btml02.gifテラピーめーる59 もうすぐ公開する新しい治療方法の特長


ご無沙汰しております。
もうお忘れのことと思いますが、テラピーめーるの19-2号で次のようなことを書きま した。
「では、体を傷めた時に、縮んだところをどうやって伸ばせばいいのでしょう。この方法についてはいくつかのやり方があります。よみうり文化センター京都のボディーテラピー講座で紹介していますが、その内の一つに、比較的安全でやりやすいものがあります。近いうちに公開したいと思っています。」

実はその方法を公開するために、ここのところずっと、マニュアルづくりと、治療具の開発をしていました。
それを最優先課題としたため、テラピーめーるの発行はお休みさせていただいておりました。

まぐまぐさんから「半年間発行のないマガジンは停止します」という警告が入ったので、とりあえず公開の予告をさせていただくことにしました。
一般向けのマニュアルは既に製本済みで、現在、専門化向けのマニュアルの最終校正をしています。
後は説明図ができれば、印刷屋さんに入稿できます。

今度公開する方法に使用する用具として、市販のものではちょうど良いものがあり ませんでした。
「ないなら作ってしまおう」ということで、原反作りから始めました。
試行錯誤の末、やっと納得のいく治療具ができました。

さて、その方法ですが、こんな特長があります。

 ●体を傷めたときでも、縮んだところを伸ばすことができる。

 ●マッサージすべきところと、マッサージすべきではないところを鑑別できる。

 ●マッサージするときの痛みが少なくなる(もしくは、なくなる)。

 ●痛みやくすぐったさが減るので、マッサージがしやすくなる。

 ●筋肉が保護されるので、マッサージのもみかえしが少なくなる。

 ●早く筋肉がほぐれるので、時間が節約できる。

 ●運動療法や関節の可動閾訓練がしやすくなる。

 ●有効なトリガーポイントがどこなのかを見分けられる。

 ●捻挫の整復がしやすくなる。

 ●肉離れや挫傷の治療がしやすくなる。

 ●そのままサポーターに使える。しなやかなので動きを妨げにくい。

 ●どういうテーピングが有効か予測するのに使える。


その方法にはエフィシエという名前をつけました。
健康法としての一般向けセットと、治療法としての専門家向けセットを用意する予定 です。

詳しくは、次号にてご案内いたします。

追伸 まだ、包装などができていないのですが、ご希望の方にはお分けしております。
既に、いち早く使っていただいている先生もおられますし、これから使っていただくこと になっている先生もおられます。 治療法としてエフィシエをご採用いただいた整形外科や接骨院の先生方は、ホームページで紹介させていただく予定です。
お近くであれば訪ねてみてください。
エフィシエが体験できるかもしれません。