お台場冒険王と東京ポタの旅

子供16歳










のすも早高校1年、家族三人でなら兎も角 よもや私との二人旅なんてもう無いやろと思い込んでいたんですが・・・よっぽど お台場に行きたかったのか、のすの方から「行きたい」とオファーが有り、ソウルにも行くのでちょっと金銭的にきついなぁと思いつつも もう何度もないチャンスやしと、今年も恒例の母子東京旅行に行くことになりました。

ホテルと交通手段

夏休みにソウルにも行くので、あまり予算も日程も取れないので 今回は一泊二日。
一日は冒険王、もう一日を今度は東京の自転車屋さん巡りをしながら都心部をサイクリングしてみようと言うプランです。

今年は中途半端に貯まってるマイルもなかったので、今回は新幹線利用する事にしました。
当初はひかり早得切符の利用も考えましたが、早得は学割が使えなようで、それなら早くて本数も多いのぞみを利用して始発&最終の組み合わせで一泊二日を目いっぱい楽しむことにしました。
のぞみは自由席なら少し特急券が安いのですが、自転車を持っていくので一番後ろの席に座りたいので、指定を取ることにして、せめてもの節約で私の分は金券屋で回数券を購入しました。

ホテルは今年も地の利が良く、日航東京よりは安めのプランのが有る メリディアン。
チェックインが18時 チェックアウトが10時のプランだと一泊2万円を切るプランが有ったのですが、さすがにちょっと疲れそうなので、通常の15時イン12時アウトのプランでデラックスツインを22000円を楽天経由で予約、宿泊費に関してはアンケートでためポイントを楽天に移行した分を15000円分使用して、残りもアンケート謝礼の商品券で支払ったので実質出費無しで泊まることができました。


サイクリングの下調べ

去年は行き当たりばったりに東に走って、なんとか目的の葛西臨海公園には辿り着いた物のそのほとんどを トラックだらけの道の歩道をこわごわ走るはめになってしまったので、今度はきっちり下調べして行こうと「東京サイクリングマップ」と言う地図を購入したり、図書館でガイドブックを借りたり、アルプスルートにルートを書いてみたりと、前回の行き当たりばったりとは、真逆にみっちりルートを決めていったんですが・・・・

結果として「百聞は一見にしかず」という諺はほんまやなぁと言う結果に終わりました。詳しくは後述。




一日目
 
出発

始発ののぞみは京都駅6時14分発 乗り継げる東海道線が5時52分。
キャリーケースがあるので自転車に乗っては行けず、両手で荷物を引いて行かねばならないので、早目に家を出ましたが、T氏に改造していただいて引いての移動がしやすい姿になったLGS-CMなので結構らくらく駅まで歩けました(Tさんありがとうございます)

無事余裕をもってホームに到着、早朝の新幹線なのでおっさんばっかりかと思ってたら、さすがに夏休みなので家族連れの姿も多く賑わってました。
自転車を置くために一番後ろの席を取ったのに、すでに誰かの荷物が置いてあって「げっ」となりましたが、通路の向こう側の席の後ろが開いていたので其処にのすのダホンを置くことが出来てほっとしました。考えてみたら新幹線って大きいスーツケースの置き場が無いですよね、旅行で使う人も多いのに不思議

のぞみには私は一回乗ったことが有りますが、N700系に乗るのは初めて、足元も広くてゆったり乗れるし、振動も少なくて良いかったです。



8時半前に品川駅に到着。ラッシュ時なので山手線とかに乗るのは厳しいだろうと当初からタクシーで向かう予定でしたが、本当に人が多くて 荷物を引きずってタクシーの場に行くにも、田舎者の私らはおっかなびっくりでした。
人が多いのぐらい大阪で慣れてると思ってましたが、やっぱり東京の方がさらに人多いような・・・
なんとかタクシー乗り場にたどり着いて、お台場へと向かいました。

行動開始

一日目は天気が悪そうなので、雨でも大丈夫な冒険王の方に行くことにきめて、ホテルに荷物を預けて行動開始。
去年早くから めちゃイケのお化け屋敷に並んだので、今年もパンでも買ってゲート前で並ぼうかと思ってんたですが、のすが「サイゼリアに行きたい」と言うので、まずはサイゼリアで朝ごはん。399円モーニングやっぱりお値打ちです。

朝ごはんを済ませて10時前に冒険ランドのイーストゲートに行くと すでに長蛇の列。あとから判明したんですが、イーストゲートは混んでいたようで。ウエストゲートに方に並べば良かったようです、ちょっと失敗しました。

結局中に入れたのは10時20分過ぎ、めちゃイケの回転寿司とか短縮鉄道はすでに60分待ちになってました。(早っ)
のすがてっきり回転寿司とかをやりたがってると思ってので「並ぶか?」と聞くと「やりたないで」と意外な返事、「僕の性格わかってるやろ」と言われちゃいました、そう言えばのすはシャイな性格やった (笑)

一番の難敵めちゃイケをパスと言う事なので、速攻「ゲゲゲの鬼太郎」の整理券をもらい(この時点ですでに12時からの分でした)これまた人気のチキンラーメン50周年記念館の「マイカップヌードル・ファクトリー」の列に付きました(この時点ではまだ20分待ちでした)

マイカップヌードル

マイカップヌードルは一食300円で 一人5個まで作れるので、各々自分の分と共同製作でのす父の分を作ることにしてチケットを二枚購入。
チケットを買った後で 手の消毒が有ったので具や面は自分で詰めるかと思いましたが、それは外と完全に隔離された中で係りの人がする方式でした(衛生面を感がたら当然ですよね)
結局自分でするのは、スープと
具を選んでシールを張るのと、表面のデザイン、カップに面を入れる機械のレバーを回す、の三工程
それと最後に風船みたいな袋にカップヌードルを詰める所だけでしたが、スープと具をいろいろと相性を考えて選んだり、表面の絵を描いたり、のすとちまちまと作業するのがなんか久し振りで楽しかったし、市販のカップヌードルより割高ですが良いお土産もできたので良かったです。




ゲゲゲの鬼太郎

カップヌードルを作り終えたらすでに11時半を回っていて、「ゲゲゲ」の整理券の時間まであまりないので、ちょっと冒険ランドの外で休憩して(外の自販機の方が安いので)妖怪ツアーに向かいました。
おととし位に有った大奥のお化け屋敷がかなり怖かったので、今回のも怖いのかと思ってましたが、全然怖くなくて感想としては「目玉おやじ可愛い」でした (笑)

妖怪ツアーのあとお土産を見ようとショップにの方に行ったら ちょつと列ができてたので「えっお土産買うのも並ぶのか?」と思いましたが、これはNEC提供の「目玉のおやじのナビゲートで君の年齢と性別を自動判定」の待ち列と判明。それなら短い列やしやって行こうと列に並びました。

グループ毎にプリクラの機会の大型版みたいな場所に入って、一人づつカメラの前に立つと 目玉おやじの声で「うーん見たところおぬしは●●代のじょせいじゃな」と判定される仕組み。
仕切りがのれんなので自分の少し手前からは判定の声が聞こえてきて、入ったのはあきらか20代前半までの人なのに「うーんおぬしは30代の・・・」とか言われて「いやーん」となってる様子がまるわかり。
あんな若い子が「30代」なんて言われてるから私なんて「うーんおぬしは70代の・・・」とか言われたらどうしょう、いくら遊びでもへこむやんとマジでビビりました。

私らの番が来て、先にのすが判定を受け「20代男性」と言われ、「まあ僕老けてるしな」となって、次は私「頼むから40代までにしてぇ」と祈りながら精いっぱいかわいらしい顔をしてカメラの前に立ったら なんと判定は「30代女性」 思わずガッツポーズしてしまいました

私は年を若く言われて喜び(^^)vのすはお財布携帯を持っていたら判定後にもらえる抽選用のバーコードが当たっていたのでグッズを貰って喜び(^^)v二人とも喜びの年齢判定でした。


海の家

鬼太郎の後は昼ごはんを食べに めちゃイケ海の家へ。私らがお台場に着いた時にはいったん雨上がっていたのですが、この頃から又降ったり止んだりになって来ていて、海の家の前の白い砂浜も湿っていてちょっと物悲しい日本海な風情(>_<)
青い空の下で「おとうさん」の写真撮りたかったんですが、残念。

昼ごはんは一個400円もするので「高くてばからしいなぁ」とは思いましたが、まあ記念って事で「肉なしバーガー」を食べました。
のすが「ラーメンバーガー」私が「パンバーガー(辛)」パンバーガーは中身のパンがソース味で結構普通に食べられる味でしたが、コレで400円はやっぱりボッタくりですよね(-_-メ)

食後はサックスシャワー、オバQ湯室、オカザイルなどを写真撮影。め印良品のコーナーは店には入るのに行列ができていたので、「また夕方に来よう」といったん海の家終了見物いったん終了。

ちょっと早目のチェックイン

天候がいよいよ怪しくなって来たので、降らない間に屋根のある所に移動しょうとフジテレビ本社社屋へ。
球体展望室等を見ようと思ったんですが、のすが「疲れた、座りたい」と言い出したので、飲み物を買って大階段の途中にあるベンチで一休み。
私も疲れて来たので、少し早目にチェックインできないかと電話してみたら「2時40分位にはお部屋が用意できます」と言う事だったので、本社社屋は後回しにしてホテルに向かいました。

メリディアンは今年の6月にホテル グランパシフィック LE DAIBAと名前が変わっていて、去年来た時に工事をしていた入口手前のカフェ&ショッピングゾーンもオープンしていて、ちょっと進化した感じになってました、今までホテルの中にあったコンビニもこのエリアに移動していて宿泊客以外でも使いやすい雰囲気
休憩用に甘いものと飲み物を購入しました。

15時のチェックインタイム前なのでフロントはとても空いていて、すぐにチェックイン完了。
今年の部屋は23階、今まで毎年ラッキーな事が有ったので、今回はもしかしたらレインボーブリッジビューとかにアップされてたりして・・・と期待しましたが、イヤらしい事を考えたらだめなんもんで、今回は普通に頼んだ通りの部屋でした。(窓からめちゃイケ海の家がよく見える部屋で、のす的にはレインボーブリッジビューより海の家ビューの方が良かったらしく喜んでました)

朝早く起きて、ヘロヘロののすがさっそく昼寝してしまったので、私はお風呂にお湯をためて足浴しながら買ってきたパウンドケーキを食べてティータイム。
一時間ほど休憩して元気回復する事ができました。
20分ほどですが早めにチェックイン出来て本当に助かりました ありがとうメリディアン

冒険王続き

そのまま夜まで寝てしまいしそうな勢いののすでしたが「このままやったらもう冒険王終わるでぇ」と起こしたら飛び起きてきました。
休憩して元気も回復したので冒険王の続きを周りにフジテレビへ。

まずは本社社屋へ向かい球体展望室はちたまへ、去年までは窓をスクリーンで覆って映像イベントをしていた球体展望室ですが、今年はオリンピックグッズの展示になっていて オリンピックにさほど興味がない私的には「あんまり面白ないなぁ」って感想でした。去年の鬼太郎とか好きやったんですけど・・・

と言う事で そそくさとはちたまを後にして 22階ガリレオワールドへ、実は私家族の中で唯一ガリレオ見てなかったんですけど、展示内容の科学実験はなかなかおもしろくて、見て無い人間なりに楽しんめました (のすに「お母さんは見てへんしわからんやろ」といじめられましたが)

のすが「やっぱりTシャツ釣り堀やる」と言うので、じゃあもう一度海の家まで行こうかと、一階に降りてきたら雨が土砂降り。
ホテルに傘を取りに行こうにも行けない状態、しばらくお土産屋を見たりして小止みになったのを見計らって ダッシュでホテルに戻り、傘とウインドブレーカーで完全武装して、海の家を目指しました。
海の家に向かって歩いてる途中 放送で「東京に警報が発令されました」と言っていて 人がどんどん冒険ランドと海の家の方から引き揚げて来るので、「もしやもう今日は冒険ランドと海の家は閉鎖かも?」と思いましたが、行ってみたら普通に営業してました。

雨のせいで 海の家は一気に人が居なくなっていて、砂浜は無人で何やら台風襲来中の海の家という風情。
メ印のお店もガラガラ、Tシャツ釣り堀もお客はのす一人状態だったし、お父さんとの記念写真もらくらく撮れて私ら的にはちょっとラッキーでした。

まだクローズまで時間があるので「今なら 回転寿司とかすぐできるんちゃうか」と冒険ランドへ。
さすがに めちゃイケの 回転・短縮・ギリギリスはもう受付終了になっていて、世の中そう甘くは有りませんでしたが、キャノンのフォトパークは各5分待ち程度で おしゃれ魔女とぬるま湯温泉 両方のセットで写真撮影してもらう事ができました。
残りの時間で ベストハウス1.2.3を独占状態で見て、チキンラーメンの見学コースをまわってひよこちゃんシールを貰って、時間ぎりぎりまで有料エリアをまわって、この日の冒険王は終了。
前半結構時間がかかったので、全然回れずに終了かと思いましたが雨で人が減ったので後半サクサクと要領よく回れた感じでした。
まあ、見るところがてんこ盛りで2日かけて回れなかった去年に比べたら、ことはシアターも別途料金の必要なイベントになってしまってるし、はちたまも展示だけだったし、ライブに力が入ってる分ちょっと見ごたえ無かったような気もする 今年の冒険王でした。



築地玉寿司

去年食べてめちゃ美味しかった築地玉寿司、今年も行きました。
去年とちょっとシステムがびみょーに変わっていて「一人一回4カンまで、4組に一人くらい板さんがついて順番にオーダーを聞いて行く」と言うやり方になってたので、食べ終わっても次を頼むまでちょっと待たないといけない感じでしたが、やっぱり目の前で握ってもらうお寿司は美味しいです
殆ど一回に四種類頼んで のすと一カンづつ食べてたので どれだけ食べたかがちょっと把握できてないんですが、今年もおなかが限界になるまで食べてきました。
高級回転寿司と同じくらいの値段で、金額を気にせずに食べられて本当お値打ちだと思います。あー美味しかった (^^)v



お台場ナイトラン

お台場で夜自転車に乗りたいと兼ねてか希望していた のす 一時はもう雨で駄目かと思ったんですが、夕飯を食べに行くあたりで雨があがってたので、食後乗りに行くとの事。
私は部屋でのんびりしようかなぁとも思いましたが、やっぱり自転車と聞くとじっとしてられず、「ついて行く」と親子で出かけることになりました。

「僕は行きたいように行くから、来るなら付いて来て」との事なので、コースも聞かずひたすらのすの後を付いて行ったので、どこをどう走ったのかよくわかりませんが、フジテレビの湾岸スタジオの前を通過して青梅の方に行ったようです。

青梅の辺りは工場街で夜は人影もなく、トラックが怖いので歩道を走ったんですが、人が通ってないのでめちゃ走りやすいし、涼しくて気持ち良い。
当初10時にいつも見てるドラマが始まるまでに帰ろうと言ってんたですが、ナイトライドがあんまり楽しいので結局「まあドラマはええか」となって青梅から引き返して来て「海沿いも走りたいなぁ」と海浜公園へ。
夜で人が居ないので独特の走り心地を楽しみながらボードウォークを走ったり、アイスを買ってきて砂浜で夜景見ながら食べたり、短い時間でしたが存分にお台場の夜ポタを楽しみました。



朝5時から起きてるので さすがに部屋に戻ったらくたくた、そそくさと風呂に入って、缶ビール飲んで 一日目は終了。


二日目
 
ちょっと自転車な朝ごはん

朝起きたら昨日の事が嘘みたいな良いお天気。
二日目の朝ごはんマクドと思ってんたですが、家の近くでも食べられるのでちょっと芸がないし、昨日サイゼリアに行った時に同じビルの二階にも朝から営業してる店が有るのを発見してたので行ってみました。
二階に上がってみると「クルックスカフェオ」と言うお店が営業でしたが、モーニングセットがベーグル半分とコーヒーで390円とあんまりお得感が無いメニューでしが、入口に自転車が飾ってあるのが気に入って ここで食べる事にしました。
私はモーニングセットにしたんですが、のすがサンドイッチとマンゴーヨーグルトドリンと言う贅沢な物を食べたために二人で1200円とちょっと高めの朝ごはん になりましたが、表に自転車が飾ってあるだけ有って 雑誌のコーナーに自転車雑誌が置いてあったので(と言っても二冊だけ)親子で雑誌に読み更けり・・・・
東京ポタの出発日の朝にはふさわしいお店だったと思います。(食べ物の味は普通でしたけど)





冒険王無料エリア

食後は海岸沿いをぶらぶら散歩しながらホテルに戻り、一休みして冒険王の無料エリアを見に行きました。
まず昨日行けなかった さとうきび迷路に行こうと冒険ランドに行ってみたら入場券を買う人の長蛇の列。
「さとうきび迷路の列はまだ作ってません」と言う事なので 暑いところ待ってもしかたないし 近くの公園の木陰で時間つぶし、あさ10時前の木陰でも既にかなり暑い(*_*;
10時きっかりに さとうきびに行ってみたら さすがに無料エリアに朝イチに来るモノ好きな人もいないようで、お客はのすと私だけ。
さとうきび迷路 まあぶっちゃけ大した迷路じゃぁないので 待ちくたびれた挙句に人がいっぱいな状態で入ったら 「がくっ」かもと思いますが、二人だけでぶらぶら楽しめて、味パンダのうちわも貰えて満足でした。

次に1階の無料エリアと五階の無料エリアを見るためにフジテレビ本社社屋に移動。
ますます気温が上がっていて移動だけで疲れてしまい、思わず7階の「ご当地かき氷」のコーナーで氷たべました、暑い日に氷は美味しいです。
大階段のまきふんも写真撮影。
エスカレーターで5階に下りて、きっかけストリートを見てから 1階のおバカンスクエアへ。
毎年おなじみのほん怖心霊写真館を見て、わくわくマーケットでのすが最後にお土産を買って 今年の冒険王は終了。

去年、おととしに比べて 正直なんか今年は見るところが減ってパワーダウンしたような気がするんですが、のすは楽しかったと喜んでました。
4回連続で来た 冒険王も今年で終わりと思うとちょっとさみしい気がしてしまいます・・・・





いよいよ東京ポタに出発

冒険王を終えてホテルに戻りチェックアウトして、いよいよ東京ポタに出発。事前に何度も脳内で練習したルートをいよいよ実走する時が来ました
メリディアンのベルのお姉さんに「荷物二つはあずけて、自転車は今から電車に乗せる」と話すと、なんとホテルの台車で台場駅のホーム手前まで送ってくださり、行きはほんとにラクラクで駅まで行くことが出来ました ありがとうございます m(__)m

まずは台場駅からゆりかもめで竹芝へ。冒険王でホームとコンコースは混雑してましたが、冒険王客と逆行ルートなので車内はガラガラだったのでラッキーでした。

いきなり事故!! を目撃


竹芝に着いて 改札を出たところから道に降りるのにエスカレーターが見当たらず、階段をえっちらおっちらCM担いで降りてる時と 下で「がしゃーん」とすごい音 (*_*)  道路を見たら タクシーが別のタクシーの横っぱらに衝突してました。
まあ、自分には関係ないのでのすと「えらい事になってるなぁ」とか話しながら自転車を展開してると 一台の方のタクシーからは運転手が下りて来ましたが、もう一台の方からは誰も出てきません、(のすの観察によるとエアバッグが膨らんで出られなくなってたらしい)
運転手が出てきた方のタクシーは横がペコペコになってましたがなんとか自走で路肩に走って来ましたが、もう一台は動かなくなっていて 警察官とまわり居たタクシー乗務員さんに押されてやっと路肩に移動してきました。当然車は見るも無残 (T_T)
まあ 私らには全く関係ないけどのっけから事故をみてしまい、それでなくても東京の道を走るの大丈夫かなぁと思ってたのに 余計びびってしまいました。

増上寺と東京タワー

ともあれ、へこんだと言っても自転車も展開したことだし、東京ポタ出発。
竹芝通りをまっすぐ進んでいくと増上寺と東京タワーが見えてきました。
東京でもちゃんと車道を走ろうとがんばって走ってましたが、増上寺手前くらいから路肩にタクシーがすごく多くなってきて、車道を走ろうと思ったらタクシーと走ってる車の間を走ることになるので 延々と車道の真ん中を走らざるを得ず、田舎者にはきつくてここで断念。(以後こわくて車道はほとんど走れず・・・情けない)
増上寺からは芝公園との間の細い道を通って、六本木方向をめざしたので、しばし車にビビることもなくいい感じでポタリング。
江戸を思わせる増上寺の建物の向こう側に 東京タワーが大きく迫って来て「東京やなぁ」って景色でした。
ゆるい上り坂をどんどん上がっていくと、東京タワーの足もとに出てきました、間じかで見上げる東京タワーはなかなか迫力(京
都タワーは足ものとあたりは普通のビルになってるので雰囲気か違います)
入口に南極探検隊の犬の像が居るとは 今まで知りませんでした。

       


大使館で座り込み!?

東京タワーを過ぎ、外苑東通りに入った頃から路上にはメッセンジャーの姿がいっぱい。
京都では休日に半日くらい街中を走っていても それらしい人をたまーに見かける程度ですが、このあたりの路上では「ぐるっと見渡した視界の範囲に常に数名のメッセンジャーが居ると」と言っても過言では無くらい。女性メッセンジャーが働く姿も間近で見れて、のすと二人密かによろこびー( ^^)
メッセンジャー以外の人か゜乗ってる自転車や駐輪中の自転車も「ママちゃりの方が少数派」と思え来るほどかっこいいスポーツバイクが多くて、さすが東京(と言うか さすが六本木、青山?) うちの近所とは走って自転車からして違います
( ノーブレーキのピストに乗ってる若者も間近にみました、こんな街中でノーブレーキ、スキルが有ったとしてもやっぱり危ないと思うんですけどぉ)

それはさておき、走り始めには東京タワーと言う明確なランドマークが有ったのですが、タワーを通り越してしまったら後はビルビルビル、通りの名前が交差点に書いてあっても土地カンのない私は混乱するばかり・・・と言うか本当に混乱して 六本木交差点で曲がる所をひとつ手前で曲がってしまいました。

しかも間違えた道は急な坂を上がったと思ったらいきなり急な下り坂・・・なんのために坂上がってん? みたいな道。
もし間違った道で坂を下りてから間違いが判明して また坂を上がるのは嫌やと思い、坂の上に有ったシンガポール大使館の前に居た警備の人に「青山方面に行きたいんです」と道を聞いたら「しりません、公用車が入ってくるからここに自転車留めないでください」とケンもホロロ
くっそー 東京の奴感じ悪い と思いつつ 横手にそれて必死で地図をみたり、携帯で現在地確認するもいまいちよく分からず、のすと二人大使館の横に座り込んで悩んでいたら、さすがに見かねたのかさっきの警備員の人が近寄ってきて、「青山に行くにはこの坂を下りてまっすぐ行くと良いと思う」と道を教えてくれました。
はじめは「感じ悪いおっさんや」とおもいましたが、根は悪いおっさんではなかったのか、それとも私らの座り込みが邪魔やったのか、ともかく道が分かったので坂を下りて進みました。

南青山{カフェ OVE

悪いのか良いのかわからん警備のおっさんのおかげで無事軌道修正して、六本木ヒルズ前を通過。
新しくてきれいな高層ビルが並んでる六本木ヒルズ、ちょっとこの間行ったクアラルンプールのブッキビンタンあたりを思い出しました。
ここに住んでる人って金持ちなんやろなぁとか 考えながら自転車をコギコギ

第一目的地の南青山にある「カフェOVE」までは六本木通りの途中から青山墓地の中を通る道に入って北上する行く予定でしたが、墓地に入る道が見当たらず・・・(@_@;) 今度は迷走する前に交番で聞いたら すごく的確に道を説明してもらったので無事に墓地の中を通る道を発見でしました。さすが警察官

墓地の中を通るみちは 若干登りではありましが両脇がお墓なだけ有って 静かで気持ちよく走れる道でしたが、この頃から本当に気温が上がってきて、京都の地獄の夏で鍛えてるから大丈夫と思ってたけど、のどがカラカラでヘロヘロ、たまらなくなって 目的地は近いと知りつつもお墓を抜けたところの休憩所でアクエリアス一気飲みしました。

アクエリアスで気合回復して、少し行くと無事に「OVE」発見。
自転車カフェって感じのお店なので、当然駐輪場があると思いきや、駐輪場無いし・・・自転車何処停めたらいいのか分からず。
とりあえずお店に入って「あのー どこに駐輪したら良いですか」と聞いたら 「中に入れてください」との事。さすが自転車系のお店
店内に自転車をもってはいると  お店の人がCMを見て「可愛い自転車ですね」とほめて下さって、ちょっと嬉しかったです(^O^)/
店内には結構広い自転車置き場が有り、OVEの主宰するツアーで使うと思しき自転車が一杯置いてありました。

お店はすごく広々していて、入口付近には自転車が展示してあり、日の光がさんさんと差し込む広い客席スペースの奥には料理教室でもできそうな大きなカウンターキッチンが有って食材がいろいろおいてありました。
さすがに青山にあるお店だけ有って、本当におしゃれなお店、さすがに京都にはこんな場所無いです。

日替わりランチを食べようかと思ったんですが、暑くてさっぱりしたものを食べたかったので お蕎麦をオーダー (黒豆野菜そば[小鉢つき] 1000円)冷たいお蕎麦の上に香味野菜と黒豆がたくさん載っていて、小鉢も野菜で すごくヘルシー。
味も東京なのでだしは濃い目ですが、蕎麦もトッピングも美味しくて、満足のランチでした。 のすの食べたカレーも美味しそうでした。

スペシャライズド・コンセプトストア

ランチを食べてすっかり元気を回復し、外苑東通りを北上、スペシャライズドコンセプトショップへ行きました。
二階建の全面が総ガラス張りのおしゃれーなお店。当然あらゆる種類のスペシャライズドの自転車が置いてありましたが、印象に残ったのは ラングスターのトーキョーとラスベガス。
トーキョーは漆塗り風になっていてスペシャライズド・トーキョーと言うロゴがカタカナで入っていて日本っぽくて面白い、キョートバージョンも作ってほしい感じです。
ラスベガスは部分的に入った金色の色使いとトランプの絵柄でLVらしい派手なデザイン、街で乗ってたらかなりカッコよく目立てそう。

自転車以外にウエア・グッズもたくさん置いてあってなかなか見ごたえ有りでした、帰りにカタログセットも貰えてのすもご満悦。
     



地獄に突入

と、ここまでは楽しい東京ポタだったんですが、明治通りに入って原宿に近づくにつれて、人も車も爆発的に増え、歩道は人で走れないし、車道に出る勇気はないし、のろのろよろよろ歩道を走り、挙句にどうにもならず押しになってしまいました。
ン十年ぶりに表参道を見れてちょっと嬉しい気持もありましたが、暑いし、自転車まともに通れないし、のすは怒り出すし・・・の地獄状態。

ピスト系のお店を見たくて渋谷に入るルートを選んだんですが、大失敗でした (>_<)
途中ノースフェイスのお店を見つけて入って見ましたが、暑さでヨレヨレでショッピングする気力なし。 せこく無料でもらえるお水だけ貰って退散(よわってても 厚かましい所はおばちゃん)

横断歩道がなく、歩道橋担ぎで渡ってやっとの事で見たかった W-BASE BICYCLE GARAGEを見つけるも、敷居が高い気がして入れず・・・(のす曰く、「お母さんと一緒やから恥ずかしくて入れなかった」そうです・・・ケッ)

渋谷駅の辺りではもう何処がどこやら地図を見ても訳が分からなくなってしまい半泣き状態。
結局一番見たかった神泉のSEXON SUPER PEACEを探す気力もなくしてしまいました・・・・ampmを目印に行ったのに ampmが100m置きに有ってもうほんまにお手上げでした

後から冷静に考えたら、 田舎もんが渋谷を自転車で走ろうと言うのが間違いやったようです・・・お店巡りはあきらめて代々木公園沿いを走ったら良かったのかも。

本当にいっぱいいっぱい状態に陥った為この先写真が全く取れてません (-_-メ)  せめてもう少し涼しいシーズンならちょっとは冷静に地図も読めたんでしょうが、混乱してる上に暑いからもう脳の中が煮え切ってしまいました。

目黒川

神泉のSEXON SUPER PEACEをあきらめてそのまま直進すると旧山手通りに出てきました、ここから少し行ったら目黒川が有って それをずっと海側に向かって走ったら最終目的地の大崎にたどりつける・・・
うまいこと目黒川沿いの道を見つけられた時は心底ほっとしました。

目黒川沿いの道は車もあまり来ないし、木陰で涼しいし、海側に向かって走ってるのでゆるーい下りだし、さっきまでと比べたらまさに天国。
川沿いにおしゃれなカフェとかショップが点在していて、かなり好きな雰囲気。
予定ではこのあたりでカフェで休憩の予定でしたが、のすは怒ってるし自分は汗だくだしで結局「いいなぁ」とみてるだけで写真すら取れなくてすごい残念です。

どうにかのすが行きたがってた プロテックを発見。小さいお店でしたがこだわりのカスタムをした自転車が置いてあってのすのご機嫌も若干回復。
下手なコース組みをした罰で グローブ買わされました。(T_T)

プロテックを出てからも「もう迷うのも、人がいっぱいの歩道も、怖い車道も嫌や」の思いでひたすら 目黒川にへばりつくように走行。
途中また横断歩道がない場所が有って自転車を担いで歩道橋を渡ったら、その先の川沿いの道が行き止まりになっていてへたり込みそうになりましたが、少し横の道を走ってたらまた川沿いの道に戻れてほっとしました。

走りやすい道でどんどん走ってたんですが、大崎の駅を見つけないと又迷子になるので、五反田を過ぎたあたりから又内心緊張して走ってたんですが、虫の知らせか「ここらで一ぺん位置確認しょう」と携帯で現在地を確認したらそこがまさに大崎の駅前、 もう少し位置確認が遅れていたらまた迷走する所でした。

と 言う事で無事大崎の駅から臨海線に乗って東京テレポートへ、駅前で自転車を展開してホテルへ、 お台場は建物も少ないし、大きい建物がボンっとあるので目印にがはっきりして走りやすいなぁと心底実感しました。

途中からめちゃくちゃになってしまった東京ポタ、終わった時には「こんなことなら去年みたいに葛西臨海公園に行くとか、荒川サイクリングロードを走るとかにしたら良かった」と思いました。
でも しばらく経ってみたら 「えらい目にはあったけど、荒川とか葛西臨海公園では見られない大都会の姿が見られて良かったなー」との思いに変わりました。自然あふれる場所はこっちにもいくらでもあるけど、大都会トーキョーの景観はこっちでは見られないですから。
渋谷あたりで汗だくで自転車押してる時は本当に泣きそうでしたが、また東京ポタしたいと思います、今度はもう少し涼しい時期に。


今回の走行ルート



すばらしき碁盤の目

東京の道はすごいわかりにくかったです、それに海側から山側が登りになってるのは納得いくんですが、横方向にも登りきったらと思ったらいきなり下りみたいに「なんのために登ってきてん」みたいな坂が多くて、「なんでやねん」と道に怒ってました
その点京都は街中は平地、周りは山で登りってはっきりしてるし、市中の道は碁盤の目で行きたい方向さえ分かってたら好き勝手に走っても迷わないし、碁盤の目最高や と思いました。



メリディアン・フィットネスクラブ

当初から二日目か東京ポタになった場合汗だく確定なので、当初から最後にフィットネス施設を利用して、プールとお風呂でさっぱりして帰る予定をしてました。
案の定汗だくのひどい状態になったので ホテルに戻り預けた荷物からプールの用意を取り出して、自転車を預けて フィットネスへ直行。
前に利用した屋外プールは プール代が2100円 ビーチチェアが1600円位して高い割に着替えの部屋には大した施設は有りませんでしたが、屋内プールの方はプールエリアにジャグジー、ロッカーームにはお風呂、と施設充実。 アメニティ類もこの上なく揃っていていて、料金は1050円。(宿泊者)
銭湯の2.5倍程の料金だと思うとすごいコストパフォーマンスやと思います

今回私は完全に風呂目的で利用だったので しばらくジャグジーで「ほぇー」として、プールでちょっとクールダウン。あとは「私はもう風呂入るから6時に入口でな」とのすに言い置いてさっさとお風呂へ行きました。
大して広いお風呂では無かったですが、暑くなったら表に出て水を飲んで。また風呂に入ってと長々お風呂タイムを楽しんで来みました。
大江戸温泉村も行きたかったけど、一時間くらいしか居られないのでは料金があまりに高すぎ。
ホテルのフィットネスルームの利用は我ながらいいアイデアでした。

シズラー

二日目の夕飯はのすが「肉食いたい」と言うので、おととし行った時の印象が良かったシズラーへ。
おととしは涼しい夜だったのでテラス席がすごく快適だったんですが、この日は夕方から少し湿気が出てきて蒸し暑く、テラスは私らとカップルひと組のみしか居ない状態でした
私もちょっと暑いなーと思いましたが、店内は小さい子供が多くて騒がしいし、テラスからの景色が良いので、少々蒸し暑いのは我慢です。

のすは「でかいのが良い」とサーロイン270グラム 私はメキシカンフェアのアボガドソースのステーキをオーダー。
のすはウマいなぁと あっと言う間に270グラム完食して、ビュッフェの料理もたくさん食べてましたが、私は風呂に入った時に昼間に失った水分を取り戻そうとガンガン水を飲みすぎて、若干調子悪・・・メインは完食しましたが ビュフェの方があまり食べられず(>_<)
のすが旨いとお変わりしてたタコスもお腹一杯で食べられなかったし、メインも前に食べたフィレ肉の方がおいしかったし、今回はちょっと残念なシズラーになってしまいました。

でも、真正面に見るベイブリッジとその向こうの東京のビル群、海に目をやればたくさんの屋形船と、ここのテラス席からの景色は本当にきれいで、東京の夜景を堪能して来ました。

   


最後の地獄

帰路はタクシー代を惜しんで 台場のメリディアン→品川のホテルパシフィックトーキョーを結ぶシャトルバスを利用して品川駅へ。
キャリーバッグと自転車両方持っての移動は大変だと思ったので、タクシー代より安いからとキャリーバッグは宅配で家に送り返し、自転車とメッセンジャーバッグだけ持ってバスに乗り込みました。
(極力荷物を減らして帰ろうと思ったので、ホテルで何度も預けた荷物を出したり入れたりしましたが、毎回気持よく対応して貰えてうれしかったです)

パシフィックトーキョーは品川駅から徒歩分3分位の距離なので 自転車と言っても畳んでしまえばベビーカー感覚で押し歩ける私はラクラクでしたが、のす小径車とは言っても10キロ以上のものを片手で握っての移動なのでそれなりにキツイ状態。
ついついスタスタと歩いてしまう私に「こっちの事も考えてゆっくり歩けや」と若干キレ気味。
しかも新幹線のホームに入った入口が悪かったようで、ホームを端から端まで歩くようなことになってしまい、「手が痛い」とかなり辛そうでした。
走りと言う点では まあ色々およばない点もある LGS-CMですが、こうして輪行、特に都会に持って行くような場合には本当にCMは便利屋なぁと 苦しむのすを見つつ実感。

やっとの思いで指定の車両の所までたどり着いふと 電光掲示板を見るとなぜか8時台の電車が表示されていて、一瞬「ん、時間間違えた?」と思いましたが、なんとこの日 大雨で京都⇔大阪間で一時新幹線が止まっていたそうで、運転再開はされたものの 上りも下りもダダ遅れ状態と言うのが判明  (*_*) ホームは蒸し風呂みたいにくそ暑いのに最悪です。
身軽な状態だったら先の便の自由席に座って帰ることも考えましたが、思い自転車持ってホームの端から端まで歩いたのすに「自由席乗るからまた後ろまで歩こう」ともよう言えず・・・

幸いだんだん回復してきてる時間帯だったので結局20分足らずの遅れで指定の新幹線に乗れましたが 蒸し暑いホームでで30分以上待ったので、折角お風呂ですっきりした甲斐もなく全身汗まみれで、ヘロヘロ
のす曰く「やっぱり飛行機方がええ」そうです、確かに飛行機なら空港ビル内は快適やから待たさても苦じゃないですよね。

結局京都には定刻から20分遅れで到着、いい具合に乗り継ぎの琵琶湖線も来ていたのですぐに家の最寄駅までたどり着くことが出来ました、
荷物をぎりぎりまで減らして自転車に乗れる状態にして置いたので最寄の駅から家までは自転車でかっとび帰宅。
ぎりぎり日付が変わる前に家にたどりついて、無事一泊二日の旅が終了しました。
一泊二日と言っても東京滞在時間36時間以上、いつもながらに朝から晩まで弾丸行動したのでかなりへろへろ状態の旅でした。


「まさか今年は無いやろ」と思ってた母子旅行に出かけられて、思わぬ出費になったし、「東京ポタリング」ではのすとかなり険悪にもなったけど、終わってみたらやっぱり楽しい二日間でした。