グアム8

子供11歳


のす11歳となった夏休み、のす父と三人で8回目のグアムに行ってきました



ワールドパークスのマイレージで三人分の航空券を発券。
ホテルはウォーターパークと三人でもゆったりできる広い室内が決め手となってオンワードにしました。



今回の旅程はこんな感じ


1日目
11時55分関空発、3時過ぎにグアム着
タクシーでオンワードへ
タワー6階の部屋にチェックインしてから ちょっとだけプールで遊ぶ
夕飯はコリアパレスにて
食後コリアパレスの人に送ってもらってKmartでお買い物
ホテル帰着後はラムーで遊ぶ
2日目
朝食は食券利用でル・プルミエにて
食後はウォーターパークで遊ぶ
昼食は又食券利用で プルミエにて
午後からは、プレミアムアウトレット⇒マイクロ⇒デューティフリーと買い物三昧
夕食は買い物の合間に、マイクロのフードコートにて
ホテル帰着後は又ラムー(この後最終日まで通いづめ)

3日目
朝食はラウンジにて
その後サザンコンフォートにて乗馬、帰り道にはジェフパイレーツコープにも立ち寄ってもらった
昼は食券でプルミエ
午後からはプールで遊びざんまい
夕方ラウンジで一杯飲んでから、又マイクロとプレミアムアウトレットで買い物
夕食は、サンタフェの予定が・・・サンタフェ閉鎖のため、オンワード内嵯峨のにて。

4日目
キングスにて朝食ののち、又プレミアムアウトレットで買い物(買い物好き)
昼食は又プルミエ
昼からは、プールと海で遊んですごす
夕食はチャモロビレッジに行きたかったので、送迎利用でオールドハガニアグリルにて。
食後1時間ほど、チャモロビレッジのお祭りを楽しんで、ホテル帰着
名残おしいので夜もプールで泳ぐ。

5日目
早朝ホテル発、一路関空へ

と言う感じの5日間でした。今回はホテルわりと毎日おんなじパーターンで動いていたので、いつものように時系列には書かず、項目ごとに旅行記を書いてみたいと思います。
飛行機

今までいつもは満席のコンチネンタルでしが、今回は旅行を計画するような時期にサーズ騒動があったためか、往復ともガラガラで横になって寝られるような状態でした。
リクエストという形で、5列のDEFを希望しておきましたが、実際には何処の席になっても大差無いくらいのガラスキ状態・・・

ホテル周りの事

部屋に関して
タワーの客室は広々として、キングベッド二台が入っていてもまだユトリのある空間でした。
床がテラコッタなのも、濡れた足で室内に入りがちなビーチリゾートでは、高ポイント(ベッドから落ちたら痛いかも)

外を見ながら入れるバス周りは、引き戸を移動させることで、室内と一体化させたり、仕切ったりできる仕組みで、日本人向きに外で体を洗うこともできるし、ゆったりお化粧も出来て、良くここまで考えたなーと感心しました。

室内の詳しい様子は「がっちゃんサイト」でごらんください

バスルームとは独立したトイレにはウォシュレットもあるし、クローゼットも使いやすくて、部屋に関してはほぼ満点。グアムハイアットよりも、私的にはグアムハイアットより上だと思いました。
アメニティも歯ブラシの色が変えて有ったり、洗濯石鹸まで入っていたりと、痒いところに手が届く構成。
欲を言えば、テーブルのところにある椅子が座ると背中が痛い・・・と言うくらいしか欠点が見当たりませんでした。

食事に関して
利用した飲食施設と感想です

ル・プルミエ
チェックインの時にもらえる食券で、朝食・昼食どちらかが、泊数分無料で利用できます。
タワーに泊まれば朝食をタワーラウンジで食べて、昼食に回せば「2食タダ」も可能だし、最終日は早朝発で使えない場合も、その分は昼に回せるので、ありがたいサービスです。
11歳以下の子供はプルミエに関しては無料なので、子供が多い家族ほと゛お得かも・・・
うちは朝食に一度使用して、あとはすべて昼食に利用しました(値段的には朝15ドル、昼9.5ドル)

朝食はオムレツステーションもあり、カレー、そうめんみたいな(これ朝ご飯メニュー?)みたいなのも多あり、の盛りだくさんのラインナップ。
和物半分、洋物半分、くらいの比率なので、ハム・ソーセージ・チーズなどの洋物がちょっと少ない目かも。
日本人ばっかりなせいかオムレツはなんも聞かずに全部の具を入れて作ってくれるので、苦手がある人は早々に自己申告しましょう。

昼はオムレツステーションの場所が、揚げたて天ぷらの場所になっていて、えび,野菜などの揚げたて天ぷらが食べられます(なかなか美味)
料理の種類はホテルのビュッフェのイメージからすると、ちょっと少ない目でした。

飲み物は、アイスティと水が無料で、その他のものは注文を聞く風が無かったためか、有料ドリンクを飲む人を見かけませんでした。
9.5ドルと手ごろな値段のためか、ローカルの利用も多く、かなり混んでいるので、ビールとか飲んで長居しないほうが良いのかな?
タダで昼ご飯が食べられたので、非常にありがたくは有りましたが、昼に関しては正直今ひとつ・・・でした。(リゾートのレストランなので、昼からビールのんでのんびりという雰囲気が欲しかったです。)

嵯峨野
サンタフェ閉鎖事件(別記)のために急遽利用しました。
正直に言うと、「もうここで良いやろ」とちょっと投げやりな感じで入ったんですが・・・・
値段も手ごろだし、味も良かったです。
麺類に、サラダ、刺身、いなり寿司、小鉢が付いて、$15の中から、私は天ざる、のす父子はねぎラーメンを頼みました。
どっちも美味くて満足、この値段でこの内容なら日本でも商売として成り立つと思いました。

ベイビュー
最後の夜に、ラーメンを食べました、ここのは嵯峨のとは別物で、ちょっと油ギッシュなラーメンでした。
ここは24時間営業で、夜中も使えるのですが、あくまでロビーの一角風なので、ゆっくりバーとして利用する雰囲気では有りませんでした・・・
プールサイドかどっかに、夜ゆったり飲める場所があると良いなーと思います。

タワーラウンジ
朝は、ペストリー類とフルーツ、コーヒー、ジュース。夕方は30種類のカクテルとちょっとしたおつまみがいただけます。
ハイアットのラウンジと比較すると、朝食はハム・チーズなどはなく、本当にさくっと食べる感じでした。

自分で焼くワッフルがあると聞いてましたが、やっぱり自分で焼くのは無理が有ったのか、私が言ったときは係りの人が焼く方式になってました。(ホカホカで美味しかったです)
朝早いオプションなどに行くときは、ささっと食べられて、便利だと思います。

夕方のカクテルは、乾き物数種類、と料理一品くらいのおつまみがあり、係りの人が無料でカクテルを作ってくれて、かなりイイ感じでした。
タワースペシャルというオリジナルのカクテルもありました。

朝食・カクテル以外の時間は、コーヒーとジュースがいつでも飲めて、日本語対応のパソコンが24時間自由に使えるし、日本の新聞も読めるようになっていました。


サンタフェ事件

3日目の夜プレミアムアウトレットでお買い物して、タクシーでサンタフェに食事をしに行きました。
タクシーでサンタフェに乗り付け、車を降りるや否や、ものすごい勢いで警備員に囲まれ「宿泊客か」と問いただされました。
ただならぬ雰囲気に、ビックリしながら「いやレストランに」と言うと、「レストランはクローズ」と言われました。
タクシーのおっちゃんに「何処に泊まってる」といわれ 「オンワード」と答えると、「オンワードのレストランはGood」とか言われて、ズルズルと引っ張られるような感じで、あわただしくオンワードに戻り、結局嵯峨野で食事しました。

翌日海から見ると、サンタフェはレストランにも黄色いテープが張られていて、人っ子ひとり見当たりませんでした。
昨夜のただならぬ雰囲気、2日目の朝にはまだ朝食などとっているお客さんが居た事、それが急に完全クローズ・・・一体なにがと家族でうわさしてました。
真相は「ホテルの所有権の移行にともなうクローズ」だったようですが、宿泊客の方も他に移動させられたりして、大変でしたね。


遊びに関して

ウォーターパーク
オンワードに決めた理由の一つがウォーターパーク。
新型のスライダーMANTAに乗りたくて、ここに決めたと言っても過言では中たので、本当に7/19日にオープンするか、ヒヤヒヤもので見守ってましたが、さすが日本の企業というか・・・ちゃんとオープンしてました。

MANTA
1〜3人乗りの浮き輪に座って、 ビルの3階くらいの高さから、ほぼ垂直落下、その反動で反対側に上昇、水の抵抗でだんだん触れ幅が少なくなって真中で停止。という仕組みのスライダー
上から見ると本当に「まっさかさま」という感じで足がすくみます・・・・実際に乗ってみた感想ははじめの落下部分はかなりの怖さですが、その後の反動でふられるあたりは、余裕で笑って乗っていられました。(一回目は落下のところで目を閉じてしまいました)
慣れてきたら、後ろ向きに座ってスタートの「BACKMANTA」も又違う面白さがあります。

スタッフの兄さんに「お尻浮かして」と注意されましたが、これを忘れてべたっと座ってしまうと、お尻にかなりの摩擦熱を感じます、某掲示板で「水着が破れた」というカキコも有りましたので、
くれぐれも「お尻浮かし」を忘れないように。
MANTAの合言葉を作りました「あご引いて、尻上げて GO」です


スライダー
MANTA前に体一つですべるスライダーが2機、おこちゃんプールの後ろに浮き輪ですべる、2〜3人乗りのスライダーが2機あります。
どっちも開放型と閉鎖型が、1機づつ、スピード感は閉鎖型の方がありました。
2〜3人のりの方なら、幼児でも楽しめそうでした。

流れるプール
流れは若干弱め・・・自分で泳ぐのをサポートしてくれるって感じの流れ方でした。
歩いて廻ってると、所々底が段差になってて、「がくっ」となりました。

造波プール
波の出ないフラットタイム、波が出ていて誰でも入れる スイミングタイム ボード($10)を借りた人しか入れない、ボードタイムの3交代制になってました。

ボードタイムは、みんなでボードを持って並んで、順番にお兄さんに波に乗せて貰うシステム。(教えてくれるという感じではなくて、波が来たときに押し出して、誰でも乗れるようにサポートしてくれる)
誰でも簡単に波に乗る快感を味わえて、楽しいですよ。
レンタルのボードは$10で1日借りられます、家族で順番に使いまわしでも大丈夫なので、先ず一枚借りて様子を見て・・・がお勧めです。

(ボードタイムにはお兄さんがツナでプールの入り口を閉鎖して、幼児さんとかが入らないようにしてましたが。無視して小さい子を浮き輪などに乗せて、波打ち際で浮き輪などに乗せてる人が若干いらっしゃいました。お兄さんが何度も笛を鳴らして注意してましたが・・・ボードで激突したら危ないので止めて欲しかったです)

ジャグジー&屋根付きプール
屋根の下のプールに入ってるのは、ディケアで来たローカルの子供ちゃんとか、ローカルのファミリーが多かったような・・・ロコさんたちは、涼しいのが良いのかな?
というわけで、ディケアの子達が居る時間帯は屋根付きのあたり混雑してましたが、彼らが去ったらがらーんとなってました。

幼児プール
既にのす家には用無しの幼児プールですが、一応見た感じを書きます。
深さは多分30センチ位、滑り台2つの内、カエルさんの方は故障中でした。
とっても浅いので,まったく泳げない赤ちゃんでも安心だと思います。
赤ちゃん達は、「水着用のおむつを付けて下さい」ってことになってました。

プールサイドバー
ウォーターパーク中央のプールサイドバー、あまりこったカクテル等のメニューは無しで、ビールは$3でした。
ここでのお勧めは、シェイク、イチゴとチョコの二種類で、上に思いっきり乗せてくれるホイップが、甘さ控えめで美味しかったです。

ホテルプール
みんなウォーターパークに行ってしまうのか、わりといつもすいてる雰囲気でした。
夜10時まで泳げます、たいまつの灯りの下、夜のプールも中々Goodでした。

ウォーターパークはどうしたってお子ちゃま中心なので、カップルでまったり・・・ならこっちをお勧めしたいけど、残念なことにプールバーがありません。
ここに夜までやってる、オープンバーがあったら良いのにな〜と思います。(たとえば、ヒルトンのツリーバーみたいな感じで)

海のあたり
マリンセンターでカヌーやペダルボートが無料で借りられます。
シュノーケルも借りられるそうですが、カヌー類と同時には借りられないそうなので、持参がお勧めです。

カヌーでアルパット島まで行って、磯観察やシュノーケルを楽しみました。
サンゴのあるあたりに小さい熱帯魚が泳いでます、 魚の量はあまり多くなかったけど、それなりにシュノーケル楽しめました。
マリンセンターもウォーターパーク同様5時半までのはずですが、4時半くらいにカヌー類は撤収されてました。

ラムー
7/19日にオープンした室内遊技場。卓球、ビリヤード、テーブルサッカーが無料。エアホッケーが$1。小さい子の乗り物が¢25。その他リトルタイクス系遊具があり、アニメビデオも流れています。

卓球とビリヤードは道具をフロントで借り、30分交代で遊ぶしくみでした。
夜遅くまでウロウロできるタモンエリアと違って、ホテルにもどるとちょっと出かけにくいオンワードの夜。室内遊技場は良い暇つぶし&食後の運動になりました(毎日利用させていただきました)

フロント周り
朝8時から夜8時までフロントには日本人のコンシェルジュが勤務、
どっかのホテルの「日本人対応係」とは大違いで、本当に頼りになる存在です。
我が家もサザンコンフォートの件ではとってもお世話になりました。

オンワードホテルの感想を一言で言うと、「お金使わんかったなー」ってことになります。
タワーラウンジで朝食が頂けたり、食券でお昼が頂けたり、無料で卓球させてもらったり、とホテル内に居るとほとんどお金を使うことがありませんでした。
到着時には、お水が無料サービスで冷蔵庫に入ってるし、インターネットは自由に使えるし、「ほんと色々気を使ってくれてありがとうね」って言いたくなるサービスぶりで、「お客さんに快適に滞在してもらいたい」と言う気持ちが伝わってきました。

ただ・・・この「お金使わんかったなー」と言うのがここのホテルのネックでも有るように思います。
気分がハイになって、気持ちよく無駄遣いしてしまうような仕掛けが欲しいような・・・・
まあ、主婦としては「お金使わん」て言うのはヒジョーにありがたいんですけどね(^^ゞ

後いくらバスの便が昔と比べて格段によくなったと言っても、タモンエリアからは遠いです。
タモンのホテルだと、夜のそぞろ歩きとか、朝の1人散歩とか楽しめますが、ここだと「バスが無くならんうちに早うかえろ」となって、ABCとかで無駄遣いするのを防げました。


ご飯を食べに行った所
オンワード以外でご飯を食べたところについて。

コリアパレス
1日目の夕食に行きました。
フラレショッピングセンターと言う、地元の人のいくショッピングセンターの中でかなり、広々とした店でした(マイクロにも支店あり)

メインを頼むと、キムチ・ナムル等はサービスになる韓国方式。
カルビで$18程度と安くは無いようですが、一人前が日本の2.5人前くらいあります。
三人で、タン・カルビ・チヂミ(台の部分が餅みたいで美味しかった)カルビタンを頼んで、$90。(まあまあ高い)
テーブルで焼くというと、カセットコンロに鉄板を乗せたのを置いてくれて、その上で焼いて食べる方式でした。

焼肉自体は、サイパンで食べたほうが美味しかったけど、付け合せのキムチが美味しくて、3回くらいお代わりして、店のおねーさんも少し呆れ顔・・・・
ここの送迎車のおじさんは多分元在日の人だと思うのですが、日本語ネィティブだったので、良く道々12月の台風の時の話とかを聞かせてもらえました。

マイクロネシアモールフードコート
買い物で時間が押してしまって、2日目の夕食はフードコートになりました。
親はベジー&カレーをチョイス。ご飯2スクープにおかず2品、スープ、カレーでたしか6ドルくらい。
カレーはタイ風の味付けでかなり美味しいし、おかずも多少当たり外れがあるものの総じて○(肉・魚系より野菜のおかずがお勧め)色々店が多いので迷いまくりましたが、正解チョイスでした。辛いもの好きならお勧めのお店です。

のすは悩んだ末に結局なじみのある ケンタをチョイス、こっちはチキンは日本より脂っこい感じで、ビスケットはサクサクで美味しいけど、コールスローは酸味がなくて激マズ、ポテトも時間が経ち過ぎているようでマズイ。という結果でした。

キングス
4日目の朝食に利用。シャーリーズにも惹かれましたが。昔コンパドレスモールのキングスで食べたときのことが忘れられず、タクシーでGPOまで行きました。
タクシーの運転手さんも「グアムで一番美味しいファミレス・ローカルのお気に入り」と言うてはりました。

朝食メニューはどれもとってもアメリカらしい味で、こってりしてるけどまさにアメリカの朝ご飯って感じで美味しいです(
のすが大人メニューを選んだので、私がのすの代わりにkidsメニューからチョイスしましたが、kidsでも、フレンチトースト二枚・ソーセージ・目玉焼き(一個)と私には充分なボリュームでした。
ここの朝ご飯が今回の旅行の「もう一度食べたい物」の1です。

ハガニア・グリル&バー

チャモロビレッジのお祭りに行きがてらに利用しました。(送迎サービス目当てとも言う)
ガイドブックにもよく載ってるし、ツアーのミールクーポンすら使えるお店だと言うのに、私たちが言った時は私たち以外すべて外人でした。(特に白人系の比率高し)

メニューも英語版のみで、グアムに居ることを忘れそうな「外国らしい」お店です。
雰囲気的に量が多そうなので「私たちはとっても小食ファミリー」と自己紹介 して、アペタイザーのシーザーズサラダ・魚グリル盛り合わせ・ペンネ各一つづつ頼んでシェアしました。

予想通りの外国サイズで、これだけで三人充分満足のできる量でした。(お勘定は$65)
味の方はアメリカらしい味で、こってりしてるけど、美味しかったです。

厚かましくも「チャモロビレッジを見てから戻ってくるから、帰りも送って」とリクエストしたら、心よくOKしてくれて、店が忙しい中オンワードまで送ってくださいましたm(__)m


今回オンワード以外で食べたお店は、これだけ・・・
朝昼を無料で食べさせていただけるので、この点でもお金使いませんでした。(ありがたい)


続きはこちら