ウォルトディズニーワールド&
    ユニバーサルスタジオフロリダへの旅

子供十歳

>
5 日目

ユニバーサルに到着
楽しかったWDW滞在を終了して、タクシーで約30分のドライブでユニバーサルに到着。
この後2泊する宿ロイヤルパシフックにチェックインしました。

ロイヤルパシフックはオールスターの倍の宿泊費だけあって、かなり豪華な感じのホテル、部屋も大分広いし、インテリアも豪華、アメニティもテンコ盛で、このところ安いホテルに泊まることが多かったので、久々におー豪華って感じで、母はちょつとうれしかったけど、のすは「オールスターの方が好き」だそうです。

部屋に落ち着くまもなく、のすが「プールプール」とうるさいので、水着に着替えて、プールへ。
ここのプールはオーランドのホテルの中では最大級だそうで、かなり広いし、スライダーはないけど、船の形をした遊び場もあるし、ユニバーサルに行くための水路の脇は白砂のビーチみたいになっていて、なかなかいい感じのプールで、のすおおはしゃぎでした。 (ここもタイフーンラグーン同様温水になってるので、お風呂みたいに暖かくて、気持ちよかったです。)

WDWではホテルからパークははるか彼方でしたが、ここのホテルからはユニバーサルのパークが間近に見え、プールサイドに至っては絶叫マシンに乗る人の悲鳴まで聞こえてきました。

ユニバーサルスタジオ
のすは何時までもプールに居たそうでしたが、どうにか水から上がらせて、ユニバーサルのパークへ
ここのホテルからパークは水上タクシーで行けるので、アトラクション気分での移動です。

スタジオか、アイランド・オブ・アドチャーかどっちにするか迷いましたが、若干疲れ気味なので、先ずはスタジオの方に行くことにしました。

マディグラ
この日のユニバーサルスタジオはたまたまマディグラ(ニューオリンズのお祭り)の催しの日に当たっていて夜の8時半からはコンサートなどがあるそうで、夕方でもかなりの賑わいでした。
暑くて食欲も無いのでコンサートの会場の周りに出ていた、ケイジャン料理の屋台で売っていた、ジャンバラヤを買って、地面に座っての夕食(ショボイ)

コンサートの舞台では、もう前座風のショーが始まっていて、その周りで踊ってる人がいたり、マディグらの衣装をつけたダンサーがその辺をウロウロしてたり、ちょっと「盛り場」風の雰囲気になっていて、健全ムード一色のディズニーとはちょつと違う雰囲気でした。(客層も若者グループとかが多い)

ともかく日本未上陸のメンインブラック、ツィスター・ライド・イット・アウト、大地震(これは途中でダウンしてしまいました)、のすのマストアトラクション、バック・トゥ・ザ・フューチャーなどアトラクションを次々こなしました。
バック・トゥを終えてそろそろ帰ろうか、と歩いているとマディグラのパレードがやってきたので、しばし鑑賞して、満足して1日目のユニバーサルを終了しました。


オンサイトホテルのexpresspass

今回予算オーバーながらユニバーサルのオンサイトホテルに泊まったのは、部屋のカードキーを提示すると、Eパス対象のアトラクション、ショーすべてが優先入場できると言う特権につられてでした。

実際使ってみた感想としては「やっぱりええワー」って感じ、ユニバーサルのパーク自体日本と比べれば格段に空いているから、他のホテルに泊まって普通にEパスとスタンバイを組みあわせて廻っても充分楽しめたとは思いますが、
周り順とか、攻略法とかテーマパークにつき物の課題から開放されて、心のままに遊べるのし、パス取りと実乗りでパーク内をウロウロする必要もなし「オンサイトホテルに泊まった値打ちはあったな」と思いました。

ロイヤルパシフック自体も、室料$199のホテルとして充分納得のいくホテルだったので、オンサイトホテルに泊まったのは正解と思いました。


6日目

最後のパーク
楽しかった旅行も実質今日で最後(明日は朝5時半出発で空港です)ユニバーサルは昨日ちょこっとすスタジオの方を見ただけなので、今日気合を入れて廻ってしまわねばなりません。

大分疲れてきてるし、昨日の夕飯もショボかったので、ここは一つ贅沢をして日朝食はルームサービスにしました。ご飯党ののすには奮発して和朝食をオーダー、私はフルーツプラターでビタミン補給。
部屋でゆっくり食べられてホッと出来ましたが朝食で$47も使ってしまいました(たまには良いか)


スタジオ再び
朝食のあとは船で優雅にパークへ、ディズニーと違ってこじんまりしているので、移動は楽です。
スタジオとアイランドオブアドベンチャー、どっちから入ろうとのすに聞くと「いまおなか一杯やし、絶叫系は後で」と言うのでまずはスタジオへ

日本に無い物から行っとこうと言う事で、ワールドエクスポへ
ウッディのコースターに乗ったり、キュリアスジョージ・ゴゥズ・トゥ・タウンで水遊びしたり、恐竜のバーニーが出てくる子供向きのショーを見たり、ここならすぐ乗れるからとETも一応体験してと、すっかり和み系にはまって楽しみました。

スタジオの方は日本でもまた体験できるアトラクが多いので、2時間くらい遊んで、撤収。
感想としては、「日本と似てるけどやっぱり違うなー」って感じ、のす曰く「日本ではウッデイがメインのキャラって感じだけど、ここはスポンジボブとかキュリアスジョージとか居てウッディがあんまり目立たん」とのことでした。

アイランド・オブ・アドベンチャー
さておなかもすっかり落ち着たところで、アイランド・オブ・アドベンチャーへ
朝は天気が良かったのに、スタジオを去る頃からだんだん天気が悪化してきて、カッパを着用しないといられない天候になってきましたが、今日1日しかないから雨に負けてはいられません。

とりあえずスパイダーマンに乗った後まだ本格絶叫物には少し腰が引けるので、ポパイ&ブルートや、ダドリーなどの水系からチャレンジ(どうせカッパも着てることだし)
昼ご飯はポパイのハンバーガー屋さんにて、ここはアメリカにして付け合せのポテトの量がすごく少なくて、珍しく完食できました。

寒い、寒い
この頃から雨とともに冷たい風が吹き始め、昨日までの日射病になりそうな気温が信じられないくらいに寒くなってきました。
どうせ水に濡れるんでしょとかなりの軽装で歩いていたので、寒い、寒い・・・カッパを着ていてもまだ寒い。

とうとう耐えきれなくなってトレーナーを買いに行くと、さしものアメリカ人も寒いと見えてショップの前に陳列されたトレーナー類の売り場は黒山の人だかりでした。(ユニバーサル商売上手)
後からホテルでテレビを見ていたらどうやらこの日は異常気象だったようで、ワシントンで雪が降ったとか、オーランドで雨がどうのこうのと報道されてました。

絶叫
昼過ぎまでなんとなく腰が引けて、絶叫系をどちらからともなく避けてきた感のある母子ですが、ここまで来て乗らずに帰れないので、遂にインディハルクにチャレンジ、乗る前はすごくドキドキしたけど、動き出してみたら思ったより怖くない!全線目をあけていられたし、一部手をあげることすら出来てしまい、年々絶叫物に強くなっていく自分にビックリ、絶叫中年と名乗ることにします。(ただしかなり回転しまくるので、乗っている間は平気だけど下りてからちょっとヨロヨロしてしまいました)

この後、キャット・イン・ザ・ハット、ポセイドン・フリィ、デューリング・ドラゴンズ、プテラノドン・フライヤー、等々快調にアトラクションをこなし、面白かった物には2回乗りもし存分に楽しみました。
一番腰が引けていたドクター・ドゥームズ・ファイアフォールにも最後の最後に乗り、テーマパークめぐりの旅の終焉を飾ることが出来ました。

テーマパークな日々
人生でこんなに集中してテーマパークで遊んだのは初めての体験でした。
楽しいから一日があっと言う間のようでもあり、一日のうちにいくつもの新しい世界を体験するので、一日がとても長いようでもあり、不思議な感覚でした。
もう中年だし、いくらなんでも6日間もテーマパークで遊んでたら仕舞いには飽きるかなー・・・と思ってましたが、実際には遊んでも遊んでも飽きることなど無く、すっかり子供に帰って絶叫したり、大笑いしたり、楽しくて永遠にさめない夢の中にいるような一週間でした。

残念シティウォーク
予定ではいったんホテルにに引揚げて、ホテル内で夕食ののち、シティウォークに買い物に行く予定でしたが、夕食の時点でもうのすがヨレヨレ、半分寝ながら食べてるありさまで、結局シティウォークには行かず仕舞いになってしまいました。
仕方なくホテルの売店でチョコチョコっとお買い物して部屋に引揚げ、最後の夜は終了。(買い物行きたかったなー)


お買い物

アメリ系の場所に行ったら、スーパーを見たり、アウトレットに行ったりして「安くてええもん」を探すのが大好きな私ですが、今回ばかりは街場のショッピングゾーンに一度も行けず、あんまり自分の物は買えませんでした。
プレミアムアウトレットにはバーニーズも入ってるし、ディズニーやユニバーサルのアウトレットショップも有ると聞いていたので、かなり行きたかったんですが、WDWの広大さに負けて、結局行けなかったし・・・

その分のすが、山盛り買い物しました。行きには自分の着替えを入れていた大きなリュックに、帰りはおもちゃとぬいぐるみを詰め込んで帰って来ました。
ピンバッチもたくさん買わされたし・・・

ショップの品揃えに関してだけは、ディズニー・ユニバーサルともに日本の圧勝。
アメリカには「ばら撒き土産」の習慣が無いせいなのか、職場で配る個別包装されたお菓子類がほとんど見当たらなくて、会社に持っていくお土産には苦労しました。

面白かったのは、ディズニーのショップでは安売りとか割引とかはいっさい見当たらなかったけど、ユニバーサルはオンサイトホテル宿泊者はメインのショップでのみ20%オフがあったり、各ショップで2つ買ったら割引とかがあったりしたこと。
クリスマスにUSJに行ったときに「安売りショップ」があったので「さすが大阪」なんて思ってましたが、安売り・割引はアメリカでもあったんですね。

7日目

さよならオーランド
楽しかった日々も終り、最後の日は5時半にホテルを出て空港に向かうのみ。
当初ミアーズを利用しようと思ったのですが、゛「ミアーズは各ホテルを廻るので空港まで1時間あまりかかるが、タクシーなら25分。費用はミアーズが2人て゜$28で、タクシーならだいたい35ドル。」という説明を聞いて、タクシーで行くことにしました。

というわけで、タクシーを利用して空港に到着、メーターが$32で(ユニバーサルからのタクシーは定額制ではなかったです)空港への通行料金が$2、かばんを積んでもらったことだし、チップ混みで$40渡そうと$50のチェックを渡して「おつり$10くれ」と言うと、なんと「おつりが無い」と言うではありませんか。

運転手は空の財布を見せたりして、こっちが「じゃーもうおつりは良い」というのを待ってる態度がミエミエ
ここで思う壺にはまってたまるもんかと「じゃあカードで払う」というと「機械がないから駄目」だと
思わず「もうええか」と思いかけたけど、やっぱりむかつくので押し黙っていたら、敵が「おまえはここで飛行機にチェックインするのか、じゃあオレはここで待ってる」と言って来たので、空港ビル内で両替して払うことにしました。

所が早朝なので、あいてる店が少ない上、ガムを買って$50を出したら「おつりが無い」と言われてしまうし・・・それでも半ば意地になって 結局スターバックスでミントを買って無事キャッシュを手に入れて、運転手に$40を支払いました。
あのなー、商売する前には御釣り銭用意しとくの常識やでー


上記のようなプチトラブルには見舞われたものの、飛行機は無事定刻にオーランドを離陸、デトロイトでの乗り継ぎも問題なしで、ちゃーんと予定通りに4/1に名古屋に到着。
行く前は戦争が始まってしまい、どうなることかと思った今回の旅も無事終了しました。

WDWとユニバーサルテーマパーク三昧の旅、本当に毎日楽しかったです。
のすが子供のうちにもう一度ぜひオーランドを訪れて見たいと思います