東京ディズニーリゾート再訪記 


去年7年ぶりに行ってすごく楽しかったディズニーに、やっぱり今年も行きたい・・・と言う気持ちに突き動かされて またしても「格安ディズニー旅行」を計画しました。
去年の経験から今回は初めからツアーの利用は考えず個人手配で計画を進めました。

交通機関の選定
前回同様にドリーム号&新幹線を利用するつもりでしたが、職場の友だちから「JTBがツアーで使用してるパンプキン号は、実はバスだけでも買える」と言う情報をゲット、片道5000円ながらトイレ、毛布付きとの事、それは安い!

ドリーム号とパンプキン号の違い

@席がドリームは横3席なのに対して、普通の2-2のシートであること
Aフットレストが無い、スリッパも無い
Bディズニー到着予定が7時なので、8時開園のシーで好位置でゲートオープン待ちするには若干遅め
C帰りの新幹線の切符が割引にならない、子供料金が半額ではない
   と言うような感じです

往復運賃の合計比較

ドリーム号&新幹線大人18900円
子供9450円
東京⇒舞浜追加分
320円(2人分)

合計 28770円
パンプキン号
新幹線
バス代
大人片道5000円
子供3500円

新幹線代
大人11700円(金券ショップ)
子供6350円(正価)

合計26550円
差額 2220円

これくらいの差額なら、ドリーム号の方が良いかなとかなり迷ったんですが
まあトイレはついてるんだし、2000円だけとは言っても安いことは安いし、とパンプキン号を利用したんですが・・・・ 正直失敗でした

席が2−2配列で横と隙間が無いのは息子と2人なので気にならなかったんですが、前後のシートピッチが狭く、リクライニングの角度がドリームより格段に浅い事、フットレストが無いことは、長時間の乗車なので思った以上にきつかったです。

たとえて言えば、「ドリーム号は飛行機のエコノミーとビジネスの間くらいの居住性:パンプキンはエコノミー以下の居住性」と言う感じでした。

往復バスと言うことなら、大人1人分の差額が6000円以上になるのですが、今回のように復路新幹線で、子供と同行と言う場合はドリーム号&新幹線を使った方が賢明だったようです

のす曰く「サービスエリアに何回も停まるし、席は狭いし、あんまり安さにこだわりすぎもあかんで」(^_^;)憎たらしいけどその通りでした

ホテルの選定

今回もインターネットでお得な宿探しをしました。
前回のホテルパークレーン西葛西はサンディ3000円プランが終了しているし(もっとも今回は土曜泊ですが) パークへの往復が若干不便なので、今回は違うところを探したました。

色々探しまわって「ホテルサードニッスク東京」を発見しました。
ここは元ホリデイン東京だったホテルです
@シングルでも140センチ幅のベッドを使用しており、そこに子供と同室の場合で添い寝の場合子供は無料で、室料8900円(サービス料なし)
A料金からすると破格とも言えるシングルルーム24平米の広さ
Bさらに朝食無料、(子供は無料宿泊のため朝食分のみ500円負担)
C 京葉線八丁堀駅から徒歩三分、舞浜まで15分の立地。しかも通勤と逆行するためパークへの行き帰りは電車が空いていそう

と相当好条件なのでココに決定

交通費+ホテル代+パス代の合計

交通費 パンプキン号と新幹線       合計26550円円
ホテルホテルサードニックス東京
8900円+税 合計 9345円円
バスポート代2dayパスポート大人9800円
子供6700円
 合計16500円
   
 
総合計52395円円


以上が今回の旅の基本支出です。
前回は51860円でしたが、私の分の朝食代500円を引くと51895円なのでほぼ同額です。


続く・・・