btml02.gifテラピーめーる9-2 マッサージはどういうふうにするといいか


 ●マッサージって?

 マッサージというのは、手で筋肉などに適度な物理的刺激を与えるものです。
 つまむ、押す、もむ、なでる、ゆらす、たたく、はじく、こねる、ねじるetc.
 刺激の与え方はさまざまです。

 一応、私は柔道整復師ですので、「柔道整復術手技(しゅぎ)」と言った方が正確です。
 ですから、施術中には、ほとんどマッサージという言葉を自分から使うことはありません。
 かといって「手技」という言葉は業界でしか通用しないので、「固くなった筋肉をほぐしましょうね」といった言い方をしています。
 それでも、ここでマッサージという言葉を使うのは、それが一番通りがいいからです。
 電話などでの問い合わせでも「マッサージをしてもらえますか」という尋ね方が一番多いようです。

 「先生のやり方は指圧ですか」とか「按摩ですか」とか聞かれることもあります。
 指圧や按摩とは幾分はずれるところもあるので「同じようなもんです」と答えています。
 その点、マッサージという言葉は、あまり制約がないので使いやすいのです。

 流派によっては細かいことにこだわるところもあるようですが、「これだけは」というマッサージの基本を紹介します。

 オイルやクリームを使いたい人は、安全なものを使ってください。
 分厚い服でさえなければ、服は脱がなくても大丈夫です。
 当院では、着衣のままで行います。
 指圧や按摩以外にも、スウェーデン式とか、タイ式とかいろいろあるようです。
 好きな人は研究して、いいところを取り入れてみてください。

 ●マッサージのいろいろ

 いろいろなマッサージがあります。
 リラックスやスキンシップ、心地よい感覚を得るためのマッサージ、皮膚や皮下組織の新陳代謝をよくするためのマッサージ、組織の癒着を改善するためのマッサージなど。
 
 私がおこなっているマッサージは、血行を良くするためのマッサージです。

 血行を良くするためのマッサージには、主に次の二つがあります。

「新鮮な血がよく行き渡り、筋肉が柔らかくなって伸びるようにするマッサージ」
「老廃物や二酸化炭素を含んだ血(静脈血)やリンパの返りを良くし、むくみや腫れがひくようにするマッサージ」

「老廃物や二酸化炭素を含んだ血やリンパの返りを良くし、むくみや腫れがひくようにするマッサージ」は、リンパマッサージと呼ばれたりもします。このマッサージについては、また機会があれば解説したいと思います。

 体のゆがみをなおすためには、主に「新鮮な血がよく行き渡り、筋肉が柔らかくなって伸びるようにするマッサージ」を用います。(特にことわらなければ、「テラピーめーる」や当院のホームページでマッサージといえば、この「新鮮な血がよく行き渡り、筋肉が柔らかくなって伸びるようにするマッサージ」のことだとお考え下さい。他のマッサージについては、説明が当てはまらないこともあることをご了承下さい。)

 ●どこにマッサージするか

 マッサージをするのは、主に筋肉です。他に腱や筋膜も対象となります。
 筋肉の中でも、固くなっている筋繊維に刺激を加えます。

m1.JPG

 固くなっている筋繊維が多いと、そこはしこりのようになっていますので、ていねいにほぐします。

 丸い球状のしこりは、リンパ節がはれているものだったりします。まれに脂肪腫などもあります。こういった腫瘤はマッサージを避けてください。

 また、血行を良くするわけですから、血行を良くしてはいけないところにマッサージをしてはいけません。
 例えば、発赤しているところ、内出血を起こしているところ、血管の痛みの出ているところ、発熱しているところ、特に敏感なところはマッサージを避けます。

 ●刺激の仕方

 固くなっているところをみつけたら、筋肉の下にある骨に向かって垂直に圧迫します。
 ちょうど、骨と指で固い繊維をはさみうちにするのです。m3.JPG

 肩や腋の筋肉のように、つまむことのできる筋肉は、指と指が垂直に向かい合うようにして、固くなった筋繊維をはさみます。

m4.JPG

 コツは、「垂直に」です。
 斜めに押したのでは、効き目は半減します。
 指と指が向かい合わず、ずれているようではだめです。

 正確に圧迫しさえすれば、力は大していりません。

 ●どれくらいの強さで圧迫すればいいか

 刺激の強さは、健康なところなら痛くなくて、血行の悪いところなら「イタ気持ちいい」程度にします。
 痛すぎると後で痛みが残ります。
 ゆるすぎると効果が出ません。
 長い時間かけてやるなら、少し弱めの方がいいでしょう。

 ●何分くらいすればいいのか

 同じ所に長くマッサージしてはいけません。
 早い人なら10秒くらいで痛みがとれます。
 なかなか痛みのとれない人もいますが、一箇所を1分ほどほぐしてみて、痛みが改善しないようなら、次の箇所に移ります。
 なかなかほぐれないところは、しばらくおいてみて、後でもう一度ほぐしてみます。
 2度目にさわると、痛みがましになっていることがよくあります。
 でも、それ以上はしない方がいいでしょう。
 そういう場所は、いくらほぐしても、ほぐすことでは一向に痛みが改善しない可能性が高いからです。
 筋肉のこり以外の痛みの可能性を考えるべきでしょう。
 しつこくするのはだめです。

 ●どんな状態でするといいか

 「痛みができるだけ少ない状態でする方が、より良い」
 ということを、頭に入れておいて下さい。

 マッサージは痛い方がよく効くと勘違いしている人がいます。
 痛がらせるのがマッサージの目的ではありません。
 痛いところを、できるだけらくな状態でほぐしてあげた方が、より良いのです。

 例えば腕なら、肘を曲げている方がらくか、伸ばしている方がらくか、外へねじっている方がらくか、内へねじっている方がらくか、手を握っている方がらくか、開いている方がらくかなど、あれこれ、らくな状態を探します。
 必ずみつかるわけではありませんが、らくな状態をみつけてマッサージすると、より良くほぐれるのです。

 体のゆがんだ人は、まっすぐにしてほぐした方が、痛みも少なく、早くほぐれることがあります。
 ところが、痛みを避けるために体をゆがませている人は、体をまっすぐにすると余計に痛かったりします。そういう人は、まっすぐにせずにほぐします。もし、もっとゆがめてあげた方がらくなら、さらに体をゆがめた状態でほぐします。
 あくまでも、その人がらくな体の状態でマッサージすることが大切です。

 ●注意が必要なところ

 首や腰は反らされることに弱い構造をしています。
 うつぶせで、グイグイ押すようなことはしてはいけません。
 できれば首は仰向けか座ってほぐします。

 腰をうつぶせで押すと、ズキズキするような人には、お腹の下に座布団かたたんだバスタオルを入れてあげます。
 高齢者、特に骨粗しょう症の人は、うつぶせをしない方が無難です。横向けかあお向けでマッサージした方が安全でしょう。