btml02.gifテラピーめーる1-3 Q&A どんな治療をしてもらえるんですか?

ひとことで言えば理学療法フィジオテラピーです。
(温熱、冷却、電気、振動、圧迫、牽引、運動など物理的刺激による治療法。投薬や外科的処置は用いません)

その中で、重点を置いているのは徒手整復法と固定法と手技療法です。

徒手整復法:捻挫や骨折で正常な位置からずれた骨を、手で元の位置に戻します。

固定法:必要に応じて、整復した骨や関節を正常な位置に固定したり、テーピングしたりすることもあります。

手技療法:固くなった筋肉をマッサージしたり、ストレッチしたりして、関節のゆがみを矯正し、体のバランスを整えます。

運動療法エクササイズテラピーをおこなうこともあります。
関節の動きを良くするトレーニング(関節可動域訓練ROMexercise)や、筋力をつけるトレーニング(筋力訓練)などです。

手技療法や運動療法など、整復・固定した後の療法をまとめて後療法と呼びます。

時には装具を用いることもあります。

冷やす場合もあれば、遠赤外線で温める場合もあります。

その他、患者さんの症状や体質に合わせて、吸引干渉低周波治療器や牽引器、ローラーベッド、エアマッサージ器、振動ホットパックなどを用いています。治療機器イメージへ