btml02.gifテラピーめーる67 「圧迫骨折が治った!」  


 「圧迫骨折(あっぱくこっせつ)」というのは、背骨などが押しつぶされて起こります。 

 骨粗しょう症のお年寄りに起こりやすい骨折です。
 
 シリモチをついたり、重いものを持ったりした時になりやすいのですが、
咳をしたり、軽いものを持ったりしただけで、圧迫骨折を起こすこともあります。
 
 
 「いったん圧迫骨折を起こした骨は、元の形には戻らない。一生このまま」
 
 そんなふうにおっしゃる専門家は少なくありません。
 
 しかし、もしあなたがそう言われたとしても、
「もう治らないんだろう」と
あきらめるのは、ちょっと待ってください。
 
 圧迫骨折を起こした骨も、ほとんど元の形に戻って治ることがあります。
 
 「そんなことを言っても、年を取っていたら無理だろう」
 「骨粗しょう症なら、ダメなんじゃない」
 「何年も前の圧迫骨折は治らないだろう」
 
 そんなお声が聞こえてきます。
 
 確かに、痛みが取れた時点でレントゲン写真をとっても、骨はつぶれたままです。

 しかし、治し方次第では、骨粗しょう症のお年寄りでも、たとえ何年も前に
起こした骨折でも、元の形に戻ることがあるのです。
 
 圧迫骨折が治った患者さんの、通院開始時、通院半年後のレントゲン写真をアップロードしておきます。
 見事に治っておられます。ぜひ、よくご覧ください。
  

 【左】扁平につぶれた第12胸椎。 通院後、【右】正常な形に戻った第12胸椎。

 患者さんは、骨粗しょう症の70代女性。
 10年ほど前にシリモチをついて圧迫骨折を起こされました。
 コルセット着用で痛みは改善されましたが、お医者さんには「つぶれた骨は、もう、一生このまま」と宣告されたそうです。
 
 左の写真では、骨粗しょう症でカルシウムが減っているため、骨が黒っぽく写っています。
 背骨がゆがんでおられるため、骨がかなり右に傾いておられます。

 右の写真では、カルシウムが増加して、骨が白く写っています。
 傾いていた骨は、ずいぶん水平になってきています。

 写真掲載をご快諾いただきました患者さんに、心から感謝いたします。