btml02.gifテラピーめーる7-3 Q&A 風邪の時の施術 


Q 風邪を引いていますが、施術は受けられますか?

A もし、風邪から来ている関節の痛みなら、施術をしても、効果がありません。
布団に入って寝ていた方がいいでしょう。

(たまに、ばい菌の感染による痛みで来院される方もおられますが、これも施術は効果がないので、応急処置をして医師に紹介しています。虫歯蓄膿症による痛みも同じです。)

 もちろん、風邪と関係のない捻挫などについては、施術をさせていただいています。

 ただ、風邪の時は、患者さんの自然治癒力が低下していますから、治療効果は通常よりも低くなります。
 患者さんの体を治すのは、患者さんの自然治癒力であって、私は患者さんの自然治癒力がうまく発揮できるようにお手伝いをしているだけだからです。

 なお、熱が高い時は、緊急の外傷でなければ、後でこたえるといけないので、お断りさせていただいています。

 熱がある時、お風呂に入ると体にこたえることがありますよね。入浴はかなり体力を消耗するからです。

 同じように、施術を受けるのも、結構体力を使います。筋肉から出た老廃物が肝臓に運ばれて分解され、さらに肺や腎臓、汗腺から排出されるのに、エネルギーが必要だからです。

 まず風邪を治すほうに体力を使って下さい。