btml02.gifテラピーめーる2-3 Q&A 接骨院と整骨院はどうちがうのか?


Q.接骨院と整骨院はどう違うのですか?

A.やっている資格に差はありません。
どういうことをするかは、その先生の判断によるのもので、接骨院だからどうとか、整骨院だからどうだということはありません。

 法律上は「接骨院」または「ほねつぎ」しか看板を出せないことになっています。
 これは、医院が勝手に診療科目を作ると違法行為になるのと同じです。

 整骨院という看板は本来法律上は出せないことになっているのですが、保健所も黙認しているというのが現状です。
 厳密にいうと○○鍼灸接骨院は、○○鍼灸院、○○接骨院と分けて出さなくてはいけないのですが、これも黙認されています。

 昔は骨が折れたら接骨院に行きましたが、このごろは整形外科に行く人がほとんどです。

 今日、骨折した人を接骨院でみるには医師の同意が必要です。

 レントゲンも撮ってはいけなくなりました。他にも様々な規制があります。

 骨折の患者さんは自然と整形外科に流れていくようになっているのです。

 接骨をする機会が減ったので、整骨院の看板をあげる柔道整復師が増えたのでしょう。

 私はいろいろ考えた末、接骨院にしましたが、領収書なんか切ってもらうと、時々寺田整骨院様と書き間違えられています。

たまに「コッセツ院さん」と呼ばれることもありますが、これはシャレなんでしょうね。きっと。