう事でみんな揃って 家の近くの高級スーパー ハーベストへ買い出し、考えたら最近は三人でこうして買い物する機会もまずないので、小さい子ファミリーにはありふれた「家族で買い物」も 我が家のような構成になると それだけで非日常体験、そのうえ見るものすべてが珍しい海外のスーパーなんで、楽しかったです。

「家で作る」とえらそーに書いたわりには「作った?」くらいのメニューでしたが、美味しかったです 詳しくは こちら で 

こんな感じで サンフランシスコ2日目終了しました。


三日目


アルカトラズ

この日は アルカトラズ島ツアー、混んでない時間帯にゆっくり見たいという事で、8時45分開始のアーリーバードツアーを日本で予約しておきました。
チケットを印刷しておけば 15分前位に行けば良いようでしたが、一応大事をとって8時15分には ピア33に到着しておくために、7時半過ぎに家発。

昨夜の残り物をもしゃもしゃ食べて、自転車にまたがって港を目指しました。
朝早いので、通勤の自転車の人はちらほらいはるけど 車も少な目で快適サイクリング、8時頃には余裕で到着したんで、コーヒー飲んだり、お土産屋を見たりしてました。

朝早いのに、もうチケット売り場は長蛇の列、ほんまに人気ツアーのようです

島での様子は ブログ1ブログ2 にて  

行き帰りのクルーズ共々 しっかりと楽しめるツアーで参加して正解でした。

ピア39

島から戻って来たら もう昼ごはんの時間。
ピア33から 自転車で移動。ピア39の辺りはメジャーな観光地なんで「停めるとこ有るかな?」とちょっと心配でしたが、港のそこかしこに駐輪ラックが有って問題なく駐輪できました (サンフランシスコはほんとに駐輪ストレスの無い街でした、大規模駐輪場が有ると言うんではなく、街のそこかしこに 駐輪用のポールやら、ラックやらが有るんで、用向きの場所のすぐそばに自転車停められるんで 本当に便利)

ピア39の一帯は ショップやら、レストラン、カフェ等々の集まった 観光客向きの商業エリア。
ともかく、おなか減ってるので、クラムチャウダーを食べようと Yelpでさがして、Fog Harbor Fish House と 言うレストランでお昼を食べました。
景色も良いし、クラムチャウダーも美味しかったし、満足
量が思い切りアメリカサイズで 種類が食べられないのが残念でしたが(日本人的には、一番小さいサイズのクラムチャウダーと ミニサラダ、パン、コーヒー位のランチセット有ればちょうどいいんですが)

詳しくは ブログ にて
 食後は、ピア39行ったら 絶対会いたかったヤツラの所へ直行
近くまで行くと、声がしてるぅ (∩´∀`)∩ 夏場は数が少ないと聞いてたけど けっこうな数のヤツラが居てました、カワイかったー、萌えたー

クラムチャウダーは美味かったし、ヤツラも一杯居たし、もうすっかり満足してしまい、 何故かそそくさと ピア39を後にしてしまったんですが、後から考えたら ここでお土産品とか買い物しておけば良かった。
(今回、けっこうひねくれた所に泊まって、ひねくれた行動パターンやったんで、「普通の土産売ってる場所かな無いぞ」と途中から困ってたんで ) 

AT&Tパーク&chrome

家に帰る前に 球場に行って野球のチケットを買っておこうと AT&Tパークへ。
ピア39から AT&T パークまでは エンバーカデロを通って、5キロ程の距離ですが、交通量多く、バス、電車も走ってる通りで、車の左折レーンが有る場所では右側に車線変更しないといけないんで、かなりキンチョーでした。

まあ、なんとか AT&Tパークに到着。この日は試合が無い日なので球場周りは閑散としてます。
メジャーリーグ観戦は のす父の強い希望なんで、万が一チケット無かったらどーしょうと心配してましたが、問題なく購入できました。良かった良かった

チケットも無事買えたので、次はのすお待ちかねの chromeへ バッグ類は日本でも買えますが、アパレルは日本未上陸なんで、のすはバイト先の人にも頼まれてて、たんでガッツリお買い物しました。 お店の様子は ブログにて 

ジャグジー

早めに家に戻れたんで、楽しみにしてたジャグジー入りました。
24時間風呂みたいな感じで、何時でも入れる温度の水は張れてますが、カバーを自分で取らないといけないので、ホテルのプールのジャグジーとはちと違いますが、屋上で青い空を見ながら入るお風呂は気持ちいー (∩´∀`)∩ 屋上なんで風が少し冷たいけど 本やら飲み物やら用意してじっくり入ってたら暑くなりました。
のすは次の日に入りましたが、シャイなのす父は結局入らず。

まあ、確かにプールサイドとかじゃなくほんまに民家の屋上立地で、とくに目隠しとかも無いんで(もし、向いの人とかが屋上に上がってた来たら、丸見え) 
私はあんまり気にしないタイプなんで(笑) しっかり楽しませて頂きました。


(;´∀`)

この日は外に夕飯食べに行くことにして、徒歩圏内で評判良さそうなお店を探し、シチズンバンド と言うお店に行きまた。詳しくは こちら 

このお店 歩いて5分かからない位の場所に有るんですが、そこに行く道中・・・向こうから 上はちゃんとおしゃれに決めてるけど下半身パンツ一枚(ボクサーブリーフ)が歩いて来て、必死に笑いを噛みしめながら 10歩位歩いたら、今度は中年男性二人が しっかりと抱き合ってキッス中。
目をそらしつつ通り過ぎようとしたとき はっきり「I love you 」と言う厚いささやきまで聞こえてしまい、もう 笑いをこらえるのに必死でした。

この日の夕方は かなり強烈でしたが、それ以外もフェリーターミナルの辺りで、駐車車両に向かって「パカラッタ」と叫んでる人とか、色々と「濃い」人の多いフランシスコでした。

朝が早かったんで、食事の後は即帰宅。
のすは「ちょっと夜の街を走ってくる」と 自転車で出かけて行きました、元気やわー。
異国の地で 夜の一人ライドは 親的には若干心配ですけど、相手はもう大人なんでなんも言いません。(なんかあったらあった時と思わんとしゃあないです)
ま 無事に11時くらいに戻って来て、スリル有ったわーとか言うてました。(笑)



四日目


朝ごはん

この日は のすと私は自転車でお店めぐり、のす父は自由行動で 夜に全員で野球と言う予定。
朝ごはんも のす父は「なんか買うて来て」という事なんで、のすと二人で出かけました。
この時の朝ごはんが この旅行中一番の朝ごはんでした、 こんな 感じ。

お店めぐり

9時過ぎに家を出て、のすと二人で自転車関連のお店を廻り。
のすがiPhoneをハンドルバーに取り付けて、地図を見て道を決めてくれたんで、「のすに連れられて」サンフランシスコの街を走りました。(;´∀`) 
信号とかで千切られて、見失ったら嫌なんで「手前で黄色になったら、絶対減速して停まってや」と重々頼んでたんと、さすがに のすも異国でオカン置き去りはマズイやろうと 何度も後方確認してくれてたんで、なんとか付いて走れましたが、けっこう必死やった場面も有りました 
もう 子供に気遣われる年になったんやなぁとシミジミ(笑)

お店めぐりは 店の開店時間と家からの距離を鑑み、 Rickshaw Bagworks →  Huckleberry Bicycles → Mash Transit →chrome →Performance Bicycle  の順。
お店の様子は ブログ1 ブログ2 にて  

後から計算してみたら、たぶん30キロも走ってないですが、この日一日で サンフランシスコの色々なエリアに行けて、クルクル変わる街の雰囲気を見るのも 楽しかったです。
何度か道に迷う事も有りましたが、短い時間で色々と回れたんは やはり自転車の機動力有ってこそやったと思います、自転車最強(∩´∀`)∩

Mash Transitの有ったあたりの綺麗な街並みとか、Rickshaw Bagworksからの移動中 横をカルトレインが走って来て音にびっくりしたことや、道に迷って入り込んだ団地の中の綺麗な遊歩道やら・・・いろんな 道を思い出します。


3時過ぎに家の界隈に戻って、ハーベストでアイス買って、自転車押しながらアイスくわえて歩いてたら、向こうからのす父がΣ(・ω・ノ)ノ! 
家でゴロゴロしてるではと思ってたんですが、一人で ユニオンスクエア界隈まで行って来て、新婚旅行で泊まったホテルを見に行ったり、なんや ややこしいストリートを歩いて、お金やら、たばこやらねだられたり、楽しく過ごしてはったようです(笑)

この日は夕方からは 野球なんで それまでしばらく 家でジャグジー入ったりしてくつろいでました。

球場へ

7時からの試合という事で、5時くらいに家を出て ミュニメトロで向かうつもりでしたが、待っててもメトロが来ないんで結局タクシーで向かいました。
が、球場周辺は混んでるからでしょうが、エライ手前で降ろされてけっこう歩く事に・・・
タクシー下ろされた辺りからすでに 周囲はジャイアンツファンだらけ、みなさんオレンジの服を着てノリノリな感じです。
最下位争いしてるそうなんで、もっとしらーっとした雰囲気かと思いきや 球場前はすごい人(@_@) 
ジャイアンツ 地元の人に愛されてるのがよく伝わって来ますした

中に入っても 人は多いし、各階にお店も一杯あるし、日本の球場が最近どんな風なんかは全然知りませんが、テーマパークみたいな感じで 野球興味ないのす母子目線でも十分に楽しめました。 詳しくは ブログにて 

帰宅

野球終わってしまうと 出るのか大変なんで早めに出ようとのす父が言うので7回の攻防が終わった時点で退出。
のす父的には球場から出るのに時間かかったり、帰りタクシーが拾えなかったら 野球興味ないけど来た私らに悪いと思ったようですが、結局なんとなく 歩いて家まで戻ったんで、最後まで見ても良かったかも。
あ、でも この日の夕食が 結局ハーベストの寿司お持ち帰りで、ハーベストまでたどり着いたんが閉店ギリギリやったから、やはり のす父さんの有り難い心配りという事で(笑)

まったく興味なく、完全に「牛にひかれて善光寺参り」で メジャーリーグ初観戦しましたが、球場の圧倒的な広さとか、みんなすごく野球を楽しんでる感じとか、景色の綺麗さとか、ガーリックポテトの悪魔的なウマさとか、色々と体験できたんで、行って良かったと思いました。

朝から自転車でウロウロ走り回って、球場から歩いて帰ってと かなり動いたんで 半分寝そうになりながら寿司食べて、一日が終了。
サンフランシスコ滞在も実質あと一日・・・寂しい。


五日目


無い

サンフランシスコも実質最終日、この日の予定は サンフランシスコに到着してからFBに書き込み頂いて知った 「アメリズカップ」を見に行く その前に お土産の買い物兼ねて フェリーターミナルやユニオンスクエア界隈に行ってから 私とのす父はレンタサイクルを返却。 というような感じ。

とりあえず途中で朝ごはん食べながら フェリーターミナル界隈まで移動しようと出発しようとした時に事件発生、のす父がU字ロックの鍵を忘れたと中に戻ったまま全然出てこにない・・・すでに のす父と私の自転車は外に出して有ったんで、中に様子を見に行って間に盗られたら困るんで 苦労して家の前の木とロックでつないでから 「どーしたんや」と家に戻ると「鍵見当たらへんわ」との由。(;´Д`)
「もしかしたら、昨日穿いてたジーパンの中かなぁ」と言うけど そのジーパンは今洗濯機の中。

洗濯が終わるまでじーっと待ってるのも時間の無駄なんで、なんとか洗濯機を途中停止したものの、ドラム式で中に水が入ってるから開けたら中から水が溢れて 家族総出で床掃除ののち バケツ代わりにキッチンから大きいボールを持ってきて そこに洗濯中のドボドボの衣類を移しながら のす父のジーパンを捜索。
やっとの思いで取り出したジーパン コレが鍵が出てきたら万事OKのはずが・・・ジーパンにも鍵は入ってなくて 「わし どこに落としたんかなぁ」とのす父、こんな苦労したのに・・無いんかい

もう 弁償するしかないし とにかく出かけよう、とまた洗濯物をもとに戻して出かけることにしましたが、のすが「U字ロック 頑丈なやつやしけっこう高いで、100ドルくらいするで」とか言うんで のす父しょんぼり。
「もしかして 合鍵あるかもしれんから、本体は持って行こう」と 役立たずになったか鍵を前かごに積んでともかく出発。

最後なんで bluebottle coffeeの カフェで朝ごはん食べたかったんですが、あまりの行列に撃沈 結局近くに有ったカフェで食べました、ワッフル食べてまあまあ美味しかったけど 前の日のパンケーキには及ばずでした

フェリーターミナルビル

アメリカズカップの影響で港の辺りはどんな感じかなぁ激混み?と心配しつつ、お土産によさげな物でも探そうと フェリーターミナルビルへ。
土曜なんでビルの付近で ファーマーズマーケットも行われてて、大賑わい。

この状態では自転車置く場所無いかもと 思いながらも ビルの前まで行ってみたら ちゃんと駐輪場が有りました
(ホントに駐輪の困った事が一回もなく4日間過ごせました、サンフランシスコえらい)
のす父が 鍵なし状態なんで、この日はこの後私の自転車と二台をU字でつなげて駐輪。さすがにくそ重たいレンタサイクルが二台繋がってるのを盗る人もなかろうと、固定物につなぐのは飽きらめました。

で、ビルの中に入ってみましたが、お洒落な店ばっかりで、いわゆる「土産」になるような ベタなものを置いてる店は無かったんで、ブラブラと雰囲気だけ味わって終了。
レストランとかカフェとか 良さそうなお店が多かったんで、結果論で言えば ここまで一気に来てから 朝ごはんにすれば良かった(´ー`) 残念。

ユニオンスクエア

フェリーターミナルビルには ベタな土産は無かったんで、ユニオンスクエアに行くことに。
昨日一人でユニオンスクエア界隈に行った のす父によれば 流石に自転車の人は居はらへんで との事なので、自転車は駐輪したまま 歩いて行くことにしました。
フェリーターミナルからユニオンスクエアは歩きだとそこそこ遠くて 途中から坂道なんで なかなか疲れましたが、
歩きだと 撮りたいときにぱっと写真撮れるし、気になる物は即座に立ち止って見れるのが長所。
今から思えば 自転車移動中心過ぎたんで もう少し歩けば良かった気もします。(自転車効率はめちゃ良いけど、車道走行なんで 気になる物が有っても写真撮ったりはしにくいんで)

ユニオンスクエア界隈に近づくにつれて すごい人で 道が急坂な上に狭い道に車&ケーブルで道が混んでるのも有ってかほんまに自転車の人は見かけませんでした。
お店も一杯あるけど、なんか繁華街過ぎて息が詰まる感じで、あんまり楽しくない― (*´Д`) 足も靴擦れしてきたんで、個人的には「さっさと土産もの買って帰りたい―」と思ってました。
結局 ウォールマートが有ったんで、そこでチョコレート中心にお土産品はなんとか調達。
あとから考えたら、こっちに来るより ピア39とかフィッシャーマンズワーフ界隈に行ったほうが良かったような気が、まあ サンフランシスコ6日も居てユニオンスクエアを見てないって言うのもひねくれ過ぎなんで、一応行ってよかったか。(何度も海沿いには行ったのに、フィッシャーマンズワーフには行かずじまいでしたが)

ザ・ドナテロ・ホテル

実はユニオンスクエアまで来たのには もう一つ目的が有って、新婚旅行の時に泊まったドナテロホテルを見ること
23年も前の思い出のホテル。昨日のす父が一人でぶらぶらして見つけて、「まだ有ったでー」と言うので ならばと見に行きました。
ほんまに有ったー 懐かしい。
中に入ってみると こじんまりしたフロントの辺りの雰囲気が見覚えある感じです。なんか チェックインした時のことを思い出して懐かしくなりしました。
あのころは のす父共々若かったなー (;´∀`) 
お手洗いを借りて、ホテルの玄関でのすに写真撮って貰って 懐かしの ドナテロホテル見学は終了。

サンダルで歩き回って 靴ずれして来たので ホテル前からタクシーでフェリーターミナルビルへ戻りました。

アメリカズカップ

フェリーターミナルに戻って自転車を出し、アメリカズカップ観戦に向かう事に。
ほんまの観戦会場まで行くと 混んでそうなんで 手前でも観られるやろうと ちょっと手前のピア17からでも見えるかなと 適当な場所に自転車をとめて海の方に行くと、そこそこ人が居たんで しばらく待ってたら デカいヨットが洋上に現れましたー 


が、しかし 海の上なんで どーいうルートで 走って どこに先に到着したほうが勝ちなのか そもそも どのようルールで行われてるか 全く分からず・・・正直「ヨットがデカい、スピードが速い」 以外の感想が持てず (;´∀`) 

しかも この時は サンフランシスコとしては かなり気温が高い状態やったんで のすと私は 早々に日陰に避難してだらけてました。
一回視界から消えたヨットが もう一度見えたんで (第一試合 第二試合みたいな感じ? それも 分かってない) 三人の中では一番観戦意欲が有った のす父も満足して アメリカズカップ観戦は よーわからんうちに終了。


ヤバい界隈

アメリカズカップ観戦も一応したし、昼ごはんどーする? と 言う段になって のすが「まだ腹減ってないし」と言うんで じゃあもう 私らは自転車返しに行きがてらその辺で食べるし、別行動にすることになりました。

のすを一人にするのは なんも心配なしですが、のす父と二人で自転車でヘイズバレーまで行くのは ちと不安(笑) 
案の定 道に迷ってしまいふと気が付いたら 「ヤバい」と言われてる テンダーロイン界隈に入ってしまってました 「この辺ってヤバいんじゃあ?」と思いながら走ってたら車が近づいてきて 内心ドキドキしたら なんと 車に乗ってたおばちゃんに道聞かれました (;´∀`) そんなに この界隈に馴染んでたんでしょうか?

その後 のす父が 「この辺に昨日わしが一人で食べた上手い麺の店が有る」と言うんで 「なら食べて行こうか」と言って 振り向いたら突然姿が消えてて おやじ狩りされたんか?と焦りましたが 一人で麺屋の位置を確かめに行ったそうで 嬉しそうに「あったでー」と戻ってきました。 

のす父が戻ってくるまでの数分間 一人でヤバい界隈にたたずんでたんですが、その間も特に相手にされることも無く・・・ 自転車乗ってたからローカルに見えたんやと自分に言い聞かせてますが 実態はやっぱり 馴染んでたんやと思います (笑) 

のす父おすすめの 麺屋さんでの昼ごはんは こんな感じ ブログ でした ほんま美味かった。

さよなら オシャンティ号

お昼も食べて、店を出る前に地図を十分確認して 今度はちゃんとヘイズバレーに辿りつきました。
さっきの界隈から 自転車で10分位の距離やのに この辺りは綺麗な建物が建ち並ぶお洒落な雰囲気、サンフランシスコってほんとに 街の雰囲気が場所によって極端に変わるんで面白いです。

有名なアイスのお店が有るんで 食べたいなーと思ってたけど 前通りかかったら行列になってたんで 諦めてとりあえず自転車返却。
のす父の鍵紛失の弁償金がいくらになるか心配でしたが 本体は無事でキーを無くしただけだったんで、$8で済んで ほっとしました (/・ω・)/

重い、ダサい、こんなママチャリみたいの他の人は乗ってはらへんで と 散々バカにしてた オシャンティ号ですが、いよいよお別れでもうコヤツのサドルに座る事も無いのかと思うと 4日間毎日乗ったんで若干寂しー サヨナラ 元気でなー 

帰り道 念願の bluebottle coffee も飲めて満足。


オシャンティ号については こちら   サンフランシスコの自転車事情は こちら をご覧ください 

最後の晩御飯

家に戻ってしばらくしたら その辺自転車で走ってたのすも 戻って来たんで みんなでharvestに買い出し。
最後の晩は 屋上で食べようという事になって 用意したんですが・・・
日が落ちたら急激に寒くなってしまい、結局また 部屋で食べて終了。
二日目のメニューとあんまり代わり映えしない メニューでしたが、スーパーであれこれ買ってきて家で食べるのはなかなか楽しかったです。

ご飯食べ終わって後片付けして  いよいよサンフランシスコ滞在も最後の夜。
帰りたくないなーと言いながら 荷造りしたり、のすは 自転車をバラしたりしてました。ほんま もうしばらくこの家に住んでいたかったよー 破産するけどね (;´Д`)


六日目


最後の朝

いよいよ San Franciscoとお別れの朝、昨日のうちに 管理人さんに頼んでタクシーも手配してもらっておいたんで あとは帰るのみ。
朝9時家発と余裕が有ったんで のす散歩がてら 最後の朝食を食べに近所のお店に行きました。
治安悪いという話もあり 実際ホームレスは多かったし、パトカーの音のしてることも多かった SOMAの我が家界隈ですが 
まあ 住めば都と言うか、ほんまの我が家の環境に近いものが有ると言うか、・・・とにかく 6日間でだいぶんと馴染んだんで 去るのが寂しい朝でした。

予約した時間きっちりにタクシーが来て サムナーハウスともお別れ。
初めての バケーションレンタルで出発までは不安も一杯でしたが、なんか本当にこの街の住人になった気分がして楽しかったです。

地獄の沙汰も金次第

冒頭に書いたんですが、帰りの便の座席指定が出来ず、散々迷った挙句 結局「プレミアアクセス」と言うのを三人で約一万円ほどで付けました。

プレミアアクセスの特典は以下の通り

優先チェックインサービス:空港での専用のチェックインライン
優先保安検査サービス:優先保安検査ライン
優先搭乗サービス:専用ラインでの優先搭乗
優先手荷物取扱いサービス:優先的な手荷物引渡し

UAに問い合わせた所 エコノミー席で事前に指定はできない場合、当日になってから解放された席をチェックインの時に割り当てるとの事なんで、早くチェックインすれば少しでましな席に座れるやろうし、アメリカ発のチェックインやら保安検査やらのラインはすごい長い事か多いから まあ 一人3500円程度なら「時間をお金で買ったと」思えばええかと考えた訳ですが
結果どーなったかと言うと

前夜 ちょっと様子を見てみようとサイトに繋げてみたら、なんと、すでに窓際から三席並びで座席番号が割り振られてました (@_@) 
地獄の沙汰も金次第を絵にかいたような展開。(もしかして エコノミープラス席を割り振られてるかも? と思いましたがそれは虫が良すぎの考えでした)、

当日空港に行ったら 案の定チェックインも 保安検査もすごい行列やったんで、いちおう値打ちあったと思います、まあいらん事に1万円と思うと勿体ない気もしますが。

最後の戦い

席も無事に取れてるし、安らかな気持ちで空港に向かいましたが、あと一つだけ心配事が。
自転車のエキストラチャージの件。
 チェックインカウンターに行くと 係りの女性が 案の定 往路同様に「箱に入れてもらわないと」と言ってきたんで、「箱は無いけど梱包はちゃんとしてる」と返したら、 今度は「自転車はエキストラチャージが$200かかる」と言われ、
一瞬「まあ、梱包サイズもグレーゾーンやし仕方ないか」とちらりと思いましたんですが(お金がかかった場合はのすが出すことになってたし)

「すぐに言いなりになるのはイカン、女が廃る、とりあえず一戦は交えよう」と思い返して 「行きは無料やったし」と主張。
「ユナイテッドか?」と問われたんで、大きい目の声で「オフコース、ユナイテッド」と言ったら 「ちょっと待って」と上司らしき人と相談が始まりました。
OKか否かで $200変わるんで、じーっと祈るような視線を送ったら、彼女が戻って来て、「OK」と自転車を預かってくれました(∩´∀`)∩
その場では「当然や」的に平然としてましたが、カウンター離れたとたん、のすと二人で大喜びしたのは言うまでも有りません。

無事に席も並びで取れたし、自転車も往復ただで乗せられたし、勝った感満載です。

プレミアアクセスのおかげで、保安検査もわりと早く終わり、(と、言っても そこそこ並びましたが)
空港内で最後の買い物をして、いよいよアメリカとお別れ。

今まで、ちょっと立ち寄っただけだった サンフランシスコに6日間滞在して、貸家を借りて 自転車で移動して、6日も居たわりには、チャイナタウンにもフィッシャーマンズワーフにも結局行った無かったり、その代り普通の観光ではまず通らないような場所を自転車で走ったり、
なんか、旅行やけど サンフランシスコに家族で住んでたような幻想をいだいてしまいそうな 楽しい旅行でした。





PS  子連れ旅行、これで終わりか・・・と思ってからも のすと結構旅行行ってます(笑) 流石に就職したらもうほんまに終わりかな?  
  「孫連れ旅行」出来る時まで、元気で居たいものです (笑)