お台場冒険王と東京輪行ポタリングの旅




のすに「今年も冒険王行きたいか」と聞くと、「行く」と言う返事。
母親と2人で旅行というマイナスポイントを冒険王に行けると言うプラスポイントが上回ったようで、今年も母子で東京に行く事になりました。(^_^)v

今年はのす父の分とのすの分のマイルを利用して 両方ともANAの特典券で交通費無料。
去年の教訓を生かして 朝8時の時報に合わせて電話して席を取ったので 行き伊丹発 8時 帰り羽田発18時と 朝発・夕方帰りの便が取れました。

ホテルは今年もメリディアン、一昨年一室16000円、去年18000円と来て 今年は一室20000円の連泊プランが最安。
徐々に値上がりしてきてるのは 「冒険王効果」なのでしょうか・・・
ホテル代に充当するべく、一年間コツコツ貯めたネットアンケートの謝礼の商品券が 26500円、連泊で掃除を断って2000円の利用券を貰って それも部屋代に充当したので、自己負担は11500円。

非常に安上がりな東京二泊三日の旅となりました。



計画


今年の東京行きのトピックスは「自転車持参」 のすの「ダホンミューC9」と私の「ルイガノ LGS-CM」を東京に持っていって向こうで 昼間と夜と二回乗ろうと考えて、昼間は ダホンの散歩道というサイトを参考にして葛西臨海公園まで走って帰りは水上バス。
夜は「自転車日和」と言う雑誌に載っていた記事を参考に月島にもんじゃを食べに行こうと計画したのですが・・・後述

当初 タワーオブテラーに乗りたいので、今年もシーに行こうかと思ってたのですが、丸一日はもういいかと言う感じだし、かといって夕方からだと 3100円でタワーオブテラーに乗って終わりになりそうで、あんまりにもコストパフォーマンスが低い気がするし結局却下。

と言う事で、当初の計画は
●一日目 昼間の葛西臨海公園へのサイクリング
夕方お台場に戻って 去年も行った シズラーのテラス席で夕ごはん
●二日目 朝からお台場冒険王 夜月島へ
●三日目 朝お台場を自転車でぶらぶら 昼はアクアシティのエノティカのビュッフェ、その後冒険王の無料エリアなどで遊ぼう

と いうような感じに考えていたのですが・・・・


一日目


いよいよ行く日が近づいて来て 東京の週間天気予報を見てると どうも初日の天気が悪そう・・・・
週間予報の間は 「まあ、間際になって予報変わるかもしれんし」と一縷の望みを抱いてたのですが、前日になっても 東京は一日中雨の予報なっていて、どうにも 初日に自転車は無理な事が判明。

おまけに京都まで出発の日の夜半からバケツをひっくり返したような雨。駅まで歩いて行くのが困難な状態で予定外タクシーを呼ぶ展開になり、ちょっとテンションの下がる出発となりまました。



飛行機

私は今まで何回か電車輪行はしてますが、飛行機は初めて、のすはなんと今回が初めての輪行と言う事で 荷物扱いされて自転車が壊れないかと心配でしたが、預ける時に「自転車です」と言うと 壊れ物タグをつけてくれて丁寧に扱って頂けたようで、無事東京まで行って帰って来れました。

飛行機の場合「お客さんが大きい荷物を持って乗ってくる」という前提が有るので、考えてみたら置く場所を探さないといけない鉄道より楽に自転車を運べるような気もします。
案外楽に運べたので 「これなら婆さんになって 1人で空リンも 余裕かも」と思いました。(^_^)v


ところで、今回飛行機の席を行きも帰りも隣同士ではなく 2人とも通路側で前後並びに取ったのですが、
コレはなかなかいい考えだったと思います。
満席便でなかったので、往復とも隣は空席になって(両端の通路席をブロックされた真中席は最も人気ない席なので、そうなる確率高いと思います。)ゆっくり座れてストレスフリーの45分でした。



冒険王一回目


東京に到着したらやはり予想通り雨・・・やはり自転車は無理でした。
今回、冒険王のチケット無料引換券を日産のサイトでGETしていたので、まあ一回は無料で入れるから 初日と三日目の二回冒険王を見ることにしようと 計画変更して、荷物を預けて、さっそく冒険ランドへ。

日産のブースでワンディパスポート引換券とドリンク券を貰い、冒険ランド入り口でパスポートを受け取って、冒険ランドには入らずに まず シュッとした金のオブジェの先ランドの裏飯屋を目指しました。

シュッとしたオブジェの先ランド

シュッとしたオブジェの先ランドの 「めちゃばけ」はすごい人気のようで、携帯サイトでチェックしてると、冷や汗体験コースは連日10時オープンの前に整理券配布終了、その後スタンバイで入るには2時間〜3時間待ちと言う状態の様子、この日も10時過ぎなのに既に整理券は配布終了になってました。

去年の「めちゃいけ体験クルーズ」は見学コースも体験コースも 歩く場所が内側か外側かと言うくらいで、並ばされた割に大差が無しやったから 今年も見学コースでええやんな と思っていたのですが、裏飯屋に行く為に見学コースを通ってみたら、体験コースの人は階下のセットの中でなにやら楽しそうにしてるし、見学はそれを上の通路からチラ見するで 何してるかもあまり見えへんし、と 去年とは違って並んでも体験コースに行く値打ちが有りそうなので、のすと「3日目に朝から気合入れて並ぼうか」と決めました。

見学コースを抜けて 裏飯屋に行くと流石に朝早いと有ってこちらはまだ人も少なく、待つ事無く食べられ状態。
私が「ぎょーめし」(ギョーザの中にごはんが入ってる) のすが「ソースメシ」を食べました、ギョーメシはそういえばギョーザの具の中にごはんも混ざってるなあ という程度で 普通に餃子として美味しかったです、ソースメシの味は知りませんが、私のをへっつて両方食べた のすによれば「ぎょーめしの方が旨いな」だそうです。

裏飯屋を出た後は め印良品のグッズを見たり、フォトパークのやべっち寿司で写真撮ってもらったりと 二回行くと決めたのでのんびりムードで楽しみました。



その他午前中の行動


冒険ランドのネプリーグを見に行ったら 既に60分待ち状態なので、即諦め。
雨が段々強くなってきてるので、とありえず西遊記3Dシアターの整理券だけ貰い、屋内に退避しようと フジテレビ本社社屋へ。

昼ごはんまでの間24階のコリドールでヒーローの衣装を写真に収めたり、22階西遊記ランドでキントンウンに乗って写真を撮ってもらったりして楽しみました。(写真は阿部ちゃんの衣装、阿部ちゃんファンなんです)

西遊記ランドで「キントウンに乗りたい」というと のすが恥ずかしがって逃亡した為、46歳のオバちゃん1人でゴクウの衣装を着て写真撮ってもらいました・・・後からのすに「お母さんはもう恥かしい物無しやな」と言われました (^^ゞ


クアアイナ

ユニバーサルシティに有った時もバーガーにしては余りにも高価なお値段に腰が引けて入った事がなかったのですが、のす父がなんばパークスで食べて「美味しかったわー」と自慢するので、思い切って一回食べてみる事にしました。
のすも私も アボガドバーガーのセット、ドリンクとフレンチフライが付いて たしか1350円だったと思います、高いです、マクドやったら家族で食べられる値段です。
でも・・・・無茶苦茶美味しい! 「肉の味が全然ちゃう、ステーキみたいや」「高いけどホンマに美味しいなー」と親子で感動しながら食べました。ボリュームも満点で、バーガー一つで充分に満足。関西圏では今はなんばパークスでしか食べられないようなのでこの機会に食べてよかったです (^_^)v

お昼からの行動

昼ごはんの後は トイザラスをチラ見してから 西遊記の3Dシアターへ、この頃から雨が激しくなって来ので、逃げるように3Dシアターに入りました。

3Dは 一番初めに来た時から 冒険王には必ずあるアトラクションですが、去年までの湾岸テレビが3D+人間の実演で かなり面白かったのに比べて 今年はフツーに映画を見るだけだったので 「ちょっとパワーダウンかな」と言う感想。
香取慎吾君のファンの人は 信吾君が立体で出てくるので それだけで楽しいかと思いますが。

3Dからシアターから出てきたら、雨が上がっていて日が差していてラッキー。そろそろチェックインできる時間になったので、日産のダイナーでドリンクを貰ってから一旦ホテルに入って、一休み。
(実際は2人とも一休みはせず各々の自転車チェック 好きだねー)

夕方再び 本社社屋に行って 球体展望室 はちたまで ゲゲゲの鬼太郎球体パニックアドベンチャーを鑑賞。
ゲゲゲは私も子供の時見たし、のすも今携帯のワンセグで録画して毎回見てるそうで、世代を超えたアニメという事で、二人とも楽しんで観られました。 と、言うか 私の方がハマって「今ちょっと最初の方が観られへんかったし、もう一回はじめから見よう」と二度観。

ゲゲゲショップで のすが目玉オヤジのストラップ狙いでガチャガチャをしたら、砂かけ婆が出てきて、「ばばあ繋がりで自分が付けとき」とくれたので、携帯に付けました(^。^)

その後22階フォーラムで のすに「取って」と頼んで のだめカンタービレの マングースのぬいぐるみをUFOキャッチャーで取ってもらい 自分用の記念品も出来て まずは満足。(ひょっとして 私の方が楽しんでる?)

本社ビルから降りた後、一階広場をブラブラ。「ほんとにあった怖い話、心霊写真館」に今年も入ったので、「ふふふ 例年のごとく抱きついてやろう」と思ってたんですが、今年はタイミングが合わず撃沈。

と 言うような感じで ザ・冒険王一日目は終了。2日行こうと決めたし、今日の分はタダなので、一日目は割りとのんびりペースで廻った感じです。

ホテル

初めて冒険王に来て以来 定番となってるメリディアンに今年も宿泊しました。
一年目 デラックスにアップ、二年目 スタンダードながらお風呂場に窓のある角部屋 と来て 今年は・・・と どんな部屋になるかちょっとドキドキしながらチェックイン。
1960という事で、まずまずの高層階の鍵を渡されて、ベルの方と一緒に部屋に向いました。
「真っ直ぐ進んでください、ここを曲がって下さい・・・」とえらいエレベーターから遠いところに連れて行かれて、開けて貰った部屋は一見した感じはごく普通のスタンダード。
まあ、そうそうラッキーな事が起きる訳もないし、今年はフツーのスタンダードツインちゅうことやな、と思ったんですが・・・ベルの人が部屋を出た後で 「景色はどんな感じやろ」と窓に近寄ってビックリ!なんと レインボーブリッジが見えるやんか!

ここのホテルは、殆どの部屋がレインボーブリッジに真正面向きか、その反対向きかに面しているのですが、私たちの部屋はホテルの建物全体を紙袋に例えると“マチ”に当たる部分に位置している為に、カテゴリー的にはレインボーサイドではないけど「パーシャルレインボービュー」な景色が見られると言う訳。

レインボーブリッジ真正面で無い分、反対側を見ると海底トンネル入り口も見ることが出来る、素晴らしいビューの部屋で、滞在中は朝に夜に「あー ええ景色や」とお台場の眺めを堪能させて頂きました。私ってやっぱり部屋運が良いですね(^_^)v
 飲食施設も利用しないし、一休経由だし、あまり良いお客さんじゃないのにありがとうございます→メリディアン

メリディアンと言えば、初回泊まった時に アメニティの充実に驚きましたが、「環境に配慮」と言う事でシャンプー類こそボトルタイプの据え置き式に変わってましたが、化粧品から、入浴剤まで きめ細かい配慮で「体と着替えだけ持って来たら大丈夫」なアメニティ類の充実は変わりありませんでした。
又があったら 又泊まりたいホテルです。

写真はすべて部屋の窓からの景色です


マッスルパーク

去年の冬にデックスにオープンした “マッスルパーク”ちょっと面白そうなので、ヤフオクで アトラクションが二回できるチケット二枚を 300円で買っておきました。
が、のす的には 友達とならともかく おかんと来る場所としては あまり面白く無かったようで、「別にやりたいもん無い」との事でがっくり (-_-;)
まあ チケットが勿体無いので、とりあえずって感じで ダーツとフリスビーで遊んで そそくさと出て来ました。

築地玉寿司

初日の夕食は シズラーのテラスでステーキ食べてビールと思ってたんですが、天気が悪そうなので、前日に調べて 女性3045円 男性3675円で お寿司食べ放題の 築地玉寿司に行く事にしました。
のすは 多分始めての 私はものすごく久しぶりの、廻ってない、職人さんが目の前で握ってくれるお寿司。
無茶苦茶美味しかったです (^。^)
ビールは一杯だけにして(クーポンで頂戴しました) 必死で食べて、私13皿 のす 17皿位 食べました。割り算したら 100均回転よりは高いけど、高級回転よりは安い!
どのネタも美味しくて、二人とも大満足の夕食になりました。

食後は 台場三丁目商店街をブラブラしたり、のすの希望で モンベルとソニースタイルを見たりして、一日目終了。
この日は雨が上がってからも 一日中涼しくて、暑い暑い京都から来た人間にとっては 一日中汗一つかかず ちょっとよその国に来たみたいな感じでした。



二日目


二日目は自転車の日。昨日も心配で何度も何度も携帯で天気予報を確認して、夜寝る時にも「雨降りませんように」と祈りながら寝た甲斐有って、朝起きたら うっすら雲はかかっては居ますが 雨は降らなさそうな空模様。
三日とも雨なら 「京都からわざわざ自転車持って来て馬鹿みたい」となる所だったので、ホッとしました。

サイゼリア

この日の朝食は、初めてのお台場の時に臨時休業で入れなかったサイゼリアに行きました。
朝ごはんのセットが4種類有って、どれも399円、 フォカッチャ・目玉焼き二つ・ハム・スープにサラダorスープ、ドリンクバーも付いていての値段なので、本当に安くて感激。(朝マックより値打ちあると思います・近所に有ったら良いのに・・・)
味も美味しかったし、ドリンクバーも種類豊富で、かなり満足しました。

ポタリング in 東京ベイエリア


食後一旦ホテルに戻り、いよいよ自転車を持って出発。
部屋から一階の出入り口まで こそこそと自転車を運搬して、出入り口付近で展開。
のすのダホンミューC9は袋から出すのは遅いけど、展開は速い。私のルイガノLGS-CMはカバーは直ぐ外れるけど、展開はわりと手間がかかる( と、言うか私がどんくさい)ので 結局のすに「まだかいな、遅いなあ」と言われながら焦って展開して、出発しました。

ダホンの散歩道では 臨海線沿いにまっすぐ東向いて走る事になってましたが、まあ東向いて走ればいけるやろと 勝手に一本北側の海沿いの道を走り出したのですが・・・・

道に迷う

ダホン散歩道をプリントアウトする積りでしたが、まあルートも単純やし 地図有るしと横着こいた上に、違う道を走った報いが来ました。
朝の内は雲がかかっていて、気温も低く、快調に東へ東へと疾走していたのですが・・・道路標識を見ると「月島・銀座」の文字が。
東へ向ってる積りで 何処でどう間違えたのか途中から北を向いて走ってしまってました。
地図を見てもよく分からないし、携帯のGPSを見てもまだ分らないし、のすは怒り出すし、結局丁度歩いてきた妊婦さんに道を尋ねるとやはり途中から 違う方向に走っていたようで もと来た道を南に走って軌道修正。

しかし、この時走り出した道が 後から考えると サイトに出ていた道より一本南側だったようで、緑溢れる心地よい道を走る積りが、車がビュンビュン走る横を排ガス吸いまくりながら走るハメに・・・(-_-;)
どうにかこうにか 新木場の駅に到着。ここはダホンの散歩道にも出ていた場所なので「あーこの後はサイトで見ていた気持良さそうな場所を走れそうや」と喜んだのですが、ここからの道も又間違えていたみたいで 結局延々車の多い通りを走り続ける事になってしまいました。

やっぱり 全く土地勘の無い場所を走るときには、ガイドブックの地図だけでなく 詳しい地図を用意したり、事前にグーグルアースで雰囲気を見ておいたりした方が良かったなと 反省してます。

新木場緑道公園

どうにかこうにか、荒川までたどり付くと、川沿いの新木場緑道公園に出ました。
計画では距離が長くなりすぎるので、ここはショートカットしようかと思っていたのですが、入り口の地図を見ると この道を南下した先に葛西臨海公園に渡るルートがあるような書き方がして有ったので、手持ちの地図には記載が無いので半信半疑ながら 走り出しました。(結局 葛西臨海公園に渡る橋は見当たらなかったんですが・・・あの地図なんだったんでしょう??謎)

この道が気持良かった。荒川が東京湾と一体化して広い広い海になって行くのを眼下に見下ろしながら、殆ど歩く人も居ない真っ直ぐな道を走って居ると、さっきまでの車の排気ガスを吸いまくって走っていた 同じ街とは思えない爽快さ。
水鳥が驚くほど 沢山飛んでいて、「東京湾も海なんだなー」と感心しました。

東京へリポートを通り過ぎた所まで走っても、どうにも この先に葛西に渡れる橋は無さそうなので、結局引きええして 荒川河口口橋を渡ることになり、行程的には「無駄足」だった 新木場緑道公園ですが、ここを走ってるときが今回の東京旅行で一番楽しかったような気がします。



荒川を渡る

緑道公園ではすれ違う人が少ない上にたまにすれ違ってもロードで飛ばしてる人か、真剣にジョギングしてる人で なかなか道を聞けず、やっと出遭った「のんびり歩いている人」に「あのー葛西臨海公園行くにはどーしたら良いですか」と訪ねて 結局、荒川河口橋を渡るしか無いことが判明。
来た道を引き返して橋へ。

荒川河口橋は遠目に見てると車だけがびゅんびゅん走って様に見受けられて、「あんなとこ自転車で走れるのか」とびびってましたが、実際に言って見ると歩道がちゃんと有って 登り勾配が辛かったのと、車の振動で橋が揺れて怖かったのを除くと 普通に走れる場所でした。
車で渡ればあっと言う間の距離ですが、自転車で渡ると もう海になると言う川の広さがシミジミ感じられて「あー 荒川を渡ったぁ」と妙な満足感がありました。

葛西臨海公園

荒川を渡りきると 目の前にどーんと観覧車が見えて、葛西臨海公園は目の前。何処から道の反対に渡れば良いのか 少々迷いましたが、なんとか無事 最終目的地にたどりつきました。

公園の中にはサイクリングロードが、元気があれば走りたいところでしたが、途中からどんどん気温が上がってきて 結構ヘロヘロ状態だし、お腹もペコペコなのでまずはランチスポット探し。
園内全図みたいなのが見当たらないので、携帯のナビで探して レストランの有りそうな「クリスタルビュー」という建物まで行って駐輪。
レストランがありそうに見えた一階部分に行ってみたら 自販機しかなくてがっくり・・・ですが、折角自転車もつないだ事なので、中に入ってみました。
全面ガラス張りの真っ白、中には昔の葛西地域の生活を撮った写真なども展示してあり、無料休憩所と思えない綺麗な場所でした。
一番上の部屋に有った 望遠鏡に100円入れて 対岸のディズニーの景色を見て見たりして、しばし和みのひと時。



ランチ

クリスタルビューにレストランが無かったので、今度は徒歩で公園の中央部分に出て、やっと見つけたのが「ブルーマリン」というレストラン。
セルフサービスの店で、室内と屋外の席がありましたが、室内は小さい子ファミリーで非常に賑やかだったので、暑いけど屋外でランチ。
のすは鮭いくら親子丼、私は辛口チキンカレーを食べました。親子丼は800円と低価格なのにいくらが山盛り乗っていて、のすは満足そう。
私は暑いのに辛い物を頼んで さらに汗みずくになり のすに「考えて頼めよ」と馬鹿にされました  ほっといてくれ

カレーを食べて口の中がヒーヒーなので 「アイスが食いたい」と 周辺を見渡してみると ジェラートの販売カーを発見。
即、購入して 水族館の前庭に座ってデザートタイム、水族館前は水の流れる塀がめぐらされていて すごく涼しげで綺麗でした。水族館には入りませんでしたが、いい場所ですね。
あんまり暑かったので 小さい子に混じって、堀を流れる水を触る私、離れて冷やかに見るのす なんか立場逆転・・・ツイ子の前まで、こんな場所に来たら 着替えが無くてもパンツ一枚になって水に入っていた のすなのに 大人になりましたぁ。

水上バス

ジェラートを食べ終えたら、既に2時前になっていたので、「もう水上バス乗り場まで行って待っとこう」ということになりました。
バス乗り場の当たりも自転車で走ったら楽しそうな道が続いてましたが、流石に草臥れて チケットを買った後は親子とも待合場所にぼーっと座って、出発待ち。

写真は袋に入って乗船を待つLGS-CMとダホンミューC9


2時20分の水上バスに乗り込んで、お台場への帰路に付きました。
東京湾と言うとなんだか 汚い海というイメージですが、葛西臨海公園を出発してしばらくは、水鳥が沢山飛んでいたり、ヨットで遊ぶ人が居たり、ちょっと昔乗ったキーウエストでのクルーズ船を思い出すような 爽やかな光景。(ちょっと褒めすぎ?)

苦労して渡った 荒川河口橋や、楽しかった緑道公園の景色を懐かしく見ているうちに、景色が倉庫の立ち並ぶ港に変わって、(,このあたりは南港に似てるような)
さらに進んでいくと パレットタウンの観覧車や、ビックサイトが見える 臨海副都心の景色に変わって お台場のビーチに到着。

 40分ほどの道のりでしたが、景色の移り変わりが有って 乗り応えのあるショートクルーズでした。
コレで1000円は結構お得かと思います。

お台場の港からホテルまでは徒歩で5分位、又玄関で自転車をたたむ事を考えると 展開するのも面倒くさいような距離ですが、押して歩くのも又面倒くさそうなので、結局展開してホテルまで戻りました。

こんな感じで昼ポタは終了。一応目的地には行けたし、計画通り帰路は船に乗れましたが、行程の殆どを排気ガス吸いまくりの道を走ってしまったのが残念。
チャンスがあればリベンジしたいものです。

でも、こんな事でもなかったら絶対一生行かないような 普通の道を走ったのも住んでる人みたいで面白かったです。







1人で海を見つめる(^^ゞ

ホテルに帰ってきたのが 3時過ぎ、5時半位に再出発して、今度は月島へ行こうと言うと、のすが「きょうはもう ええ、電車で行くくらいならええけど」と言い出しました。
自転車日和の本で見て、月島まで自転車で行こうと 計画して、ライトも購入して 行く気マンマンだったので「そんなこと言わんと行こう、行こう」といったのですが のすは疲れたのか至極不機嫌。
「もう、めんどくさいから 夜は嫌や、ジャンプショップとかも見たし」ときっぱり拒否して、テレビで探偵学園Qを見始めました。

せっかく自転車持って来たのに、もう乗らないのは 寂しすぎる・・・「じゃあ 私 又その辺走ってくる」と 1人自転車を持って部屋を出て、お台場のビーチ周辺を走りました( 後から考えると 私の方が子供みたい)

ホテルから東側は去年走ったので、今年はホテルを出て 遊歩道を西に走って 桟橋まで行ってみると、桟橋みたいな所が有って、釣りをしてる人が結構いました。
まだまだ 走りたかったけど、夕飯の時間が有るので20分くらいで1人ポタは終了。
のすと一緒走ってると ずんずん行ってしまうので、景色の良いところで泊まって写真を撮ったり出来ないので、1人ポタ 短時間ですが楽しかったです。

月島

部屋に戻って、「じゃあ、ジャンプショップを見てから、電車で月島に行こう」と言う事で出発。
アクアシティのイベントスペースで開催中のジャンプショップをのすが見てる間、私は近くの店でTシャツを衝動買い。
その後、懸賞で当選して近くに店が無いので 今回お台場で使おうと温存していた ドリンク券を使って、タリーズで一休みしてからゆりかもめに乗って月島を目指しました。(この時点でのすは 空腹も有ってかなり不機嫌モード)

月島へは 豊洲で地下鉄に乗り換えなので、お台場をほぼ半周する感じになり、車中からの夜景が綺麗で、この時はのすも景色の見やすい席に移動して 景色を楽しんでいたのですが、豊洲で地下鉄に乗り換えた辺りから のすさらに不機嫌モードに突入。
という訳で、せっかくのもんじゃストリートも 店を物色しながらそぞろ歩きという雰囲気ではなく、ぱっと目に付いた もんじゃ麦というお店に入りました。

とりあえず、普通のもんじゃとジャガバターをオーダー。
狭いお店は 沢山のお客さんでごった返していて、関西のお好み焼き屋さんよりも がちゃがちゃした雰囲気。家以外では初のもんじゃ焼きなので 焼き方を聞きたいと思っても、お店の人がすごく急がしそうで聞きづらくて、どないしょうか・・・と少し困惑しながら焼き始めたら、店の人が来てくれて焼き方を教えてくれました。
初もんじゃ体験は お好み焼きとは又違って 美味しかったんですが、 不機嫌のすが 一枚食べて「もうええ」と言うので あっと言う間に終了してしまいました。(ーー;) あー折角来たのに・・・ (その後 やはり「ハラ減った」と言う事で マクドでバーガー食べてました)

帰路は帰りとは逆に汐留まで地下鉄で行って、ゆりかもめに乗り換えたので、結局行きと帰りで ゆりかもめに一周乗り、都会の夜景を充分に楽しめたのは良かったです。
自転車で行けなくなって残念と思ったんですが、後から考えてみたら昼でも迷ったのに 夜なんてさらに迷って大迷走してしまう可能性大だし、コレで良かったのかとも思います。

さすがに 夕飯の量が少なかったので、私もホテルに帰ってビール片手におにぎり食べました。
メリディアンの中のコンビニは24時間営業で 普通のコンビニに売っている様な物から、ホテルのお菓子、東京土産、と品揃えも豊富で とても便利なお店です。

三日目


並びました

三日目は又冒険王、「めちゃバケ」の体験コースに行くと言うのが最大のミッションです。
初日に係りの人に聞いてみたところ、「9時前にはお客様が沢山並ばれて、10時オープンまでには整理券が無くなる事が多いですねー」という話。
マクドで朝ご飯を食べてから並ぼうか、と 7時半頃にホテルをチェックアウトして 「マクド行く前に、どんな感じか見てみるか」と シュットした金のオブジェの先ランドに行って見ると すでに数名の人が並んでいる状態。
のすが「もう今から並んだ方がええ」と言うので 又ホテルまで引き返してコンビニで朝ご飯を調達して、ゲート前で座って食べる事にしました。

列に付いたのが8時過ぎ、既に私たちの前に30人位の人が並んでいて、さらにどんどん人が集まって来てました。
係りのお兄さんが人数をカウントしながら「代表者が待っていて、後から合流は絶対にダメ、列から離れた人に整理券は渡しません」と一組、一組に説明。「トイレは」の質問には「トイレは仕方ないので、公園の中にあるトイレまで行って、終わったら速やかに戻ってきて下さい」との返事。
本当に整理券の「配布を厳重にやるぞ」と言う姿勢が伝わってくる対応に 並んでいる人達も本当にトイレに行く以外はじーっと自分の場所に座り込んで待っている人ばかりでした。(関西やったら なんやかんやいい訳して後から入る人が居そうな気がする・・・)

私達も 持参の朝ご飯を食べたり、本を読んだりして、じっくり腰をすえて整理券配布を待った訳ですが、途中からすごく日が差してきて、初日の寒かったのが嘘みたいに すごく暑くなってきて、ハンカチをアタマから被って日を避けてました。
本当に熱中症になりそうな暑さでしたが、京都と違って時折涼しい風がさーっと吹いて行くのだけが救いでした。

私達が列に付いた時には未だ 「少数派」という感じの めちゃばけ待ち列でしたが、9時ごろにふと後ろを振り向くと、もはや最後尾が見えない位の、人、人、人。本当に10時前には「本日の整理券配布は終了しました、これから体験コースをご覧になりたいお客様は2時間〜3時間待ちとなります」とアナウンスしてました、恐るべしめちゃバケ。

めちゃバケ

8時から待った甲斐あって、手にした整理券は10時スタートの三便。
10時、10時半の回の参加者はワンディパス購入後、列から離れずそのまま 集合場所で待てとの事で、今度は建物の前にある墓場にて 入場待ち。
10時スタートと言っても三便なので、実際に入れたのは10時20分ごろだったと思います。結局待ち時間2時間 あーしんど(ーー;) 

内容的には 芸人さんの案内で10人一組位で、めちゃイケにちなんだセットの中を いろんなネタを楽しみながら50分かけて歩く、という感じのアトラクション。
途中記念撮影等もあり、去年みたいに「セットの中を通れるか、その周りから見て歩くかの差」と言うのでは無く、上から見てるだけとは全然違うので、まあ 並んだ甲斐有りでしょうか。
私自体は とくにめちゃイケ好きではなく、息子が見てるのをチラ見してる程度の人間ですが、それでも50分飽きずに楽しめましたし、めちゃイケ好きの息子は勿論大満足でした。

その他午前中の行動

めちゃバケのツアーが終了したら既に11時半。
実は私は冒険ランドに有る ネプリーグトロッコアドベンチャー がやりたい、と来る前から思ってたんですが、初日に行った時点で60分待ち、この日も既に60分待ちになってしまっていて、断念。
こちらも「見学コース」と言うのが有ったので入って見ましたが、めちゃバケの見学コースよりさらに悲惨で、トロッコに乗って出発していく人が遠目に見えるのみで、「見学コースというより、グッズのショップに入るだけのコース」でした。(−−〆)

この日は 12時から アクアシティの 「カンティネッタ エノテーカ ピンキオーリ」の夏休み限定のランチビュッフェを予約してるので、もう余り時間もないし、のだめのカンタービレと 少林寺の 優先入場チケットを貰って食事に行こうと 冒険ランドを後に フジテレビ本社社屋のシアターモールの優先パス発行所へ。
今日は4時45分のバスで帰るのでそれまでに 見られる回となると のだめ12時50分、少林寺1時半しかなくて、ランチの時間があわただしくなるし、のだめ→少林寺と移動できるのかも心配でしたが、まあそれしか仕方ないので発券。

カンティネッタ エノティカ ピンキオーリ



去年来た時 ランチで3150円+10%〜のお値段で二の足を踏んだのですが、今回は夏休み限定のランチビュッフェ2800円があると言うので 思い切って行くことにしました。
人気かと思って 出発前に予約、天候に振り回されて 予約変更の電話を二回もしたのですが、行って見たら 全然混んでませんでした(^^ゞ

三回も電話してたので、気合の入ったお客さんだと思って頂いたのか、案内して頂いた席は、自由の女神とレインボーブリッジが真正面に見える 素晴らしいビューの席(親子よりカップルにふさわしい席だと思います)

ビュッフェラインは思ったよりも短くて アンティパストが中心。パスタ一種類、ピザ一種類、切り分けしてくれるメインが日替わりでこの日はポークのグリル中心に数種類。
デザートもそれ程種類はなくシャーベット類中心で ゴージャス感やてんこ盛り感には欠ける こじんまりしたビュッフェでしたが、一品一品が上品で美味しい味だったので、満足しました。(ピザだけは ちょっと硬すぎてイマイチ)
デザートの中に 「薔薇のアイス」が有って 親子共々始めて食べたのですが、ふぁーんと薔薇の香りがして、優雅な味わいでした。



その他午後の行動

のだめのカンタービレの集合時間が12時50分なので 折角のエノティカのビュッフェですが、かなり急ぎ足で食べる事になって残念。
流石に集合時間ぴったりには間に合わず、10分遅れくらいでシアターモールに到着しました。
後から行っても、普通に入場するお客さんの行列を尻目に 優先パスで直ぐに入場、さらに 真中の見やすい席が用意されている VIP待遇。持ってて良かったお財布携帯。

のだめカンタービレ・夏休みクラッシック講座は 1限目(講師 千秋真一) 2限目(講師 ミルヒ) 3限目(講師 のだめ) と三種類のフイルムが有って、後から調べると 他の上映時間は 1限づつの上映なのに、私達の入った昼間の回は 1〜3までの通し上映になっていて、45分の上映時間中 涼しい屋内で クラッシック音楽を楽しみながら、のんびり体も休められて 食休みにもってこいでした。



その代わり、集合時間が40分しか違わなくて 間に合うのかと心配していた「武林風 少林寺伝説」は なんと2分違いで優先パスが無効になってしまい(集合時間から20分間有効なんだそうです) 立ち見なら入れたのですが、立って見るのもしんどいし・・・とやめになってしまいました。

と言うことで、少林寺は諦めて、15分待ちで入れる世にも不思議な城に入りました。ドラクエをイメージした城と言う事ですが、入った感想としては「昔の遊園地のマジックハウスみたい」って所でしょうか。
実質10分待たずに入ったので それなりに面白いと思いましたが、30分待って入ったらキツかったと思います。

のすが モンベルをもう一回みたいし、クーリッシュが貰えるスタンプラリーも完了させたいので、ちびまる子ちゃんのお家を遠目に見ながら、冒険ランドはコレにて終了。
去年までは一日でも殆ど全部見られたのに、今年は二日がかりでも 見ていない場所・催しが多くて、ちょっと不本意な結果でした、一日目にもっとガツガツ行っておけば良かなと反省。


デックスのマクドで一休みして モンベルを見てから、スタンプラリーのスタンプを集める為に フジテレビ本社社屋へ。
THE・冒険王のサイトで 「8月になったら混むから 冒険王に来るなら7月が狙い目」と書かれていたのを見てましたが、
本当に初日の7月30日と この日8月1日とでは 「同じ夏休み中の平日なのに、たった二日の違いなのに、何でや?」と驚くほど 混み具合が違っていて、初日は並ばず上がれたエレベーターも列。
きままに歩けた22階のヒーローの展示コーナーも 真中をロープで区切られて、決められた方向にしか進めない。
22階から降りるエレベーターも又列。
と 初日とはすっかり状況が変わっていて驚きました。

という訳で 来年も行くなら7月ですねー ( て、来年のすは高校生やのにまだ一緒に来る気か?→私)

という訳で、スタンプラリーのはんこを押すのに結構時間がかかりましたが、無事クーリッシュと記念品をGET。
クーリッシュは無料エリアにあるスタンプだけで完成する ラリーカードでも貰えるので、とりあえず両方集めた私は2個も貰っちゃいました。(^^ゞ ( 一気にアイス二個食いできる年でもないので、のすに食べてもらいましたが)

フジテレビ前のウッドデッキに座って、貰ったクーリッシュを食べて、今年のTHE・冒険王は終了。
回りきれなかった所が多かったのは不本意ですが、今年ものすと二人旅できて楽しかったです、もう 本当にコレで最後の可能性が高いですが、来年も「お台場冒険王4回目行ってきました」なんて書いてる自分の姿をちょっと期待してる 私ではあります。



結構ええやん MKスカイシャトル

去年と同様 16時45分のシャトルバスで羽田に向かい、18時発のANAに乗って あっと言う間に 大阪到着。
去年まではココからバスで京都、電車で最寄り駅に向って、そこから徒歩で帰宅だったんですが、今年は自転車と言う大荷物をあるので、帰路はMKスカイシャトルを頼んで置きました。

勝手に「空港からジャンボタクシーで高速出口まで行って、高速出口に待ってる小さいタクシーに乗り換えて家に向う」と思ったんですが 実際には方面別に乗ったお客さんのうちの一部の人がインター近くで乗り換え、残りの人はそのままの車で送ってもらえる方式だったので、我が家は乗り換えなしで家まで直行できたて すごく楽でした。
関西空港からは電車に比べると 少し時間がかかりますが、荷物を持たなくて良いのがすごく楽だったので、中国の帰りも利用してみようかと思ってます。




こんな感じで、3日間の のすとの二人旅も無事終了。小さい時のぐずって大変というのとは又違う、「意見の違うもの同士が遠慮なくぶつかり合うから生まれる対立」とでも言いましょうか、お互い 「あー不快」と思う局面も何度も有りましたが、終わってみたらやっぱり、楽しい旅でした。

のすと二人で、こんなに長い時間を過ごすのは本当に久しぶりて゜した。(最近ではお互い休みでも別行動が多いし、家に居ても違う部屋に居るし)
来年はのすも高校生、もはや 母子旅は無いやろな などと 自分に言い聞かせつつ、それでも又を期待しつつ、今回の旅行記はコレにて終了。



しかし・・・最近の私の旅行記 常に最後は コレで最後か 最後でないか と言うので終わってるなぁ (^^ゞ
なんねんかして 「あー コレが本当の最後だったんだ」と読み返す旅行記は 果たしてどれ?




付記 お台場→葛西臨海公園のポタリングルートです
迷走分も入れて14キロ足らず、しんどかったけど たいした距離は走ってませんでした